FC2ブログ

体感!グレートネイチャー「シルクロード・灼熱炎と幻の海」

2018年06月26日
体感!グレートネイチャー「シルクロード・灼(しゃく)熱炎と幻の海」
BSプレミアム 2018年6月23日(土) 午後7時30分(90分)
(再放送 7月14日(土) 午後1時30分) 
シルクロードは大自然の芸術に満ちている。訪れるのは、カスピ海周辺、謎の国・トルクメニスタン、カザフスタン、アルメニアの三か国。かつてこの地にあったという“幻の海”の痕跡をたどると、泥火山、炎のクレーター、輝く紅白の大地、ウユニ塩原のような水鏡、空から降る石柱といった奇観に遭遇!消滅した海は、地上に絶景を地下に資源を残していったのだ。シルクロードに刻まれた、衝撃の地球史を体感!

絶景と謳っても、あらゆる映像が公開されていて、どこかで見たような…どこかに似てるような気がすることが多いのですが、今回はすごい。こんな風景が地球にあるのだと。
「謎の国・トルクメニスタン、カザフスタン、アルメニア」は旧ソ連。
カザフスタンは、宇宙好きならロシアのロケット発射場、バイコヌール宇宙基地を、フィギュアスケートファンならデニス・テン選手の母国として認識しているわけですが、身近とは言えない。アルメニアは内戦の国としてしか知らない。トルクメニスタンなんて舌が絡まって言えない、覚えられない(汗)まあつまり「謎の国」ですね。

かつてこの地は海であり、メタンガスが蓄積、大陸が隆起しメタンは地表近くに、それによりトルクメニスタンは豊かな資源大国となっているらしい。
メタンが燃え上がるクレーターはまさに「地獄の門」
石柱が6角形の石柱が屹立する山、ウユニ塩湖のような水鏡の幻想的な風景、地層とはいえ見事な紅白の山々…いずれも雄大、広大…。
海やプレートの移動だけでなく、条件の違いによって様々ん資源、絶景が生まれる、生きている地球のすごさですかねえ。
最後の方に一瞬でてくるゾロアスター教(拝火教)の儀式も謎めいていてゾクゾクします。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« アオテンマ | HOME | 空梅雨 »