FC2ブログ

GPF2017名古屋 女子SP・男子フリー 負けてなお明るく

2017年12月09日
リザルト
GPF2017(名古屋)
グランプリファイナル名古屋 テレビ朝日

今日もテレ朝はヒドイ。過去の映像とごたまぜ放送は勘弁してほしい。6人放送するだけまだマシか?

●女子SP
さっとん
3Lz+3T、3Lo、2A、パーフェクト!うは〜ここまで来たか!
エレメンツお見事、キレもありました。
表情の強さが頼もしい。そして背中から指先から、全身から表現があふれる感じは、ケガ以前よりずっといい。
PBにせまる74点!

わかば様
パーフェクト!良かったです。少〜し硬かったかな?
オラオラ感がもっとあってもいい。
73点、さすが。いい演技を続けてることがすばらしい。

ソツのないソツコワ
クリーンな演技に、全体に華やかさがプラスされてグレードアップ。表情もかわいくなったと思う。
ここにきてPBをググッと更新74点!

コストナー
「コストナーさんは(15×2=30)私の倍生きているんです(by 優奈)」
母曰く「この人、昔からいるよね」
コンボが3T+2T、ちょっと不完全な降り方に。しかし他は完璧、ジャンプの流れから、ドラマチックな振付、そしてスピンに。スケーティングの魅力たっぷり。
大人の表現は、よくも悪くも他の5人と別の世界にいるような感じがする。
72点。

ケイトリン
最初のポーズから女優〜、でも滑りだすと超強いアスリート。
スピードに乗ったジャンプはスケールがすごい、スプリングが違う気がするぜ。今日も背中が熱い!(意味不明!)
すごく動いて、決めどころのポーズがばしっと決まるんだよねえ。
あはは〜こりゃすごい、77点。
3Lzに!がついたのか。

ザギトワ
「コストナーさんは(15×2=30)私の倍生きているんです」…ザギトワ嬢は言ってません!
すごいんだけど、ブラックスワンはだんだん飽きてきた(汗)
課題の3Lz+3Lo、ちょっと慎重だけど決まった!3Fで乱れ、2A。
ミスが続いていたSPで完璧に近い演技ができたことが大きいですね。そりゃでるよね76点。フリーの鬼構成と合わせると、明日はすごいことになるかも〜。

ケイトリンの77点からコストナー72点まで、6人全員が70点台のハイスコア。点差は5点、フリー次第ではどうとでも入れ替わる得点差です。
明日が楽しみです。

●男子フリー
アダム
冒頭の4Lz転倒、そのあとも危ないところはありましたが、すばらしかったですね、冒頭の大きなミスを忘れます。
音楽というよりは詩情感、自分の世界、表現にブレがない、競技であることは忘れて魅入る、美しかったです。

ヴォロノフ
4T+3T、3A、得点源のジャンプが高さ迫力すばらしい。
スピン、ステップもいいし、つなぎも大人の男の渋さがあって良かったです。
うわ〜かっこいいな〜。ステップあたりから会場の盛り上がりすごい。
ヴォロノフさんパーフェクト!やった〜すごいぞ。

ジェイソン
日本好きすぎて、髪はチョンマゲにするとかどう?
音楽との親和力、音楽への愛がハンパなく感じます。その上でこの自在なパフォーマンス。ステップ、スピン、バレエジャンプ、スパイラル…滑らかに、深く、軽やかに…美しいです。
あ、ジャンプ?…ジャンプかあ…あんまり見てなかった!(爆)

ネイサン
4Lz+3T美、まるで3回転のように簡単に跳んでるように見えます。4Fこらえ、4Sは2S、ステップの個性的な振付はどんどん自分のものになってます。後半に4Lzこらえ、4T転倒、4T+1Lo+2S、3A+2T、3Lz。
ミスは多かったですが、すさまじい構成(汗)いやはや。得点としては平凡ですけれども、すごいんですから(笑)

コリャダ
プレスリーメドレー、今のコリャダ君はシャープでかっこよくなっちゃって、プレスリーのいわゆる「ゆるい魅力」とずれるんだよね(贅沢な悩み)
4Lzは華麗に転倒、4S転倒、3Aへんな着氷、ステップかっこいい。後半に4T+3T美、3A+2T、3Lz+1Lo+3S、1Lo、3Lz。
ミスはいっぱいありましたが、トップを争う選手として意地を見せました。攻め続ける演技は好感。今後にも生かされる経験になったと思う。
PB更新!

ショーマ
ショーマの敵はプレッシャーかと思っていたら、ホームの愛に包まれてリラックスしすぎたことか?(汗)調子が良かっただけに…いや、むしろそんな時が要注意なのかもしれません。アスリートってめんどくさい。
4Lの転倒はやむなし、4Sは美しく決まりました。
3A他、決まったジャンプはすばらしい。問題は後半に崩れてしまったことですね。転倒によるスタミナ切れもあるかも…今季のフリーは後半が超きつい構成ですから。
崩れすぎてコンボが余った、2Tでも1Tでもつけておけばよかった、…タラレバか。(織田君解説に笑うしかない)
これまであまりなかったジャンプの回転不足、スピンやステップで取りこぼしも問題です。得点は細かいところの積み重ね、細かいミスを重ねるとどんどん後退ですね(汗)
ちょっとツメが甘かった。スケーティングは悪くないけれど、いつもの攻めの気持ちも、マチコ先生やホームの愛に包まれて少し弱かったかも(苦笑)
ネイサンが調子良ければもっとボロ負けしていたかもしれないです。それもこれも、この場で良かった、全日本やオリンピック前に、気を引き締めろってことでいいでしょうか?
けれど、くやしいけれど、くやしきれない爽やかさが…(?)なんか不思議な気持ち。
優勝候補として、負けてなお明るいショーマのファイナルでした。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示