FC2ブログ

ばんだい高原国際音楽祭2017 今年も楽しかった!

2017年10月17日
第6回野口英世ばんだい高原国際音楽祭

今年もやってまいりまりましたばんだい高原国際音楽祭。
今年は1日しか参加できませんでしたが、楽しかったです。

10月9日(猪苗代町体験交流館「学びいな」)
「母国ベルギーの名品をたずねて〜ロマンティック・ヴァイオリンの極致〜」
楽曲
イザイ:悲劇的な詩曲
ルクー:ヴァイオリン・ソナタ ト長調
ノエ・乾(ヴァイオリン)
深見まどか(ピアノ)

両親や住む所、国際的過ぎてこんがらがりそうなノエ君ですが、母国はベルギーということか。
美しくしなやか、男性的な強さの中に、毎年聴いていると大人っぽくなったなあと感じます。
ルクーは初めて聴きます。
スキップ、スキップ、駆け足、駆け足、ゆっくり歩いているかと思うと、時々ホップステップ、ジャン〜プ!…みたいな(笑)起伏にとんで休む暇もない、元気だ(笑)
室内のホールですが、猪苗代という雄大な環境で聴くと、澄んだ青空が演奏に元気と明るさをもたらしているような。ノエらしいなあ。今のノエ君にぴたりときます。
ピアノの深見まどかさんもすてきでした。
--------------------------------------------------------
10月9日(猪苗代町体験交流館「学びいな」)
「ファイナル・ガラ・コンサート〜スターたちのとっておきセレクション〜」
楽曲
モーツァルト:歌劇「魔笛」ハイライト
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第6番へ長調Op.10-2
ブラームス:スケルツォ〜F.A.E.ソナタ
ストラヴィンスキー:ロシアの踊り
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
コープランド:ウクレレ・セレナーデ
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ ほか

マリオ・ヘリング(ピアノ)
川畠成道(ヴァイオリン)
yumi(フルート)
深見まどか(ピアノ)
ノエ・乾(ヴァイオリン)

フルートの魔笛(パパゲーノなど)、ヴァイオリンにアレンジされた「アルハンブラ宮殿の思い出」がとても新鮮。yumiさんは見た目もフルートもキュート。
深見さんのピアノは軽やかでも軽すぎず品格があってすてきです。
ノエ君と一緒に成長見守ってきた感のマリオもよかったです。
ノエ君の若者らしいヴァイオリンを聴いてから、川畠さんのヴァイオリンを聴くと「超大人」です(笑)「愛の悲しみ」「愛のよろこび」は酸いも甘いもかぎわけた大人ならではの渋さ。
この日は、若者のヴァイオリンと大人のヴァイオリン聴き比べ。そこにピアノとフルートが加わり、とても華やかでした。

若手演奏家中心、長時間ではないけれどお手頃な価格、クラシックを気軽に楽しむことがでます。もっとたくさんの方に来て欲しいけどなあ。
来年も開催されますように!

関連記事
音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示