FC2ブログ

2010-11GPSアサインと気になる展開

2010年06月17日
スケートの話題にすっかり出遅れている…わけではないのですが、皆さん情報早すぎて、私が何か書こうかとすると、既に次の展開になっているという、あは…(汗)

○真央ちゃんのジャンプコーチに長久保コーチ
真央ちゃんの技術コーチ(というかジャンプコーチ)が長久保コーチと発表されました。
あくまでサポートというポジションのようですが、なんにせよ決まって良かったです。やはり要はジャンプ、ジャンプに不安がなければ他に余裕ができますし。
専任コーチもできれば決めて欲しいですが、2008ワールドの時のように、このまま行ってしまう気もします。
タラソワコーチはじめ、いろいろな方の指導をあおぐのもいいですが、選手が迷ってしまってはかえって逆効果、それぞれを聞き分け自分のものにできるかは、おおざっぱに言えば大人になること…もひとつかなと思います。
全ての条件を満たす専任コーチはいないでしょう。しかし、そういう制約から学ぶことも多いはず、全てを糧にしてほしいです。

○女子SPで3A解禁
ISU総会で、女子SPでの3Aが認められました。
良かったです。もちろん当面は真央ちゃんに有利なのかもしれませんが、このことで3Aに挑戦する女子が必ず出てくるはずです。
難しい技のハイリスクは引き続き同じ、あくまで選択肢ですが、これは大きい前進ですよね。
となると男子も女子と同じ構成は…ちょっとね(笑)

○ダイスケがSPの振付をランビに!
…というのがワタクシ的に最も旬の話題、ロマン派の曲だとか、ステップが素敵だとか、わくわくしますね。
振付師として未知数のランビですが、これまでもEXを即興でつくったりしてますし、違和感はないです。
表現力という言葉はちょっと使い古された感がありますが、音楽やその世界観を表現するという意味で、今現在最も高い評価を得てきた2人が組むなんて夢のようですね。

只今友人が翻訳中!

イニシアチブは2人、これこそがコラボか。
互いに新しいことにチャレンジするのは大変なことですが、新鮮な気持ちと緊張感を持って新しいシーズンを迎えることにもなります。
未だにダイスケ側から正式発表がないのがねえ。そろそろ関大ブログで、ダイスケの生のメッセージも読みたいですよね。

ところでランビは、デニス・テン君のSPも振付とか。
上記と別の友人がフランス語記事を自動翻訳したら「デニス10」と出たそうで、ウケました(笑)これからそう記述しようかな。

○2010-2011アサイン
引退ではと報道されていた選手もエントリーしています。
井上家、ケヴィン、ザレツキー兄妹は引退と聞いておりましたが…これから二転三転しそう。
ライサは検討中という感じでしょうか?
ジョアニーは引退宣言はなくても、今季のGPSはお休みのようですね。

アイスダンスは今季から、コンパルソリーダンスとオリジナルダンスが統合、ショートダンスになることが決まりました。
CDがなくなることは淋しくもあります。
折しもデロベル&シェーンフェルダー、ドムニナ&シャバリンというCDがハマれば無敵のカップルが引退、なんとなく一つの時代が終わったのかなという気もいたします。

昨年はアサインをネタに(何もわからないのに)ファイナリストまで予想。
あたるかどうかは、まあどっちでもかまわないのですが(そうなのか?)書いてるのは楽しかったので今年も書くつもりですが、ゆっくり見てる時間が取れないのであとにします。

とりあえず、今年も頑張ってNHK杯は観戦したいと思っているので、ひとまずNHK杯のエントリーについてだけ。
ダイスケと真央ちゃんのエントリーは、ほぼ確定していたと言っていいですね。
そして今季からシニアGPSにエントリーは日本期待のジュニア世代、ゆづとカナコ、のびのびできれば表彰台も十分狙えますね。

○男子シングル
きっと町田君がエントリーするに違いない!…と期待していたのですが、なんと自力で2枠獲得といううれしい誤算…(涙)、自国推薦枠(かな?)は無良君へ。でも無良君よかった、GPSエントリーできて、このチャンスをものにして欲しいですね。
なんだかんだいって日本に結構来てますねアボちゃん、昨シーズンはいい年だったのかそうでもなかったのか。よくわからないのですが(汗)…う~ん頑張って!
おお~シュル太も来ます。日本でのマニア受けをどこで嗅ぎ付けたんでしょうか(爆)おばかEXカルメンが見たい!そのためには上位でないと…。
ランビつながり、ダイスケと義兄弟のデニス10も!
アモーディオ君も楽しみ。
ボロデュリン、ウー君、マイナー君、超イケメンとは言わないけれど、さりげなく男前も配置されますね。
しかしなんつうか、ここにジェレミー10、デニス10…何となく昭和の、レトロな匂いが…(爆)
昨年のイケメン杯に比べるとやや地味、どっちか言うと男子シングルは「イロモノ杯」という気配が…。

○女子シングル
北欧美女からダイナマイトボディ、ジュモーのビスクドール、ベティちゃん、鳥類…、そして日本からは福耳の菩薩様、女子はタイプの違う美人がそろいましたね。
私のかわいいエミューちゃん(コストナー選手)!
うほほ…最近気になるレイチェルもいます、押しの強いスケートでブイブイ言わしちゃれ。
レイチェルに対抗できるニクタイといえばゲデ嬢、目ヂカラなら負けませんアシュリー、ちょっと大人っぽくなったかなジャンちゃんも。
美人ていうのはこういうことよ!のコルピ嬢。
ああ、やっぱりイロモノ杯の気配が…

○ペア
おなじみパントン、そして井上家(ホント?)
そして私最大のツボは、イタリアのベルトン&ホタレク!
何がすごいって、選手もいいけどコーチが美男(爆)ジマーマンさんですよ!
気がつかなかったそこのあなたのために

2010ワールドSP
2010ワールドFS
2010ワールドFSのインタビュー(右端がジマーマンコーチ)

ワールドのFSは素敵でした。
NHK杯に来るといいなと思っていたら、実現したのでびっくり。

○アイスダンス
目玉はメリチャですね。
カッペリーニ&ラノッテ、ウィーバー&ポジェ。次の時代を狙う若手もたのしみですね。あれ、このエントリーだとこの2組が表彰台の可能性が高いのか、時代はどんどん変わっていくのですね。
そして、こちらもジュニアから参戦、アメリカの渋谷家が!日系があちこちで活躍していてうれしいですね。

総合的に見るとやはり…イロモノ杯か(汗)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示