FC2ブログ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

2018年01月12日
2551facfdd96414e.jpg

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公式サイト
「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。前作で「スター・ウォーズ」の新たな主人公レイに大抜てきされ一躍注目を集めたデイジー・リドリーのほか、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボヤーガ、ダースベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、2016年12月に急逝したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーらおなじみのキャストが出演。監督・脚本は「BRICK ブリック」「LOOPER ルーパー」などで頭角を現したライアン・ジョンソンが担当した。

REYLUKE.jpg
ようやく伝説のジェダイ、ルークにたどりついたものの、ルークは挫折を抱え隠遁している身、レイは拒絶されてしまいます。
「老兵は死なずただ去りゆくのみ」といったところか。スターウォーズの中でも、能天気でで正義感にぶれないルークが過去を悔やむ老人になっていたとは。
思えば登場人物たちは皆悩みが深い。傷つきやすく、挫折やトラウマを抱えています。

KyloRenLastJedi.jpg
いつ見ても、今にも泣き出しそう。暗黒面に仕えるカイロ・レンは、暗黒面の怖さや悪人っぷりより、脆さと弱さが際立っ思春期の子どものようです(中二病か?)
その弱さゆえに、人を支配し、恐怖によって秩序を作ろうとする。
レンとレイの不思議なつながりが今回の見所でしょう。2人は善と悪…というよりは光と闇、互いになくてはならない存在のよう。
ルークとダース・ベイダーの切ってもきれない交感のように(ハリポタのハリーとヴォルデモードの関係に似ているかも)、2人の間にはまだ隠された秘密があるのかもしれません。

000ee17a-1600.jpg
レイの両親の秘密が明かされますが、これが真実かどうか?スターウォーズファンなら誰でも想像すること。
なぜレイに大きなパワーが宿るのか?
父の面影を探してしまったハン・ソロが去り、師と仰ぐルークもまた…。レイの孤独が消える事はありません。
レイの旅はまだまだ続きそうです。

rey_wide-1ebee285de548009eb96c8a28300af7fac2a91fd.jpg
レイのヘアスタイルがおもしろい。

iurdw4e9104bx4.jpg
出番が少ないけど、ポーもBB−8も元気。

imoiuntresrxe.jpg
フィンの窮地を救うローズ。天童よしみの若い頃かと思った(笑)

uiyyters096745.jpg
戦闘シーンが多くてちと切ない。
善なる戦いもただ犠牲者を増やすだけ、それが正義なのか?善と悪もいりまじる、それが今のスターウォーズ。
レジスタンスやジェダイは生き残っていくのか?メインキャラもどんどん去っていく。
ジェダイの聖典を「カビ臭い本」と焼き払うヨーダ、古きものが去る事で新しいものが生まれる。それが時代の流れか。

DIqXwQ1XUAIv25y.jpg
おもろい、変なキャラオンパレード。半魚人みたいな原住民。

pug4ey534wx2q8jk5.jpeg
ポケモンに出てきそうなキャラ。うるさくてカワイイ、安易な作りが最初のスターウォーズを踏襲してるみたいだ(笑)

images_20180109175229da4.jpeg
キツネっぽい動物、きれい。

image_201801091752284ea.jpg
ルーク(マーク・ハミル)がびっくりするくらいかっこいい。
スターウォーズ以外、代表作と言える作品は微妙…やさぐれた中年みたいだったマーク・ハミルが、渋いジイサンになっていて、何よりうれしい。

5644545c398jhnbmfgh.jpeg
我らの姫君レイア(キャリー・フィッシャー)。
ご冥福を祈ります。

スターウォーズを1978年のエピソード4からずっとリアルタイムで見てきた自分としては、マーク・ハミルもキャリー・フィッシャーも様々な人生を生きて、またスターウォーズに来てくれたことは、作品がどうこういう事とは別にとてもうれしいです。
映画はフィクションですが、なんとなく実生活と重ね合わせて見てしまう。それが歳月の持つ重みかなと思います。

マーク・ハミルが故C・フィッシャーさんに気付かされたこととは?2人の“兄妹愛”を語る
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」9つの疑問:一体どうなるエピソード9?【ネタバレあり】
世紀の問題作!「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を10倍味わうためのポイント10
関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 雪道の模様 | HOME | 葦の原 »