FC2ブログ

GPS2018 スケート・カナダ  カナダのメドベージェワ

2018年11月21日
Result

●男子SP
エイモズ
かっこいいプログラム、キスクラにはもっとかっこいいジマーマンコーチが。

ケリー
4回転も決まりました。それでも80点、ジャンプだけではなんですよね。
キスクラにはアモちゃん、元気そう。

ジュンファン
シンデレラなら、もっとひらひらロマンチックな衣装でもいいのにな。
4S始めパーフェクト。すばらしー。88点。
ほっそりした立ち姿から、所作までゆづっぽいですね。

マヨロフ
4回転はじめ、ジャンプがきれいに決まって、ちょっと不思議な曲もいい感じに聞こえる。ぐいぐい動いて気持ちいいです。
それしてもみんな次々4回転を決める日です。

友野君
4S決まって良かった!3+3TOK、3Aお手つき。ステップもいいなあ。スピンはちょっと甘い。
会場の空気を、愛おしく抱きしめるような、すてきな演技でした。
81点か〜もう少し欲しいな。

ナム君
おとなっぽくおしゃれなプログラム
4+3T決まり、そこからのノリがすばらしかった。ジャンプはすべて完璧。足元は華麗、表情も明るくて、こちらまで明るくなる。
82点、90点近いとこまでほしかったな〜という表情か?

キーガン
婚約おめでとう!
4+3T、3A、3Lz、すばらしい高さと迫力。スピンは安定の品質。キーガンの回転は、ギュルギュルッと音が聞こえてきそう。スケーティング全体に個性と存在感があります。音楽のノリも楽しい〜。ウキウキ〜。
これは過去最高のキーガンです。
ロックなコーチもうれしそう。出た95点!

ジェイソン
すばらしいディープエッジ、そしてスピード。足上げにほれぼれ、キレもあってかっこいい。
3F、3A転倒、3Lz今ンボはセカンドが2Tに。
いい演技が多いので、4回転なしで2ミスは大きい。ジャンプ以外は良かったのですが。

ショーマ
新衣装は高貴な雰囲気の紫。おお〜やはりスケーティングが違う。
4F美、4T+3T乱れ、3Aで派手に転倒!(汗)3Aの転倒にはびっくりしました。こういうこともあるんですねえ。自信があるからこそ油断してしまうのか?
全体としてかっこ良かったですが、スピンやステップにも取りこぼしました。
キスクラはゴメンナサイモード。88点はさすがであると思う。

サマリン
4lzステップアウト、サマリンも攻めてますねえ!
ルッツのミスはありましたが、良かったです。熱くてかっこいいサマリンでした。

SPトップはキーガン、2位ショーマ。キーガン本当にすてきでした。
いい演技がたくさんありました、トップに行くには、何が足りないのだろう?そんな表情をたくさん見たような気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男子フリー
ジェイソン
サイモンと&ガーファンクルメドレー。ノスタルジックな衣装があの頃を思わせます。
4S?は2S、3A+3Tはきれいに。4回転は今回も決まらず。VBが下がってしまうため得点は厳しい。
それにしても美しく、躍動感のあるスケーティング、すてきなスケーターであることに変わりはありません。スピンもすばらしい!
バーケルとオーサーに挟まれるジェイソン、まだこれからですね。

ナム君
4S<+2T、4S、ジャンプに安定が見えてきて、長いスランプも抜け出せたかな。
後半の笑顔がすてきでした。ナム君の笑顔いつぶりだろう。前大会では表情も硬くて、ラ・ラ・ランドじゃなかったので。

友野君
リバーダンス。こういう色のカミキリムシいるわ。
冒頭4S転倒、4S転倒。
ここでくじけてしまわないのが友野君湧き上がるパワー、そう君には観客を巻き込むパフォーマンスの力があるのだから。
すてきなプログラム。またがんばろう。

サマリン
4Lzお手つき、4T転倒に近い乱れ、3Aは2本。サマリンも攻めの構成。
以前のミスをして空回りした感じや、いつの間にか終わってしまったなんて感じはしないです。気迫を感じます。コリャダ、アリエフがいるロシアの3番、4番に甘んじてはいられません。

ジュンファン
4Tで派手に転倒した時は、どうなることやらでしたが、4S成功。エレメンツの多くに危うい感じがしたのですが、よくがんばりました。
表現面が勢いだけでイマイチ面白くない。

ショーマ
4S、4F、4T、3A、3連続で転倒、3S+3Tで転倒。やはり後半のスタミナが課題、力の配分でしょうか。
いいところもそうでないところもありましたが、終始気迫と集中力のフリーでした。
コレオやステップはどんどんパワーアップ。完成にまた一歩近づきました。

