FC2ブログ

スケート・アメリカ 男子SP

2008年11月10日
スケート・アメリカ男子SPFPの放送が先で、SPの放送が遅すぎるので、感想書いていても何となくおマヌケなんですが、気になったことがあったので書いておこうと思います。
というか、小塚のSPに感動したということなのですが(苦笑)
FPでは演技面、表現面で、ライサやジョニーのような華やかさや見せ場という意味で、ちょっと負けているとは思います。最終的に小塚が優勝しましたが、FPだけでみてるとPCSの差で、仮に3位であっても私は十分健闘と感じたと思います。
先日、彼がなぜ優勝したのかわからないと、テレビでやってれば見る…というくらいのスケート好きに質問されて困りましたが(理由を言ってもなかなかわかってもらえない)、SPに関しては彼らに全く劣らない魅力がありました。得点差がほとんどないことにも納得できます。
ジャンプが完璧だったとことが大きいですが、それよりも、ちょっとした振付の「タメ」がすごくおしゃれですね。曲に載ってスムーズに、ステップが2つ続いても、飽きないし見応えがあります。全体的にエレメンツの余裕が、音楽のとらえ方の余裕にもつながっているのかもしれませんね。
あとは振付の佐藤有香さんの功績でしょうか。小塚のことを性格から何から良くわかっているし、有香さんも小塚もスケーティングのタイプ(北米系)が似ていますよね。
この日、ライサのボレロもジョニーも良かったことを考えると、良くここまでと思います。
といっても衣装は…佐藤家伝来の型紙か?(汗)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示