FC2ブログ

ポーラ美術館コレクション ―モネ、ルノワールからピカソまで

2018年05月16日
pola-museum-of-art1.png
(ポスター)レースの帽子の少女(1891)オーギュスト・ルノワール

ポーラ美術館コレクション―モネ、ルノワールからピカソまで
2018年4月28日(土)~6月24日(日)
福島県立美術館
2002 年、箱根に開館したポーラ美術館は、西洋近代絵画をはじめ、日本の洋画・日本画、ガラス工芸、 東洋陶磁など、約1万点にもおよぶ美術品を所蔵しています。
この展覧会では、同美術館が誇る西洋美術のコレクションより、19 世紀後半から 20 世紀まで、フラ ンスを中心に活動した計 20 名の美術家たちの作品 72 点をご紹介します。うつろいゆく光の表現を追求 した印象派から、色彩の解放を目指したフォーヴィスム(野獣派)、造形の冒険を試みたキュビスム(立 体派)まで、西洋美術の個性豊かな展開をたどります。
同美術館を代表するルノワールの《レースの帽子の少女》をはじめ、モネ、ルノワール、ピカソは各 8 点、そのほかピサロ、セザンヌ、ゴーガン、マティスなどが出品されます。選び抜かれた珠玉の作品 を会場でお楽しみください。
出品内容
カミーユ・ピサロ、クロード・モネ、ピエール・オーギュスト・ルノワール、ポール・セザンヌ、ポール・ゴ ーガン、アンリ・マティス、パブロ・ピカソなど、計 20 作家、72 作品を出品予定


ポーラ美術館から、日本でもよく知られる印象派を中心とした企画展。
万人向け、既視感といえばそうだけど、有名どころをじっくり見られるのはうれしいです。

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0002280001.jpg
「花咲く堤、アルジャントゥイユ」(1877)クロード・モネ

モネの色彩には癒されます。
印象派は、写実やテーマ(宗教・肖像・歴史など)が明確な時代において、とんでもなく革新だったわけですが、こちらとしては、子どもの頃から教科書で見慣れている画風、時代とはこうもかわる。
遠景に描かれているのは工場、この頃モネは、産業化によって風景が変貌し、また下水で汚染されたセーヌ川が嫌になり、郊外のジヴェルニーに越していったらしい。

main_1.jpg
ジヴェルニーの積みわら(1884)クロード・モネ

私が美術館に出向いた日は晴天、緑あふれる美術館の周辺も美術館の中の作品も光があふれていました。
色彩、光と影のコントラストが外の日差しと同じというのもいいじゃないですか(笑)

12_20180509194456851.jpg
「砂糖壷、梨とテーブルクロス」(1893-1894) ポール・ゼザンヌ

遠近感、構図がおかしいセザンヌの典型的な静物画。

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0000650001.jpg
「アルルカン」(1888-1890)ポール・セザンヌ

やはりちょっと不思議な構図ですが、この色彩はとても好きです。静物画も不思議だけれど、人物を描くとより変人っぷりがわかるような気がする。

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0006170001.jpg
「浴槽、ブルーのハーモニー」(1917)ピエール・ボナール

明るい浴室で体を洗う女。モデルはパートナーのマルト、親密でなければ描けないですよね。
一日の時間のなかに埋もれてしまいそうは、あまりにも日常的なシーンを作品にしてしまうことが革新なわけだ。
ただ、マルト的にこれでいいのか?…って余計なお世話か?(汗)

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0000032329.jpg
「中国の花瓶」(1922)アンリ・マティス

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0002060001.jpg
「襟巻の女」(1936)アンリ・マティス

マティスの作品がいくつか。のびやかな曲線、明るい色彩に、見てるこちらの気持ちも明るくなるような。
とてもデザイン的、おしゃれです。

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0000820001.jpg
「ドーヴィルの競馬場」(1935-1940)ラウル・デュフィ

競馬場の雰囲気が好きでなければ描けない作品。
軽やかなリズムが感じられます。透明感のある色彩もすてきです。

th_d8399901d709490dbf8a92fe7c7970ba_0001160001.jpg
「母子像」(1921)パブロ・ピカソ

印象派の画家達が、俗っぽくなったパリから去り、代わってパリには、外国人の画家達が多く住むようになったらしい。ピカソや藤田嗣治など。
ロシア貴族出身のオルガと結婚したピカソは、裕福で安定した生活をおくっていました。暮らしを反映するように作風も王道、コンサバに(笑)
モデルは妻オルガと息子パウロ、新古典主義時代の作品。

o0480070313721772723.jpg
「花売り」(1937)パブロ・ピカソ

名作「ゲルニカ」や「泣く女」を描いた頃の作品。妻オルガとはとっくに破綻、この頃の恋人はドラ・マール。この極端な変化がピカソ大先生。
ただしこの作品のモデルは、詩人エリュアールの妻。
四角い太陽、三日月みたいな顔、デフォルメを超えた形、激しい色彩、ピカソはこうでなくては(笑)


関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示