FC2ブログ

初夏の南蔵王、不忘山トレッキング

2018年06月23日
IMG_4386.jpg

IMG_4179.jpg

南蔵王の「花の百名山」不忘山に登ってきました。
今回のルートは、白石蔵王スキー場〜不忘山〜南屏風岳の往復です。
スキー場〜水引入道〜南屏風岳〜不忘山〜スキー場というぐるっと回るコースもありますが、沢歩きのある長いコース、梅雨時の今は滑りやすい、相当きついということで、不忘山と南屏風岳までとしました。

不忘山 - ふぼうさん:御前岳(ごぜんだけ)
[PDF]不忘山・水引入道登山地図
東京大空襲の日、B29が墜落した山としても知られ、山頂近くに慰霊碑「不忘の碑」があります。
不忘山の歴史・由来→ 不忘山 - 蝦夷・陸奥・歌枕
人に知られるようになったのは7世紀頃、古いですねえ。


出発地点の白石スキー場は濃いガスに覆われていました。夏はリフト休業なのでここも歩きです。
すぐに「白石女子高山小屋跡」があったはずなんですが、気がつかないで通り過ぎた模様…更地ですからね。

IMG_3911.jpg
歩き始めてまもなく、赤く染まる道に遭遇…サラサドウダンの落花で赤くなっていたのでした。
満開時期ならきれいだったはず、遅かったか、残念…と思って先に進むと、標高が上がるにつれ、今が見頃のサラサドウダンが現れてきました。

IMG_3990.jpg
IMG_4073.jpg
どこを見てもサラサドウダン。迫力あります。
天気がイマイチなのがちょっと残念。ドウダン系は強い日差しだともっと鮮やかなんですが、ちょっとくすんでしまいますね。

IMG_395500.jpg
サラサドウダンと一緒に咲くウラジロヨウラク。

IMG_4000.jpg
真っ赤なサラサドウダン、ベニサラサドウダンというのかな?色合いはいろいろです。

IMG_4066.jpg
登山道はサラサドウダンだらけ!

IMG_4110.jpg
今は梅雨、ぬかるんだ道も多く、足元はすぐに泥だらけになりました。

IMG_4125.jpg
ここまでもずっと登りでしたが、標高が上がり、さらに急峻な道が続きちょっと苦しい…いや、かなり苦しい(汗)

IMG_4137.jpg
名物カエル岩、隣のマーカーついた岩が深海の巨大魚のようにしか見えない(笑)

IMG_4140.jpg
頂上はまもなく!(と思いたい)…キツい(汗)

IMG_4145.jpg
頂上到着!しかしあたりは真っ白です。
ひとまず、次の目的地、南屏風岳へ向かいます。

IMG_4242.jpg
不忘山頂上にたどり着いたので、油断してると、まだまだアップダウンがきつい。鎖がないと斜面を転がり落ちそう。

IMG_4211.jpg
IMG_4163.jpg
聞いてはいましたが、不忘山頂上から南屏風岩まで尾根の斜面はお花畑。なるほど花の百名山、見事です。
美しい高山植物に、ここまでの疲れが癒されていきます。
この日一番の見頃はハクサンイチゲ、黄色の花ミヤマキンバイ。
春から夏にかけて、たくさんの花が咲く所。花目当ての登山客も多いようです。

IMG_4182.jpg
登山道の足元に咲くミヤマオダマキ。

IMG_4173.jpg
ハクサンイチゲとミヤマオダマキ

IMG_4236.jpg
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ

IMG_4223.jpg
ハクサンチドリ

IMG_4149.jpg
濃いガスが流れていきます。

IMG_4251.jpg

IMG_4298.jpg
南屏風岩に着きました。不忘山より約100mほど高い、標高1810m。
人が多くてびっくり、花盛りのいい時ですからね。ちょうど昼時でお弁当タイムでした。私たちもお弁当を広げます。

IMG_4303.jpg

IMG_4317.jpg
青空と雲海。
この日の天気予報は12時くらいから晴れ、予報通りぴったり晴れました。
青空と雲海が気持ちいい〜!ここまでが曇りでしたから晴れ晴れした気持ちになります。

IMG_4326.jpg
ガスや雲がぐんぐん動きます。空がとても近い。

IMG_4314.jpg
山々の眺望は今ひとつですが、雲が途切れ見えてきたのは山形方向か?

IMG_4327.jpg
飛行機雲をたくさん見ました。

IMG_4330.jpg
北屏風岩の方を眺めながら昼食です。雲や霧が晴れたと思うとまたかかり、天気は忙しい。
休憩を挟んで不忘山にもどります。

IMG_4271.jpg
イワカガミ。足元はずっとこんな感じです。日差しが明るくなって、花も輝くよう。

IMG_4335.jpg
IMG_4346.jpg
ハクサンチドリとゴゼンタチバナ。

IMG_4367.jpg
白い花はハクサンイチゲだと思っていると、チングルマ。
ここで見られるとはうれしい。

IMG_4356.jpg
不忘山に戻る途中、前を行く団体に遭遇。

IMG_4202.jpg
ムシトリスミレ、こう見えて食虫植物。
珍しいこともあり、みなここで立ち止まるので前に進まない。

IMG_4361.jpg
ハクサンイチゲ

IMG_4376.jpg
不忘山を経て、来た道を帰ります。
登りが急だと下りも急なのじゃ(当たり前)

IMG_4394.jpg

IMG_4455.jpg

IMG_4381.jpg
ガスが晴れて気がつきました。まだあちこちに残雪があります。

IMG_4406.jpg

IMG_4424.jpg
尾根の道は花に彩られています。花は見ていて飽きません。

IMG_4408.jpg

IMG_4418.jpg
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ

IMG_4468.jpg
この日は30人超えの団体客と帰り道が一緒、登山道の花に立ち止まる人も多くて前に進まないこともありました。大人数だとどうしてもこうなってしまいますね。途中で追い越しました。

IMG_4480.jpg
再びのカエル岩、かわいい(笑)

IMG_4485.jpg
午後から晴れると思っていたら、標高が下がるにつれ、また濃いガスがかかってきました。
下りは楽かと思えば、岩場とぬかるみで気を使います。そして長いし…。

IMG_4505.jpg
スキー場まで無事戻ってきました。
ほっと一息していると、声はすれども人は見えず。しばらくすると亡霊?…ではなく、霧の向こうから、さっき越した団体さんたちがやってきたのでした。

IMG_4440.jpg
「花の百名山」不忘山は思ていた以上にキツかったですが、荒々しい自然に咲く可憐な花にすっかり癒されました。


関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示