FC2ブログ

ニワトコの実

2018年07月16日
2018062459.jpg

古い民家の裏庭や里山で、誰もが知らず知らずに目にしていると思います。この赤い実の木はニワトコ(接骨木)です。
ニワトコという名前は知っていても「接骨木(セッコツボク)」…「骨を接ぐ木」と書くとは知りませんでした。
解熱や利尿に葉や木を煎じて服用したり、骨折や打撲に塗ったりしたらしい。
昔から役に立つ木として、家の近くに植えていたから今でもよく目にするわけですね。

Wikipediaによると、ニワトコの仲間に、セイヨウアカミニワトコ(European red elder)、セイヨウニワトコ(Black elder)、アメリカニワトコ(American elder)などがあり、欧米でも昔から、実(エルダーベリー)をジャムや健康酒などに利用してきたとあります。
ハリー・ポッターに登場する魔法の杖がニワトコ(elder)でしたね。

英語では「elder(エルダー)」…エルダー?…聞き覚えがあります。記憶を辿ると、少し前の時代の壁紙や生地に、エルダーフラワー、エルダーベリーというデザインがありました…調べてみると、ありました「リバティプリント」です。
デザイン化されているので、柄や模様を見ても、実際のニワトコは連想しにくいですが、親しまれてきた植物であることはわかりますね。
ニワトコは、日本でも欧米でも古くから利用されてきた身近な木なんですね。

LIBERTYリバティプリント・国産タナローン生地<Elderberry>(エルダーベリー)
リバティプリントとは

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示