FC2ブログ

高塚山から大滝根山を歩く

2018年04月26日
2018042219.jpg

阿武隈山系には1,000m前後の低山がたくさんありますが、今回はその最高峰大滝根山 (1192.5m)にやってきました。
大滝根山だけでは物足りないので、隣の山、高塚山 (1066.4m)から歩くことにしました。いずれも距離はたいしてないのですがアップダウンや岩場もあるので、登山の装備がおすすめです。

今回のルート(2018年4月22日)
●高塚高原入口(川内村)-ペラペラ石-(大滝根山分岐)-大滝根山(田村市)-梵天岩
 梵天岩からは、同じ道を戻って高塚高原入口もどり、高塚ボッチ(高塚山頂上)へ

2018042201.jpg
今年は春が早いので新緑がすすみ、ツツジも咲き始めているのでは?と思いましたが、来てみるとまだまだ冬山の景色。
登山客は我々しかいません。

2018042202.jpg
歩き始めてまもなく小川と小さな湿地、水芭蕉が咲いています。そういえば登山口に水芭蕉と案内があったな。花はそろそろ終わりのようです。水芭蕉の葉が茂っているように見えましたが、大部分がコバイケイソウでした。

2018042203.jpg
さらに進むと巨石がごろごろした場所に。

2018042204.jpg
歩き始めて30分くらいでしょうか、最初の目的地「ペラペラ石(1135m)」に着きました。大きくて滑らかな岩がどーんとあります。
「ペラペラ石」って?どういう由来の名前が調べてみると、昔馬の放牧を見るのにこの岩の上に登り、岩のくぼみで焚火をしながらぺらぺらおしゃべりをしていたから…だとか。わりと軽いネーミング(笑)

2018042210.jpg
小さな祠があります。

2018042207.jpg
2018042208.jpg
雲一つない青空。ペラペラ石からの眺めはいいのですが、もやっていて見通しは今ひとつ。阿武隈の山々の他に、遠く安達太良山系、吾妻山、磐梯山もうっすら見えていますが、写真では厳しい。
他の阿武隈山系の山と同様、条件が良ければ海も見えるはずですが…。

2018042206.jpg
ペラペラ石に登って南西を見ると、次の目的地大滝根山と頂上の航空自衛隊のレーダーが見えます。

2018042205.jpg

2018042209.jpg
横に亀裂の入った石が最も大きい。登れるかなと裏に回ると鎖があり、登ってみましたが結構危ない。登ったはいいのですが下りる時が怖かったぜ(汗)

2018042211.jpg
大きい方の岩から、先に登った岩を見る。あのくぼみで焚火をしたのかな?

2018042213.jpg
大滝根山の山頂付近は自衛隊の施設、広大です。ここからは庁舎がよく見えました。

2018042212.jpg
ペラペラ石から少し戻り、大滝根山への分岐に入ります。

2018042215.jpg
送電線付近に出るとここも巨石だらけ。
大滝根山への分岐から送電線の所に出たのは間違いないのですが、このあと道に迷ってしまいました。

2018042218.jpg
道に迷った山中で見つけたツメの先ほどのちいさな白い花。イチゲやニリンソウに似ています。調べてみるとヒメイチゲ。この1輪しか見ませんでした。

2018042217.jpg
道に迷ってガサガサ歩いていると、自衛隊のフェンスが目の前に…。ペラペラ石から遠くに見えたレーダードームが目の前!
「注意 これより先防衛省の用地につき立入を禁止します。航空自衛隊大滝根山分屯基地司令」
大丈夫、有刺鉄線で入れませんって(汗)道のない所でうろうろしていたので、監視カメラに写ったかもなあ(汗)
ネットで確認した地図がわかりにくいものしかなかったことと、現地の表示がわかりにくかったことが迷った原因。高塚山から大滝根山に向かうルートはメジャーでないからかもしれません。
高塚山から大滝根山に向かうには、ペラペラ石の手前の分岐を自衛隊基地方向(南西)に向かい、送電線の下に出たら、送電線に添った道を、左周り(南へ)で自衛隊基地を回り込むように、基地の向こう側まで歩くのが正解。
送電線下の道は、管理用と登山道兼用なんですね。

2018042216.jpg
動物みたいな形の巨石もあります。

2018042214.jpg
日当りのいい場所にはキジムシロ…たぶん。

2018042227.jpg
送電線下の道はアップダウンが激しい細い道。
しばらく歩くと、大滝根山の入新田と仙台平(鬼穴)方面からの道と合流。ここで今日初めて他の登山者に会いました。相手もそうだと(笑)

2018042220.jpg
頂上付近の大嶽根山峯霊神社に着きました。
なんと神社のすぐ隣が自衛隊のレーダードーム、シュールな風景です。ブーン、ブーンとずっと音がしています。
ここで大越登山口から来た3人組の登山グループと遭遇。結局この日、大滝根山で会ったのは、先の1人登山とこのグループだけでした。

2018042231.jpg

2018042221.jpg
三角点(頂上)は自衛隊の敷地内ですが、フェンス越しに見ることができます。

2018042222.jpg
三角点から10分ほど先の巨岩「梵天岩」の上で早めの昼食にします。

2018042223.jpg
たくさんのくぼみがある奇岩、梵天岩というくらいなのでここで火を焚いたのかな。

2018042225.jpg
大滝根山に自衛隊基地があることはわっかてやってきたのですが、とにかく広大です。大きく分けると、北から庁舎エリア、アンテナのエリア、レーダードームのエリアに分かれます。梵天岩からはアンテナエリアがよく見えました。その先に庁舎の建物が見えます。

2018042224.jpg
施設内は整備され、道路もばっちり、歩かなくても車で頂上までいけます…当たり前(笑)

2018042228.jpg
大滝根山から、車を置いた高塚高原登山口まで戻ってきました。やはりひとけがありません。
歩いてわかったのは、田村市の大滝根山から高塚山への表示はわかりやすいですが、川内村の高塚山はわかりにくい、あまり整備されていないようにみえました。
ここには立派な管理棟(クローズ)があり、キャンプ用地として整備されているのですが、原発事故により全村避難となった時期もあり、以降は使われていないのかもしれません。モニタリングポストがあったので見てみると、現在の空間放射線量は毎時0.23マイクロシーベルト…安全なレベルではありますが。

2018042229.jpg
高塚高原入口から高塚ボッチ(高塚山頂上)へ向かいます。10分ほどで到着、ここからの眺めもいいです。

2018042230.jpg
隣の山に見える風力発電は、万太郎山の風力発電です。

高塚山 たかつかやま - 福島の山々
高塚山(高塚ボッケ) - 福島登高会

大滝根山 おおたきねやま - 福島の山々
大滝根山 - 福島登高会
大滝根山分屯基地 | [JASDF] 航空自衛隊 - 防衛省
関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示