FC2ブログ

秋草に露

2017年10月30日


秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ 
大伴家持 万葉集

秋草につく白露(しらつゆ)のように飽きる事はない。再び会う月を待とう。
大伴家持が旧暦の七夕に詠んだ歌。
逢瀬はつかの間で飽き足らない、また来年の7月会うのを待つ事にしましょう。

名も知らぬ道ばたの草紅葉も美しい。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示