FC2ブログ

世界フィギュア2018 男子フリー ネイサン初優勝・ショーマ2位〜春のディダクション祭り!

2018年03月29日
リザルト

マックス
4Sお手つき。4回転は1本のみ。構成的にも上位陣の高得点にはおよばない。
ただマックスらしい演技、気持ちのこもった演技はすてきでした。

刑事君
4Sお手つき、4S+2T、3A、いい感じにきてましたが、後半4Tは3Tに、3A+2T、3Fステップアウト、3Lo、3S。
靴のトラブルもあったり、難しい状況でよくがんばりました。
ただこらえるジャンプが多く、全体に余裕がなくてプログラムの良さが伝えきれずに終わってしまったのが残念。
また気をとし直してがんばりましょう。

アリエフ
4Lzこらえ、4T<+3T、4T…滑りもジャンプもいい感じでしたが、後半3Aが1A、3Aこらえ。コンボが2本しか入らなかった。
全体はとても美しいだけに残念。難しい構成ということもあり、なかなかSP、フリーとそろえられない。できるのがわかっているのですが。

ミハル
4S+3T決まった!後半に2Sになったけれど、4回転コンボを決めて、他のジャンプもバシバシ決めて、ノリのいい演技。こんなミハルはいつぶり?
165点はPB更新だって!

マヨロフ
つくづくオリンピック出場が叶わなかったことが残念です。SB更新、すてきな演技でした。

友野君
4S+(ターン)2T、4S美、3A+3T、ステップは元気いっぱい、いい表情。3A+2T+2T。後半のキレもいい。コレオもノリノリ、エンターテナー友野君の独壇場。
すばらしい!あの怖いと言っていた友野君のどこからこんな堂々とした演技が生まれてくるのでしょうか。
ほぼノーミスということが大きいけれど、元気いっぱい、生命力あふれる演技にこちらも元気になります。
PB大幅更新256点!わ〜わ〜わ〜すごいぞ〜〜〜。

ラトデニ
3Aきれい、3A+2Tおっけー。面倒なのは片付けた、さあもう安心だ!(笑)
ステップは美しく色っぽく、後半になる連れ動きもいい、女子キャーキャー。
すばらしい〜!ランビコーチも大喜び。
PB更新254点!

ミーシャ
3A2本決まりました。ちょっと減点はあったかもですが、とても美しい演技でした。
進退は現時点で未定。

ビチェンコさん
4t+3T美、4T美。3Aちょっとミスがありましたが、気迫に満ちたいい演技。かっこよかったです。

ここから最終グループ、大荒れにオリンピック後の難しさがひしひしと(滝汗)

キーガン
キーガンがワールド最終グループで滑る日がくるとは(涙)
果敢に攻めるもミスが少なからず、ちょっと悔しい演技になってしまいました。
独特の個性というかアクがいいんです。

ショーマ
オリンピックと同じ構成で。
4Lo転倒、4F転倒、後半3A両足、4T転倒。すでにディダクション4。このあたりで、もうどんな結果になっても…ただ滑りきってくれ!…と、祈るような気持ちで見ていました。
春のディダクション祭り!(汗)
しかし、ここからショーマ様のすさまじい意地が…。4T+2T、3A+1Lo+3F、3S+3T。なんと最後の3つのジャンプをコンボにするという荒技!胸が熱くなりました。会場も熱い。
ジャンプはなんとか…という場面も多いのですが、本当にすごい演技でした。
美穂子先生泣きそう。フリー179点はPBにはほど遠いですが、立派です。
この時点で日本男子の来季3枠確定です。

ボーヤン
4Lz転倒、4Sは2Sに、3Aからの3連続、4T転倒、4T転倒(リピート)、3A、3Lzコンボで転倒、3Lo転倒。
春のディダクション祭り!(2回目)
いったい何が起きたのか、故障でもあるのかと思いました。
ディダクション9って(汗)フリー20位、総合16位。
大会後の話ではオリンピック後リラックスしすぎたからとかなんとか(汗)まあそういうことなら…いや、しかしね…。

コリャダ君
体が絞れてますねえ。
4Lz転倒、4Tこらえ、3A+2T、後半4T転倒(リピート)、3A、3z+1LO+3S、2Lo。2A。
春のディダクション祭り!(3回目)
うむむむむ…転倒と抜け…コリャダ君までまさかの自滅(汗)なんとショーマの下に。
今季のフリーはカジュアルすぎて、今のコリャダ君の気品のある王道スケーティングにイマイチ合わないんだよね。

ヴィンス
4Lz転倒、4F、4S転倒扱い、コレオのイーグルが美しい。
後半4Lz<、4T、4S転倒(リピート)、3A転倒、ステップは疲れてきた。3Lz+1Lo+3Fなんとか決めた。
春のディダクション祭り!(4回目)
大技が決まらない辛さもあるけれど、ただひたすらジャンプにこだわっていて、プログラムとしてはどうかと思う。
ジュニアの頃の清潔感のある色気やムードのあるスケーティングが好きだったんですが。

ネイサン
最終滑走、ショーマの表彰台はうれしいけれど、最後はビシッと決めて欲しい!
4Lz美、4F+2T、4F、後半4T、4T+3Tこらえ、4Sなんとか、3A、3F1Lo+3S。
!!!!!!!4回転6本と3Aと3Fからの3連続!(驚)
いや〜すごかったですねえ。
フリー219点(TES127点)+SP101点=321点!は歴代2位。
ネイサン、ワールド初優勝おめでとう!

