FC2ブログ

萩に雨

2018年09月15日
2018091501.jpg

秋萩を散らす長雨の降るころはひとり起き居て恋ふる夜ぞ多き
詠み人知らず 万葉集

秋萩を散らず長雨の頃は、ひとり起きて人恋しく思う夜が多いのです。

2018091503.jpg

しをりつる風は籬にしづまりて小萩がうへに雨そそぐなり
永福門院 玉葉集

草木をたわませていた風は垣根に静まり、小萩の上に雨を降らせている。

2018091502.jpg

宮城野のもとあらの小萩 露を重み風を待つご君をこそ待て
詠み人知らず 古今和歌集

宮城野の小萩が露の重みをはらう風を待つように、あなたをお待ちしています。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示