FC2ブログ

小野岳 大内宿登山口

2018年05月14日
2018050639.jpg

会津下郷町の小野岳に登ってきました(2018年5月6日)
福島では有名な観光地「大内宿」から林道へ数キロ走ると登山口があります。
小野岳は大内宿ほど有名ではないのはわかっていましたが、有名でない…となるととたんに人がいません。この日も誰にも会いませんでした。

小野岳
小野岳 - 福島登高会

2018050608.jpg
歩き始めてまもなく深い杉林、下枝を落としたり、材木として充分に手入れされている立派な杉林です。

2018050605.jpg
渓流のような登山道を登ります。雪解けの今はこんな登山道が多いのです。

2018050609.jpg
水場「小野の泉」おいしいです。

2018050606.jpg
道の両脇はニリンソウ。この時期の山はどこもニリンソウが満開です。

2018050615.jpg
傾斜が急な所は階段のように整備されていましたが、それは登山道の下の方だけ(汗)

2018050616.jpg
しばらく登っていくと、眼下に見えて来たのは大内ダム。

2018050617.jpg
杉林を抜けると新緑。山がきれいです。

2018050618.jpg

2018050621.jpg
気持ちのいい登山道です。

2018050623.jpg

2018050625.jpg
2018050626.jpg
だんだんとブナの巨木が増えてきました。圧倒されます。

2018050627.jpg
曲がりくねった巨木もおもしろい。

2018050631.jpg
北側の斜面には雪が残っています。

2018050632.jpg

2018050634.jpg

2018050633.jpg
だいぶ登って、視界が開けてきたので、そろそろ頂上か?
…と思うと、まだ先がある。登って…少し下って登っての繰り返し。

2018050635.jpg
急勾配もあって、なかなかハード(汗)

2018050638.jpg
時々現れる白い花はムシカリ。

2018050644.jpg
さらに標高が上がると、ブナからダケカンバ、青空に白い幹が美しい。

2018050642.jpg
ようやく頂上!からっと開けています。

2018050645.jpg
かすかに見えるのは、猪苗代湖と磐梯山。ここから見えるとは知らなかった。

2018050649.jpg
ダムと新緑の山々を眺めながら昼食です。

2018050641.jpg
ダムの奥には集落が見えます。

2018050648.jpg

2018050650.jpg

2018050653.jpg
帰り道も巨木を巡りなら、来た道をもどる下山です。

2018050651.jpg
午後になり日差しが強くなってきました。

2018050654.jpg

2018050664.jpg
下山してから、さきほど山から見下ろした大内ダムへ来てみました。いかにもダムというコンクリートの施設が見えないのがロックフィルダムの特徴らしい。
発電所はJ-POWER所有、ということは売電先は東京電力です。会津地方にはたくさんの水力・風力発電所がありますが、そのほとんどが東電かJ-POWER所有…つまり東電なんですよね。
大内ダム

2018050647.jpg

2018050656.jpg
新緑三昧の一日でした。

関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示