FC2ブログ

全日本フィギュア2017 男子フリー それぞれの思い

2017年12月31日
エントリー&リザルト

木科君
「海の上のピアニスト」
3Aは転倒も健闘。
ジュニア、16歳で雰囲気のある演技は魅力的。後半のスローパートがダイスケのショープロそっくり。

唐川君
スケーティングのうまさ、礼儀正しさに、だんだんとロクサーヌが合わなくなってきたような…もう少しギラギラ、 ガツガツしたところがあると、もっと盛り上がりそう。

太一君
「ラ・マンチャの男」
3A+2Tきれいに決まりました。3A2本目も決まった!
プログラムが今の太一君にぴったり、雄々しくかっこいい。ステップがちょっと弱かったですが、あとはすばらしい内容。うわ〜なんかすごくいいなあ〜。

鈴木潤
「ニュー・シネマ・パラダイス」
2Aは2本きれいに入りました。前半すばらしい流れ、後半のミスは残念でしたが、とてもすてきな演技でした。映画の世界観、少年トトではなく、青年期の夢や挫折みたいなところを表現していて、ちょっとうるっとしました。

フェイ
不思議ちゃんなプロはフェイに似合う。
とても集中していて良かったです。つなぎがちょっと棒になってしまうのが木になるんですが、雰囲気もすてきでした。
クワド封印でノーミスの高得点。

星南君
爽やかに駆け抜けるようなスケーティング、華もあってすてきです。
バタバタしたところがもあるけれどがんばりました。その頑張りもジュニアらしい清々しさで好感。
個人的な好みで言えばレミゼの何をテーマにするのか、ジュニア選手のレミゼは的が絞りにくいんだよねえ。

須本君
レミゼ続き。
3Aはどんどん良くなってます。スケーティングのスケールは星南君の上ですなあ(笑)
ジュニアGPFなど場数を踏んできた貫禄、以前感じたような表現のあいまいさがなくなって、とてもドラマチックで見応えのあるプログラムになりました。最後のイーグルがかっこいいなあ!

草太君
深みを増したすばらしいスケーティング、難度は落としていますが、ジャンプのながれもいい。スケーティングそのものの魅力ですね。
ここからです。ここからがスタート、体を大事にがんばってほしいです。

友野君
「ウェスト・サイド・ストーリー」
4S+2T、2つ目は2Sに。スケーティングもギュルギュルっとしたジャンプもやんちゃな感じでプログラムにぴったり(笑)
その中に「マリア〜マリア〜」のロマンチックな場面がまたいいんだな〜。後半も弾けてます。よく動いてました。

ダイス
「道化師」
4S、2つ目は1Sに。ノれてたかというと、ダイスならもっとできたかなあと思う。この曲は憑依プロなんで。
ジャンプに集中しているので、つなぎや表現はあっさりしていたかもしれません。

佐藤洸彬
「セビリヤの理髪師」
ミスは少なくないのですが、引きずることなく、明るく楽しいイメージで終えたことは立派。

無良君
4T、2つ目はなし。後半に3A+2T、3A。
滑り込んできた表現は、ステップ、つなぎ、どこをとっても雰囲気があってかっこいい。
小さなミスはあったもののジャンプはほぼクリア。思いのこもった演技、完成度の高い内容になりました。
今季の不調を思うと、よくここまでと(涙)
家族でがんばってきたキスクラにまた涙。258点!

刑事君
今日もかっこいい表情で。
4S美、4Sステップアウト、3A、後半に4T美、3Aお手つき。ステップは曲調にあってすてきでしたがレベル2。コレオもキレがいい。最後までスピードがあって良かったです。
乱れはあるものの攻め続けた演技は好感。
なんと終了時のTESは、無良君とほぼ同じ。個人的には攻めた刑事君が(フリーだけでも)上かなと感じました。
267点で無良君の上に。

ショーマ
4Lo、3A満点!、3Lo、4f転倒、4Tなんとか、2A+4T予定は2A+2T、3A+1Lo+1F、3S+3T。
曲調の重さと高難度構成の重さがぴったり!(ヤケクソ)
最後にセカンド3Tつけたのは良かった。
今回もまた乱れまくったフリーでしたねえ(汗)さすがの内容ではありますが、まとまらない、スタミナ切れか…いろいろできるって大変ですねえ(苦笑)
マチコ先生ごめんなさい。
でも、なんですかねえ、ゆづがいるいないとか、ファンだからというは抜きにしても、やっぱり未来の明るさを感じるんですよね。
ひとまず4CCがんばれ。

オリンピック、ワールドは、ショーマ、刑事君、ゆづ
4CCはショーマ、刑事君、無良君
刑事君は勝ち取った代表、がんばりました。
無良君がもっと攻めていたら?という思いもありますが、今季の調子を考えるとベストだったのかもしれません。
ショーマも刑事君もオリンピック目前の4CCエントリー、彼ららしいなと思いつつ、こういう時何が起きるかわからないので、補欠の皆さんも十分準備を!
毎年のことながら、今年はオリンピックシーズン、全日本の過酷さがわかる大会でした。
みんなお疲れ様でした。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示