FC2ブログ

GPS2017 スケート・カナダ 男女フリー それぞれの収穫の秋

2017年11月01日
リザルト

●女子フリー
真凛ちゃん
3F+3T、2A+3T、3S+2T+2Lo、あちこち引かれてますが、あの傷心のSPからよくここまで持ち直してきたなあ、やっぱりすごい選手です。
トゥーランドットのプログラムとしての深まりはまだこれからという気がします。ベストでは無いし、ジャンプに集中してせいもあり、PCSはちょっと低い、まだトップ選手と差をつけられています。
シニアとして課題が明確になってきた真凛ちゃんのスケカナでした。今わかって良かったと思います。

ルカバエリエ
おお〜マリリンですか。いいんだけど、マリリン・モンローの魅力ってアンバランスでどこか不安定なところからくるお色気なんで、正確さを求めるスケーティングで表現するにはリスクあるかも。
ルカバリエ嬢は好きなんで、そこんとこヨロシク。

アシュリー
「ムーランルージュ」
関係無いですが、過去のプログラム再びで「ブラックスワン」でなくて良かったと思う今日この頃(汗)とはいえ、ムーランルージュも多いんだよね(今日も2本目)
美しくて謎めいた女性、アシュリーの女優っぷりが最大の見所。この赤いドレス、背中のデザインが下着っぽくてセクシー。乱れた髪がドラマチックでこの辺りもよく練られています。
アシュリーもあちこち引かれているんですね。でもドラマがあって引きつけられる、さすがです。

カレン
カルメンからプログラム変えたんですね。しかも衣装は青。
ミスはいろいろ、今回は回転不足取られてる選手が多いですね。
まだなんとも言えないけれど、カレンの素に似合う感じ。ぶっ飛ばし系はそのまま続行して欲しい。

理華ちゃん
「フリーダ」眉毛はつながってない(当たり前か?)
今できることを精一杯できたと思う。あ〜<がいっぱいついてますねえ(汗)あと採点競技となると、ジャンプの構えや肩が上がってしまうよくない癖が惜しい。改善できると思うのでがんばって欲しい。それにしても今回の演技はパワーが伝わってきて、進化を感じました。
個性的なプログラムは彼女に似合っていて、彼女にしかない深い色合いや色気も感じられ、とてもいいと思いました。

コートニー
体育会系アメイジンググレイス。がんばってます、すてきなえんぎでした。
いいところまで行くのだけれど…。振付や身のこなしがワンパターンなところがちょっと物足りない。

ソツコワ
今日もソツのないソツコワ!
終始、妖精のような雰囲気、彼女の魅力ですね。隅々まで行き届いた振付、優雅で女性のスケーティングの王道の美しさですね。彼女には天使や妖精、もしくは悪魔や亡霊!光と闇どっちかに集中して欲しい、「人」は似合わない(笑)
プロトコル見ると完璧ではないんですが、まずまずでしょう。

ケイトリン
数あるブラックスワンの中で、最も大型の鳥類ケイトリン。
転倒もあり、ミスもちょこちょこありますが、大崩れすることなく、プログラムを魅せる演技ができるようになってきました。もちろん決めるとこ決めてます。
とにかく迫力あるんですよね。ぐいぐい引き込まれます。
得点は高めかなとも思うけれど、優勝は文句なし。

ポゴちゃん
何度も言いますが、皆さん、なんで普通の白鳥の湖じゃダメなんでしょうか?ブラックスワンのどこがそんなにいいんでしょうか???
ポゴちゃんならオディールがいいと思うけどね。
ケイトリンのブラックスワンのあとに、死に絶えそうなブラックスワンという不運、しかも調子良くないのに(涙)公式練習から全然ダメだったらしい。
いい時の凄みがない、最初から危うい感じはしましたよね。スピンやジャンプのぐらつき、抜け、そして2Aでひどい転倒、スピンで再び転倒…腰をまた痛めた…と思われる(涙)
ナカナイデ〜〜
スケカナはなかったことにしよう。まずは故障をしっかり直そう。

