FC2ブログ

もみじの降る道

2018年11月07日


秋はきぬ紅葉は宿にふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし
詠み人知らず 古今和歌集

秋は来た、紅葉が降り敷いた我家に訪ねてくる人はいない。

踏み分けて更にやとはむもみぢ葉のふりかくしてし道と見ながら
詠み人知らず 古今和歌集

恋しい人を訪ねよう、道を隠してしまうほど、紅葉が降っているけれども。

恋の歌には、深い森や生い茂る草、深い雪などをテーマに、恋人が訪ねてこない寂しさや、困難を越えて恋人に逢いにゆく、そんな心情を詠んだ歌が多いですね。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示