FC2ブログ

梨木香歩著「私たちの星で」

2018年01月30日


ロンドンで働くムスリムのタクシー運転手やニューヨークで暮らす厳格な父を持つユダヤ人作家との出会い、カンボジアの遺跡を「守る」異形の樹々、かつて正教会の建物だったトルコのモスク、アラビア語で語りかける富士山、南九州に息づく古語や大陸との交流の名残…。端正な作品で知られる作家と多文化を生きる類稀なる文筆家との邂逅から生まれた、人間の原点に迫る対話。世界への絶えざる関心をペンにして、綴られ、交わされた20通の書簡。

イスラム教のコラムニストと日本人作家の往復書簡。
連載当時、ISが最も猛威を振るっていた頃、日本でもイスラムと聞いただけで、ちょっと構えてしまう、そんな時代…ついこの間ですが。
ローカルに暮らす私にとって、イスラムの人々に会うことはまれです。旅行者かビジネスか、たまに見かけるくらいです。ISの行動や世界各地でおきるテロ、日本とて無縁ではないと思うものの、イスラム社会はやはり遠い存在です。
ニュースを見ながら、私はイスラムの人々が皆悪いわけではないはずで、ごく普通のイスラムのくらしや文化に触れてみたいなと思いました。そんなことを考えていた時、本書に出会いました。
梨木さんもそのような気持ちで、イスラムをもっと知りたいと思われていたようです。

「普通のイスラム」といっても、手紙の相手はエジプト人の学者を父に、母は日本人で、現在は日本国籍だというコラムニスト、ちょっと特別な存在だと思います。ただ、そのようなで出自であるからこそ見えてくるものがあり、理想的な言葉でたとえれば「日本とイスラム社会との架け橋」ということになるのでしょう。

宗教に由来する人生観や価値観の違い、イスラムと欧米を中心とした対立。2人の往復書簡で交わされるのは、イデオロギー、平和を願う心など、社会的で大きく深い内容になるのかなと読んでいくと、最初のあたりはそんな雰囲気もありましたが、親しさを増すにつれ、平和で温かい子どもの頃の思い出や食べ物の記憶、信仰は深く関わっているけれど、どこの世界にもある日常的なくらしのあれこれ。そういうところに集約されていく。

2人は個人としてお互いを知り、認め合い、温かい友情を育むことになる。
良くも悪くも、作家らしい理想論くらいしかでてこない。「世界平和」を考えるなら、少し物足りないようでもありますが、2人は政治学者やジャーナリストとして書いているわけでない。一人の人間として別の社会を知るということは、こんなふうに親交を結ぶことなのかもしれません。

関連記事
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示