FC2ブログ

オンドレイネペラメモリアル2018 紀平さん3A決めて完全優勝

2018年09月28日
Ondrej Nepela Trophy 2018
Bratislava
20.09.2018 - 22.09.2018 Ondrej Nepela Ice Rink
リザルト

●女子SP
凛ちゃん
ちょっと動きが重かったかな、転倒もあり残念な結果。

ツルちゃん
「月光」すばらしい、ノーミス!
体の軽さが長所でもあり、身体表現では短所になりがちのツルちゃんですが、腕の使い方などエレガントな所作が印象的、大人の女性らしくなった。
今季から、ジュニア時代に指導を受けていたエテリに戻りました。わりと珍しい例?だなと思いましたが、ロシア生まれのツルちゃんがカザフ代表になることで、ロシアでの指導が難しくなり国外へ(オーサー)。ここに来て国籍に関わらず指導を受けられるようになったということらしい。それにしても、エテリ→オーサー→エテリってすごい。

コンスタンチノワ
う〜ん動画の前半は音がなくてよくわからない。
スピード感あっていい感じ、ちょっとコントロールが甘く大味になってしまったかな。
最後、ステップの後の激しい振付がおもしろい。

紀平さん
「月の光」
冒頭3Aは軸が大きく傾いて転倒。確率がいいと聞いていたのですが残念。
しかしここからが今季の紀平さんの勝負。彼女の良さは3Aだけではないのです。他のジャンプ、スピン、ステップはレベル4で加点もたっぷり、エレメンツとつなぎもスムーズに流れここちいい。スケーティング、PCSでも評価されたこともうれしいです。転倒ありも70点で首位。

ツルスカヤ
エテリ卒業しても大人の色気は変わらず。でも以前のゾクゾクする美しさは薄れたかなあ。
ジャンプのミスが響きSP5位。
------------------------------------------------------------------------------
●女子フリー
凛ちゃん
エクソジェネシス、しっとり感は彼女に似合うけれど、ちょっと有名選手のそれを思い出してしまうと、アラが見えてしまうような。まずはノーミスに近い内容で見たい。

コンスタンチノワ
持ち越しのアンナ・カレーニナ。
すてきなんですが、もう少しインパクトが。ますはノーミスでないとロシアじゃ辛い(汗)

ツルちゃん
ツルちゃんもピアソラか〜。
後半に盛り上がりも見せるのではなく、最初から飛ばす。後半ちょっと乱れが多くなってしまった。
セカンド3Tが2本入る攻めのプログラム、あちこち引かれてます。
タンゴとしてはまだ足りない物があるような。

紀平さん
ジェニファー・トーマス  「A Beautiful Storm」、美しく、時に激しくこのフリーはとても好きです。
3A+3T美、3A美、うわ〜2つとも決まった〜〜〜!
ジャンプやエレメンツが突出するのではなく、プログラムの流れの中にあるところがすばらしい。3Aは冒頭ですが、まず演技入り込んでから流れにのって跳ぶんですよね。
最後の3Sはちょっと油断したか。
完全優勝おめでとう!まだまだ行けそうな紀平さんです。
------------------------------------------------------------------------------
●男子SP
コリャダ君
ランビ振付ですが、驚くほどランビっぽくない。変衣装は意外と好きかも(笑)
4Lzではなく、4T+3T。
私が愛してやまないスタイリッシュなスケーティングは、いい時に比べるとまだ荒っぽいところはあるけれど、今の時期ここまで出ていれば申し分ない。トップ選手としての格の違いを見せました。
96.82か、100点欲しかったね〜。

刑事君
演技はすてきでしたが、4Sが決まらないとキビシイ、2Sではノーカン(汗)
他はすばらしかったな、加点も付いていただけに残念。
プログラム後半の完成度はかっこいいの一言。

サマリン
渋い選曲、ハードボイルドなかっこよさが似合う、いいと思います。
ジャンプは残念。

ヴォロノフ
ロマンチックな曲で演技するヴォロノフにも見慣れてきた。
4Tは良かったけれど、コンボと3Aがちょっと。姿勢が前のめりなのが気になる。
でも熱い思いが伝わってくる演技には好感。
------------------------------------------------------------------------------
●男子フリー
コリャダ
「カルメン」衣装的にも振付的にもエスカミーリョ。つうか時々闘牛になる1人2役。変なアレンジがなくてよかった(笑)
4T+3TOK、3Lzはいずれ4Lzか?ちょっとあっさり目ではあるけれど、キレのあるスケーティングは本当にすてきです。
王道なプログラムは、最後までキレを維持することがポイントですね。
かっこいい闘牛士を極めてほしい。コリャダ君ならできる。

サマリン
得点は伸びないけれど、勢いはありました。ジャンプのクオリティがもう少し欲しい。
後半曲調変わり、ステップ、スピンにキレがあり、なにより元気良くて良かった。思えばいつも後半伸び伸びタイプ。

クヴィテラシビリ
ミュージカル『ロックオペラ モーツァルト』より。なかなかいいプログラム、知的な雰囲気のモリス君によく似合う。
4Tを2本後半に持ってくる構成、それだけ自信あるということだと思う。ミスはいろいろあるけれど。最後はスタミナ勝負か。

ヴォロノフ
動画だと、胸にアルミホイルついてるみたいに見えるぜ!
4T、4Lo転倒、ミスはあってもジャンプに高さと勢いあります。大人のやんちゃみたいなおもしろさがある。
スピンはレベル4、こういうところの積み重ねが大事、他の選手のミスに助けられたとこもありますが総合2位、おめでとう。

刑事君
「ウィリアム・テル」刑事君にクラシックは意外なほど(すまん)よく似合う。
4Sは3Sに、4Tは3T…にしたのかな?
ジャンプに苦戦するも、演技はとてもすてきでした。後半の序曲は激しく、メリハリもあっていいプログラム。PCSはコリャダ君には遠いですが2位の評価です。
まずは表彰台おめでとう。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示