FC2ブログ

古殿町、鎌倉岳を歩く

2018年04月16日
2018040914.jpg

桜を求めて出かけた先に、足を伸ばして古殿町の鎌倉岳へ。
この時期、イワウチワの花がとてもきれいだからと誘われたのです。
大作登山口からは30分ほどで頂上につく遊歩道があるらしいので、気楽に出かけることできます。

鎌倉岳 | 景観スポット | 観る | 観光 | 古殿町
町を高くから見守る 鎌倉岳(かまくらだけ)
鎌倉岳は標高669mあり、古殿町の松川地区に高くそびえる山です。
その名前の歴史は古く、遠い昔、鎌倉より嫁いできた姫が故郷恋しさに、「私の慕わしい鎌倉はどちらの方にあるのだろう」と聞いたので、村人たちが「この 山に登れば鎌倉が見える」と、姫と一緒にこの山に登ったことが由来とも言われています。


2018040902_20180413191903cf3.jpg
登山口には地図があり、問題なさそうです。
遊歩道の最初は平坦な道。歩き始めは寒かったのですが、日当りのいいところに出るととたんに暖かいです。

2018040912.jpg
春の山にはあちこちに花が。

2018040903_20180413191903ca8.jpg
頂上へはすぐですが、最後急峻な道があると書いてありました。
なるほどこれか…でもがっちりした鎖もついているので大丈夫そう。

2018040913.jpg
登り始めると傾斜マジキツい(汗)
垂直のポールをみれば急斜面がわかるでしょうか?

2018040904.jpg

2018040905.jpg
10〜15分ほどで、頂上が見えて来ました。

2018040907.jpg
頂上からの眺めがいいです。
眼下には古殿町、北西には磐梯山と安達太良山系が見えます。

2018040906.jpg
写真ではちょっと難しいですが、南には雪を頂く那須の山々が見えます。
さてここから、頂上は一旦下りて、山をめぐる遊歩道で花を探しに行きます。

2018040916.jpg
しかし、頂上への道だけでなく、登ったり下ったり、急斜面や、滑って転落しそうな箇所も多い…これが遊歩道か?!
念のため登山靴で来てよかったです。

2018040922.jpg
そして、咲いてましたイワウチワ。小さく可憐な花が辺り一面です。
(鎌倉岳の花については別記事で)

2018040932.jpg

2018040933.jpg

2018040937.jpg
カタクリも咲き始めていました。

2018040940.jpg

20180409019.jpg
名前のついた巨木もいろいろ。

2018040920.jpg
苔の緑が美しい。

2018040941.jpg
そして、これも遊歩道!…だんだん慣れてきた(笑)

20180409021.jpg
天狗留守中。


登山口の「長寿の強清水」に無事もどってきて、清水で喉をうるおす…しかし寒い。
距離は短いので、仮に迷ってもたいしたことにはならないと思いますが、道は危険な場所も多いので、登山靴がおすすめ。

関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示