FC2ブログ

山桜の頃

2018年04月20日
2018041530.jpg

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
在原業平

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき
古今和歌集(伊勢物語)

この世の中に桜がなかったなら、(桜を待ち遠しく思ったり、散るのを惜しんだりせず)春を心穏やかに過ごすことができるのに。
それに対し…
桜は散るからこそすばらしい。この世で変わらずいられるものなどないのだから。

そうなのです。桜があるばかりに、春は忙しい。
そして桜なければ春ではないのです(笑)

2018041514.jpg


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示