ショーマ2位、最後まであきらめない、そこに尽きますね、立派です。
故障をおして出場、ほぼあきらめていた表彰台はうれしさもあるけれど、優勝候補として改めて思えば、やはり悔しい。複雑です。

ネイサンのTESは行き着くところに行き着いた感じ、来季のルール改正でどうなりますか。ネイサンについては、ジャンプに気をとられてますが、もともとのスケーティングもいいので、あまり心配はしてないです。

コリャダ君3位(びっくり)
ビチェンコさん4位…功労賞あげたい。
初出場友野君、なんと5位!…新人賞あげたい。
最終グループの大荒れと、ネイサンの驚異の構成。いやはやなんつうワールド。
勝つ時勝たないと…そして勝つって難しい。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ワールドが終わって
こんにちは!ご無沙汰しております。
今回のワールドはフジテレビががんばってくれましたね~やっぱり試合は生放送に限ります。そして私的には、荒川さんが現地入りしなかったための今回だけの登板かなとは思いましたが、大輔さんの感想(笑)付きのエキシビション放送がうれしかったです。
競技会からは少し距離を置いている私は、大輔さん目当てでゆるゆるとテレビ観戦するつもりが、気がつけば手に汗握って試合を見ておりました。男子も女子もいろいろな意味でものすごい試合でしたね。そんな中、男女とも3枠取れて本当に良かったと思います。数字的には昌磨君と友野君で取った形ですが、2人にとって刑事君の存在は大きかったと思うのでチームJapan3人で獲得した3枠だと思っています。選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。
フィギュア競技ファンとは言えない私が枠取りのことを語るのはおこがましいとは思うのですが…
マスコミや世間が枠枠言うのには本当にゲンナリしましたが、やっぱり枠は大事です。今季の羽生君の怪我や今回の昌磨君や刑事君の靴トラブルを見てもシーズンを通して万全の状態で戦っていけるとは限らない。トップ選手といえども次の代表権が確約されているわけではない。オリンピックもたとえ2枠でも羽生君は選ばれていたかなとは思うけれどやっぱり3枠あったのは大きいですよね。だから自分の枠を取りにいった刑事君や友野君だけでなく、昌磨君もエースとしての責任感だけではなく自分のために闘ったのだと思います。
そして、マスコミが3枠ピンチとか必要以上に不安を煽る中、昌磨君の怪我を気遣いながらも、攻めるという本人の気持ちを尊重してエールを送り続けた大輔さんは今でも本物のアスリートなのだと改めて思いました。
最後に平昌オリンピックについての先日のニルギリさんの記事を見て一言。私は今でも男子の試合を見るたびに心が疼きます。ソチ五輪の時から心に突き刺さったままのガラスの破片は一生取れることはないのだと思います。それでも大輔さんがフィギュアスケートの世界に戻ってきてくれて今キラキラに輝いているのを見られて本当に幸せだと思っています。だからこそ、彼がオリンピックでの男子1、2フィニッシュで流した美しい涙を、フィギュアファンが汚すようなことをしてほしくはないと心から願っています。
長々と失礼いたしましたm(__)m
>Mieさん
お久しぶりです。

> 今回のワールドはフジテレビががんばってくれましたね~

フジはすいぶんいい方に変わりましたよね。前はバラエティでしたもん(汗)

>大輔さん目当てでゆるゆるとテレビ観戦するつもりが、気がつけば手に汗握って試合を見ておりました。

スポーツの魅力はまさにそこでしょう(笑)
枠のことはマックス3であればうれしいに決まってますが、仮に減ったとしても、それが競技だし、大きな意味で実力、受け入れようと思ってました。ロシア女子3枠に黄色信号には、ちょっとびっくりしましたが(汗)
ショーマとゆづは全くタイプが違うと思うけれど、最後は惑わされない、自分が今何をやるべきかわかっているところがすごいと思います。
ケガの大変さは、ダイスケや本田コーチも身にしみてわかっていますからねえ…体だけでなく心のあり方も。放送に携わりながらも冷静でいられないこともあったんじゃないかと思います。

> 最後に平昌オリンピックについての先日のニルギリさんの記事を見て一言。

読んで頂きありがとうございます。
ダイスケファンはいろいろありましたからね。人を好きになるってそういう大変なことだと思います。
いいことばかりに目を向けていたいですが、人生そう甘くないですね。心の傷は癒えないかもしれませんが、ただ当時のあれこれが、彼の評価を左右してないですよね?当時も今も。ですので、今、心がザワザワしている人も一過性のことだと割り切ってもいい、しなくていい気苦労はしなくていいのではと思っています。

何度も書いていることですが、応援する人、好きな人が、全てを賭けている世界を尊重できなくてどうする?ってことです。


管理者のみに表示