FC2ブログ

ススキとエノコログサ

2018年09月23日
2018091805.jpg

秋の野の草の袂か花薄 穂にいでてまねく袖と見ゆらむ
在原棟梁 古今和歌集

すすきは秋の野の袂(袖)だろうか、手招きしているように見えることよ。
すすきの穂が揺れる様子を手招きしている、思いを表すことに例えているそうです。

袖に例えるなら、エノコログサの方がそれらしいような気もするけれど、情緒はないか。
「猫じゃらし」ですからねえ(笑)

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示