●男子フリー
ケリー君
4T+2T決まった!4S、4T。クワド3本入りました。
ミスはまあイロイロあるんですがよくがんばりました。

フェンツさん
最初から主役じゃなくて個性的な悪役に徹してるみたいな見た目。

ジュン・ファン
4T、4S転倒、3Aは苦手なのかすごい構えでジャンプ。後半の振付はかなりハード、完璧ならかなり見応え。
スケーティングがゆづに似てきた…コーチ一緒だし、お手本になるからね。
故障明けなのでこんな感じかな。
彼のスケーティングはなんかこう明るさ、期待感に満ちているのですが、今回はそういう良さが見えなくて残念。

ナドゥー
ドラムがたのしいプレスリーメドレーに「2001年宇宙の旅」乱入の謎編曲…おもしろい!
4T+3T!4Tお手つき。
うひゃひゃっおもしろくて盛り上がるぜ!
後半は「明日に架ける橋」のカバー?、若干息切れするナドゥ。
いろいろ謎だが盛り上がったし、おもしろいからいい!

ミハル
えらくストイックな雰囲気。
4S決まった!クワド決めても他で大コケが多かったミハルが、小さなミスでまとめたことに感動。
3つ目の2Tがノーカンであることにいち早く気がつく織田君にも感動。
それでも156点でフリー4位、厳しい時代ですね。

無良君
う〜ん、なんとも言いようがない、立て直せないまま終わってしまったことに、ただ残念としか。
インタビューでは「混乱している」…見てる方もそうです(涙)

ヨリク
「アランフェス」醸し出す雰囲気がすてきです。
一曲丸ごとはいいけど、もうちょい演じ分けみたいな箇所があってもいいかな。
クワドなしなのでミスはできない、完璧ではないですが良かったです。

サマリン
久々に来た変衣装!(喜)ケツに火がついて…違う、腰に火がついてる。
4Lz美、4T、3A、前半ジャンプすばらしい。後半のジャンプに乱れがありましたが、TESでここまで来るとは思ってなかった…変衣装だし。
ぶっちゃけ荒っぽいところあるし、この振付や編曲もちょっとビミョーなんですが、できることはできた、立派です。
そしてPB!そしてまさかの…表彰台!(びっくり!)

キーガン
4Lz転倒、4Tすばらしい転倒回転(汗)、後半の4Tも転倒。大技3本入らなかったので、得点はまあしょうがない。
チャップリンはあまり好きじゃないんですが、キーガンはチャップリンと似てないのでうれしい。(皆さんどうしてチャップリン使いたがるのかわからない)
元気なキーガン見られて幸せ、ロックなコーチも元気そうで良かった。

ショーマ
襟にスリットが入った、襟が邪魔なのかな?(自分でやったとの噂が…)
すばらしい4Lo!3Loでバランスが…4Loの直後に3Loって想像しただけでこんがらがる(汗)後半4Fなんとか、4Tほぼ転倒、4T+2Tがんばった。
後半に4F、コンボ3つというハードな構成。取りこぼしもあるし、ミスは少なくないのですが、今の時点でここまで出来ればと。4Loだけで加点がついて14.14点。
終始引きつける魅力を失わないのが良かった。全体のスケーティング、疾走感と柔らかさ、緩急の妙、つなぎのパーツを切り取っても見応えがあります。そして最後のコレオ、スピンの所で大合唱、勝利を確信し全てが集約されていくような…盛り上がりますねえ。

パトちゃん
今日はパトちゃんの日じゃなかかった(久々に言ってみたフレーズ)
ハレルヤ、なんかもう大人選曲で最後のシーズンを嫌が応にも感じさせる。しかしここまでミスが多いと、曲がチョーさびしいぜ(汗)衣装はパトちゃん比でオシャレ。
パトちゃんにすごいスケーティングスキルがあるのは誰もがわかっている。オリンピックにピークを合わせることだけを考えていいので、あまり気にしないといいけど。

ジェイソン
ジェイソンのためのオリジナル曲らしい。
いいです、いいです、美しさの中に不思議なニュアンスが含まれ、すてきな曲です。
4Tは今回も転倒、これほど氷と親密な関係なのに4Tになった途端「スネられる」…みたいな。
衣装は好みが分かれそうですが、スピンの時に映えますね。
あふれる情感、柔軟な動きは美しく、誰もが真似できない領域。クワドのミスなど忘れます。すてきでした。
2位おめでとう!

「誰もが寝てはならぬ」と歌い、終わったとたん「眠い」ショーマ様。次の大会がどこかくらいは覚えとけ(笑)
お疲れ様でした、おやすみなさい。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示