FC2ブログ

春の移ヶ岳を歩く

2018年04月28日
2018042266.jpg

阿武隈山系の田村市の移ヶ岳 (994.5m)を歩きました。瑞峰平(駐車場)から周回するコースは1時間20分とあります。休憩を入れても2時間くらいで戻ってこられますね。
午前中大滝根山を歩き、まだ時間があったので、もう一つ登ることにしたのです。

2018042286.jpg
移ヶ岳 うつしがだけ - 福島の山々

2018042241.jpg
歩き始めてすぐカラマツ林、新緑がいいです。道は広くて歩きやすいです。

2018042245.jpg
まもなく移ヶ岳神社


神社裏手にはきれいな山桜が咲いていました。

2018042251.jpg

2018042293.jpg

2018042292.jpg
神社を過ぎて歩き始めると、ニリンソウだらけ!道の両脇がニリンソウです。

2018042256.jpg
歩きやすい道が続きます。空が広く見えきました。

2018042248.jpg
あちこちの山桜が美しい。

2018042258.jpg
まもなく大きな岩場が目の前に、ロープなしでは歩けません。

2018042260.jpg
頂上に着きました。ここも眺めがいいです。今日はやっぱり海は見えない。

2018042261.jpg

2018042298.jpg
特徴のある尖った山は、常葉町の鎌倉岳。

2018042263.jpg
景色を眺めながらしばし休憩。登山客は我々の他に誰にも会いませんでした。トレッキングにはいい季節ですが、阿武隈山系がにぎわうのはもう少し後、ツツジが咲く頃かもしれません。

2018042262.jpg

2018042264.jpg
頂上からは別の道を通って下山ですがやはりロープ。

2018042265.jpg
ロープ、ロープ!

2018042275.jpg
やや危ない岩場をすぎてさらに下りると、今度はなぜかすみれがたくさん。

2018042269.jpg

2018042278.jpg
こんな岩がどこからやってきたのか?そんな風景。

2018042279.jpg
午後3時過ぎ、少し日がかたむいてきました。

2018042280.jpg
山道も終わる頃、車道が近くなったあたりに今は使われていない古びた小屋と人口の池のようなものがありました。住んでいるのではなく、シーズンだけここで作業するためでしょうか?池は複数あり、イワナかな何かの養殖だろうか?よくわかりませんでした。

2018042281.jpg
車道にでました、ここを10分ほどあるいて駐車場のある登山口までもどります。

2018042283.jpg

2018042287.jpg
駐車場に戻ると、ツーリングのグループがやってきました。
平地からここまで、かなりの上り坂です。どこを走って来たのか聞いてみると、郡山からまず阿武隈山系の霊山、そしてここ移が岳だとか。それってすごい距離ですし、アップダウンも相当です。明日君の体は大丈夫なのか?と聞いてみると「ほぼ毎週こんなことしてますから」と笑顔。そうかそうか。
なんだかとても楽しそうでした。
そういう我々も、この日は阿武隈山系の高塚山、大滝根山、移が岳、3つ歩いているんですが(笑)
関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示