FC2ブログ

「アルテミス」アンディ・ウィアー著

2018年07月11日




人類初の月面都市アルテミス──直径500メートルのスペースに建造された5つのドームに2000人の住民が生活するこの都市で、合法/非合法の品物を運ぶポーターとして暮らす女性ジャズ・バシャラは、大物実業家のトロンドから謎の仕事の依頼を受ける。それは都市の未来を左右する陰謀へと繋がっていた……。『火星の人』で極限状態のサバイバルを描いた作者が、舞台を月に移してハリウッド映画さながらの展開で描く第二作。

タフで賢いけど、イマイチついていない破天荒なヒロイン、ジャズが月面都市の巨大陰謀に巻き込まれていくストーリー。
資源開発のため、いつの日か月面都市が建設されるだろうなあとは、今現在でも想像つくわけですが、さらに未来は、観光都市にもなっている。そして俗っぽくて、犯罪もあるし、貧富の差も激しい…なるほど、ありそうです(汗)

前半は月面都市のあらまし、重力が弱い月での生活や力関係の描写が長い、ジャズのドタバタも長くて、ちょっと飽きる。まあ月の環境や資源開発があってのストーリー展開なので、わかるのですが、ここをサクサクいってほしかった。
後半は、一発逆点を狙ったものの、気がつくと陰謀のど真ん中にいた!もいかしてはめられた!?
…ここからジャズの快進撃が心地いい。

前作「火星の人」がおもしろ過ぎたので、今回も過剰に期待すると…あれ、でも、ちょっとトーンダウンか(汗)
月面のプラントやドーム型都市の仕組みなどが想像できないとちょっと辛い、あと人種間のあれこれとか…ビジュアルがあれば、すいすい進むんですが。
そういう意味で日本のアニメの原作に向いてそうな作品。

関連記事
| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
やや、がっかりだったかな?
お久しぶりです。
「火星の人」大絶賛のニルギリさんの事だからきっと読んではいるのだろうと思いながらも、私が読んでから早半年。内容についてほぼ忘れた頃に記事をアップされても、何も書けない(笑)
ただ、読み終わったあとに「期待外れ」だったことは、覚えています。
デビュー作が良いと第2作は、まあまあの出来でも期待はずれ感が大きい。
今回アップされた記事の短さに、ニルギリさんも同印象だったのかな?と邪推しております。
彼がこのパターン(言葉としては変だけど、軽めのハードSF)を続けるのであれば、次の舞台は小惑星帯かな。
ちょっと期待感を落として待ってみましょう。

おまけ
すでにお読みかも知れませんが、「月」物で面白かったイメージが残っているのは、A・C・クラークの「乾きの海」かな?
>クッツさん
>やや、がっかりだったかな?

ばれました?(汗)
前作がいいと、こういうことは想定内ではありますね。
前半のドタバタでちょっと飽きたんですよ。
ただ、映像(アニメ)にしたらすごくおもしろいんじゃないかとは思ってます。

>クラークの「乾きの海」

クラーク大先生は好きですが、これは読んでないかも。
しかしここで巨匠の作品を上げるのは、「アルテミス」にあんまりじゃね?(笑)




管理者のみに表示