FC2ブログ

青空とキクイモの花

2018年10月20日


わが恋はむなしき空にみちぬらし思ひやれどもゆく方もなし  
古今和歌集 詠み人知らず

私の恋はこの大空に満ちて、思いを寄せてももう行く場所もない。

この歌を詠んだ空は、どんな空だったのだろうか?
片思いのむなしさを詠むなら、夜空や曇り空より、美しい青空の方が、より残酷で、心の闇が際立つような気がします。

台風の到来と共に咲き始めたキクイモ(菊芋)の花もそろそろ終わり、秋も深まってきました。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示