FC2ブログ

GPS2018 フランス大会勝手に予想

2018年11月21日
ISU GP Internationaux de France 2018
Grenoble / FRA

23.11.2018 - 25.11.2018

いよいよGPS最終戦、泣いても笑ってもファイナルが決まります。

●男子
王者ネイサンに迫るのは誰?
ボーヤンが本来の実力が発揮できれば、ネイサンとの優勝争いになりそうですが、フィンランドでは、まだエンジンかかってない感じ。絶不調のコリャダ君より下の5位。どうしてしまったのでしょう?

ネイサンに全く不安がないかといえば、そうでもなく、大学生になってからの環境で、いかにいいトレーニングができているかにかかっているでしょう。
ただスケーティングの良さは変わらずあるし、マックスの構成でなくとも…4回転の本数減らしてもしっかりやれるのは強み。
やはり優勝に最も近いのはネイサン、というか、ネイサン大自爆でもしない限り、越えそうな選手がいない。3位以上でファイナルは大丈夫でしょう。

私が高く買っているアリエフは、いまいちぱっとしない(汗)予定構成をノーミスでできたら表彰台は十分可能なんですが…。まあでも、若者はちょっとしたことで盛り返すので期待してます。
そんなこんなのアリエフを越えてしまいそうなのが同国のサマリン。カナダでは、4回転をしっかり決めてPB248点をマーク。
ロシアの代表争いが熾烈になりそう(汗)

ジェイソン、デニスは4回転が決まるかどうかがカギ。そこさえ決まれば、1段階上がれるんですが。
上位争いに刑事君、エイモズ、サモヒン。ナデューかな。皆4回転次第ってところ、ここが決まらないと土俵に乗れないというか…
刑事君もなんとかがんばってほしい。全日本でライバルになる友野君がロシアで表彰台に。これに発奮してほしい。

予想順位
ネイサン アリエフ サマリン ボーヤン

ネイサン以外はカオス!(汗)
誰が来ても、誰が不調でもおかしくない。
-----------------------------------------------------------------------------
●女子
今大会の見所は、メドと紀平さんの対決です。
表彰台争いに、舞ちゃん、真凜ちゃん、コンスタンチノワ、ソツコワ、テネル嬢…うは〜大混戦(汗)

NHK杯では、3A決めるとこんなに出ちゃうんだ!とライバルたちをビビらせた紀平さん。現役女子選手で最も3Aが安定していると思われます。
そして彼女は3Aだけではない、スケーティング、スピン、ステップもいい。トータルですばらしい選手なのです。
今季は全ての大会で3Aを入れると話しています。とはいえリスクはあるので、優勝もあれば、3Aが決まらないと台落ちもあります。SP1本、フリー2本の3Aが勝負の分かれ目でしょう。

メドはカナダ大会でこそSPで出遅れましたが、本来の力、メンタルがあれば、トップに立つのはかぎりなく高いと思います。あのミスを繰り返すことはないでしょう、メドなら!
カナダでは緊張のせいか少し固く、GOEも今ひとつ。逆をいえば、もっとすごい得点が出せる伸び代があるということです。
ポイントの一つは3Lzですね。

舞ちゃんは激戦区エントリーで大変ですが、やることやれば結果はついてくるでしょう。インパクト強いやつらの中で、いかに自分を輝かせるかかなと思います。

全米女王テネル嬢は、3Lz+3Loが決まるかどうかがカギ。できる技だと思いますが、SPで決まるか決まらないかは大きい。へたするとフリー前半グループになってしまう。そこから盛り返すのはキツイ。

真凜ちゃんはまだ過渡期、どこまでいくかは未知。今季のプロは個人的には微妙。
ソツコワも今は変化の時なのかな?まだ本来の力を出せてない印象。ラテンプログラムはおもしろいけど、まだ少しのめり込めない気がします。
コンスタンチノワはちょっと地味な存在ですが、ノーミスなら表彰台もありです。

予想順位
メド 紀平さん 舞ちゃん テネル嬢

紀平さんは3A3本のうち2本成功と予想(中途半端・汗)、3位以上でファイナル、がんばれ!
表彰台は大混戦、舞ちゃんには表彰台に乗ってほしい。
-----------------------------------------------------------------------------
●ペア
バネッサ&モーガンの優勝濃厚、つうか勝たなくてはならない大会。
技術、スケーティング、そして芸術性、全てで抜きん出ていると思います。

ここに迫るのはスケートカナダ4位、ロシアの若手コズロフスキー組。PB196点で抜けています。
ロシアはどんどんいい選手が出てきますねえ。

しかし3位以下は全くわからないぜ!(汗)PBも拮抗しています。

予想順位
バネッサ&モーガン コズロフスキー組

3位以下不明(汗)
-----------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
満を持してパパシゼ登場。
今季初のコンペで大丈夫かなとは思いますが、彼らのレベルなら優勝は固いでしょう。

表彰台争いに、ポールたち、今季勢いに乗るニキータたち。NHK杯優勝ベーカー組は3位以内ならファイナル。パーソンズもいるし。うは〜結構たいへんなことに(汗)
次いで、おもしろカップルディアス組、ルギャック組かな。
パパシゼが順当に優勝したとして、表彰台は激戦、わからないですねえ。

予想順位
パパシゼ ポール ニキータ

希望順位かもね。
ニキータたちがどこまで来るか注目。
パパシゼが優勝してもファイナルはないので、ポイント次第ではいろいろチャンスが生まれますね。
-----------------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2018/2019 ポイントランキング
Men Ladies Pairs Ice Dance
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示