FC2ブログ

2018全日本フィギュア 男子SP ショーマとダイスケ

2018年12月23日
エントリー・リザルト
フジテレビ 全日本フィギュア

前半の実況はこづ。

高志郎君
ああ〜私をじっと見つめないで!っていうくらいのアップから。
3Aが安定してきました。ジャンプが完璧である上に、緩急のあるドラマチックな表現。すがすがしさもありますね。すばらしかったです。
ランビのいる全日本、リンクサイドのランビが気になって気になって…。
手足がまた長くなった?キャメルスピンで画面に収まらないかとおもったよ(笑)
80点!
インタの受け答えが大人で感慨深い。

壷井君
「ユアソング」美しいボーカルに壷井君の美しいスケーティングがぴったり。衣装に色気がないけど、折り目正しい青年ということで。
3Aはステップアウトで減点だけど、流れのいいすてきな演技でした。

佐藤駿君
4T美、3A着氷後転倒、3F+3T乱れ。中学生でここまで美しいクワド跳ぶとはねえ。
ミスはあっても攻めの姿勢はすばらしい。

笹原景一朗
とても存在感のあるスケーティング。リンクに自分の世界を作っていました。気持ちのこもった演技に心が打たれました。

フェイ
3A美、3T+3T、3S。
大人の深み、秘めた情熱がみたいなものが感じられ、とてもすてきなスケーターになりました。故障があるのか構成にちょっと上限が…高得点は望めませんが、すてきでした。

木科君
今日も麗しい木科君。
3A美、3F美、コンボは間にオーバーターン。全体にキレのあるスケーティングでかっこ良かったです。
お〜今日もキスクラはイケメン度レベル4。

純也君
彼のスケーティングはとてもムードがありますよね。
3S+3T、3Lz、2A。
スピンこんなにうまかったっけ?ステップが美しく、そしてリリカルですばらしいな。

櫛田選手
スピードと流れのある演技はとても好感。
ジャンプも美しい。ルッツの転倒がなければねえ。

時國選手
レミゼの中でもStarsを選ぶのは珍しい。私も好きなんですが、ジャベールの曲だからね。
いい演技でした。得点はもうちょっと欲しかったな。

セナ君
3Aはオーバーターン。いろいろミスはあったけれど、16歳らしい疾走感、爽やかさがあっていい。

鍵山君
3A、3F、3Lz+3T、ジャンプはすべて成功。
元気いっぱい、踊りまくり!アピールポイント多数。
うはー最高に楽しかった!
74点で第二グループ終えて2位。

ショーマ
6分間練習で足を痛めた模様、以降ジャンプを跳びませせん。1番滑走なので時間がありません。
バー美穂子から出動!守護神は先代のママ!
4F美、目つきが鋭い。4T+2T美、後半の3Aオッケー!
全身からすさまじい気迫を感じます。背中が大人になりました。
ステップ後半でバランスを崩しかけ、痛めた足が辛いのかと思いました。
やりきりました、すばらしい内容で。終えてガッツポーズするショーマは初めて見ます。
102点!もっと出るかと思いました。
演技後のインタビューでは、集中力だけで乗り切った。痛めた足のことは今は話したくないと。言い訳にしたくないからと。
言い訳にというより、少しでも弱音を吐けば気持ちも弱くなってしまうのかなと思います。
今日は高橋選手に注目が集まり(昨年より)プレッシャーはいつもより少なかったと。

ヒロアキ君
守護神は舘ひろし。
男の色気があふれるプログラム、こんなにかっこいいのにジャンプがきれいにきまりません。

刑事君
4S転倒、3F+3T、3A。4回転が決まらない。他はとても良かった。
そしてスピンのレベル4がこの順位を支えています。

優君
3A、コンボOK、3Lzはちょっと危なかっったってけれど、全体が美しくまとまっています。繊細で表現がすてきでした。

ダイスケ
3Aがちょっとつまって焦る、3F+3T、3Lz。
気持ちが乗ってましたね、美しい演技でした。滑るたびにオーラが会場に振りまかれていくような。
音楽との調和、ステップの一つ一つ、所作の一つ一つに深い意味が感じられ、見応えがありました。タメが若い選手にができない美しいタメなんですよ。
キスクラはいい笑顔!
インビューでもいい笑顔!緊張はしていたけれど。アクセル降りたところで冷静になれた。こんな雰囲気の中でよくやっていたなと。今シーズンの中で感情を入れることができた。フリーは思いっきりいきたい。
別の番組では、この場所にとどまっていたい…だって!
友野君
4S<は大きく傾いて転倒、コンボOK、3A。サルコーの転倒以外は悪くないように見えましたが、スピンやステップの取りこぼしが痛い。そこが刑事君と違うところ。
気持ちのこもった演技はすてきです。けれども気持ちだけでは得点は出ません。
なにか、プレッシャーとか迷い、あるいはピーキングの作り方などに課題があるのかもしれません。

山隈君
3A、3Lz+3T、3F。
モダンダンスのような、前衛的な振付がおもしろい。これまでの山隈君の印象が変わりました。
こんな難しい曲、よくやるなあ、とても良かったです。

草太君
若武者のよう。袖についてるのは推進力を高めるヒレでしょうか?
3A転倒、3Lz+2T、3F
ステップが美しいですねえ!祈りにも似た神聖な空気が会場にあふれます。
ノーブルなスケーティングは草太君の持ち味。
最後のスピン前、両手を組むところにぐっときます。強い意志を感じます。

鈴木潤君
もう24歳か!?
継続の「月の光」、紀平さんは彼のプログラムを見て、月光を使いたいと思ったらしい。
3A、3F、3Lz+3T。
美しい、イーグルやツイヅルなど見所がたくさんあって、とてもすてき、キラキラしてました。

唐川君
常様が最終滑走とは〜。
ジャンプはまだ課題がありそうですが、スケーティングの巧みさ、滑らかさ、そして濃さは魅力です。この曲で音ハメはすごいです。
スピン前で転倒、ああもったいない。
キスクラはお久しぶりです信夫先生。

SP終えてショーマ、ダイスケで、3位に高志郎君!
刑事君、友野君は頑張らねばなりません。
番組最後、ショーマの演技を無良君解説で。無良君はいずれいいコーチになりそう。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示