キーガン
早くも新郎?違う違うチャップリンだよ!
4Lzは3Lzに変更、4T高い!つうか、ジャンプは皆高くてパワーみなぎる感じ。
チャップリンのほのぼの、コミカルな動きも自然。しみじみ伝わってくるのは、人生の深みというか、若い選手には出せない味わいです。
精一杯やりきった充実感がありますね。

ショーマが順当に優勝。
キーガンの2位がうれしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●女子SP
パネンコワ
ジャンプのコントロールが…。
15歳、健康的…痩せすぎてなくて…と思ったら、成長期の体型の変化に苦労しているらしい。そうかそうか、自分ではどうにもできないことってありますよね。くじけずがんばってほしい。

スターちゃん
かわいい〜スターちゃん好き。
おおノーミスでPB64点。

松田さん
ケガのブランクか、本調子ではないかも。

まこちゃん
シニアデビュー。かわいい〜まこちゃん好き。
セビリアの理髪師のかわいいとこチョイス。
なめらかなスケーティング、スムーズに入るエレメンツ。
伸び伸び、ワクワク、はつらつ、かわいいなあ、楽しんでるなあ!やることをやればいい、何も考えなくていい、今の立ち位置だからこその演技かもしれませんが、すばらしかった。
3Feはあっても、66点!なんとSP3位。

マライア
すてきな衣装でセリーヌ・ディオン、アダム振付。
明るく伸びやかな演技にこちらまで笑顔になる。音楽表現がいつもながらすばらしいレベル。うっとり。
おお〜すばらしいノーミス!マライアがノーミス!マライアがノーミス!
63点、もっと出せコノヤロ。

リーザ
3A美、3T+3T、3Lz。
ジャンプが決まると全てに魂宿る感じ。もう目が離せない。なんでも言うこと聞きます…的な(笑)
74点、お見事!

ツルちゃん
月光が降り注ぐ海のような衣装で。
ノーミスのようで、回転不足やレベルの取りこぼしで得点は伸びず。いい時のキレはなかったかもしれません。

メド
美しさに変わりなし。大人っぽくなりました。
新しいスタイル、新しいメドベージェワ。選曲がこれまでと違っているので、音楽のノリも変わったように感じる。もうちょい明るさがほしいけれど、緊張でしょうかね。
コンボのファーストジャンプで転倒に近い乱れ。これは痛い60点。あーやっちゃったなキスクラ。

わかばちゃん
見るからに強そうな衣装。
アップテンポで個性的、パワフルな彼女にぴったりの曲。
弾むようなジャンプ、存在感のあるスケート。
かっこいい〜66点。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●女子フリー
松田さん
とても優雅なんだけど、ジャンプがバタバタっとしてしまう。ここがきれいに流れるともっとすてきだろうな。

メド
まさかの前半グループ。背中に刻み海苔ついてるっぽい衣装。
女優ではないメドが新鮮。体重ふやしたとか、スケーティングに力強さが出てきました。キレやタメがかっこいいプログラム、体のラインを見せつける感じも大人っぽくていい。ただプログラムはまだこれからの感じ。
小さな減点はありますが、気合のノーミス、さすがです。

マライア
ミスはありますが、本当にすてきでした。
これまでのノリのいい曲から、しっとりしたピアノ曲で。流れが美くしくて見とれてしまいます。音楽との親和性がすばらしい。
ジャンプが安定してきたのも大きいですね。

わかばちゃん
冒頭苦手のサルコウはダブルに。そのあとは大丈夫そうでしたが、後半のジャンプでミス。
ライバルが多い中、うーん、これは厳しい。
ミスもありますが、曲にまだ距離がある感じ。

リーザ
誘惑されそうな曲。
冒頭の3Aは転倒、しかしそのあとは良かった。決まったジャンプの高さときたら、うっひょ〜って感じ。
今年のリーザは強い。

まこちゃん
幼妻的な蝶々夫人。
ジャンプもスケートも伸び伸び自分の演技ができました。
シニアでも勝負できる、しなやかでいてパワフル、肌触りのいいスケーティングが魅力です。
そして、かわいい〜。
そして…ノーミス!まこちゃんGPS初出場表彰台です。

優勝はリーザ、まこちゃん2位、メドが怒涛の追い上げで3位。さすがです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ISU Grand Prix of Figure Skating 2018/2019 ポイントランキング
Men Ladies Pairs Ice Dance
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示