FC2ブログ

2018全日本フィギュア 男子フリー ショーマ優勝、ダイスケ2位

2018年12月26日
エントリー・リザルト
フジテレビ 全日本フィギュア

唐川君
ラ・ラ・ランド。
滑りがねえとても濃いですよね。
上半身がもう少しバリエーションがつけば。

笹原選手
美しい空気感。後半の雄大さがすばらしい。
とても思いのこもった演技ですてきでした。

山田耕新選手
マフィアにしては華奢なイメージだけれど、大人だからこその演技はなかなか。

セナ君
遊びに来ていた妹が、イケメン、アイドル、モデルみたいとうるさい。
4S決まった。いいスタートでしたが後半につれミスが相次ぎました。3Aが2本決まったのは良かったです。3Aはずっとついてきますからね。

鈴木潤選手
イン・マイ・ライフからのビートルズメドレー。大人を泣かす気か?な選曲。
丁寧に気持ちを込めて演技。
メドレーだと何曲もある曲調の変化を表現するのが難しいですね。でもとても感じのいいプログラム、すてきな演技でした。

ヒロアキ君
南部美人所属って何度見てもむふふと思う(笑)
4T決まった!ミスはあるけれど、このプログラムはヒロアキ君のスケールの大きいスケーティングの魅力を存分に生かしていて本当にすてき。

佐藤駿選手
4T転倒、4T+2T、3A+3T、3A。14歳にしてすさまじいチャレンジ、攻めてます。まだまだ荒削りではあるけれど、将来が楽しみ。

純也君
こういう王道ロミジュリが最高に似合う。彼のロミオには、ジュリエットの存在が感じられます。
ミスが多かったのが残念。

フェイ
「ラ・ボエーム」オペラが似合うスケーターになりました。
ケガの影響で飛べるジャンプに制限があるらしい。
フェイにこれまで感じなかったロマンチックな雰囲気が。物語の世界を繊細に表現。すてきでした。

草太君
4T決めました!ついにここまで戻ってきました。
その後はミスもありましたが、完全復活も近いでしょう。
美しいスケーティングを堪能できました。

壷井君
3Aは高く跳んで転倒、すぐに3A+2T。
冒頭の3A以外はすばらしかった、立派です。スケーティングが本当にいい。
子供っぽかった容姿もどんどん大人に。

山隈君
彼のラ・ラ・ランドはダンサブルで楽しい。そしてスローパートの男の孤独感がとても生きてると思う。そして後半であの有名なサビ…完璧な曲構成。
そしてまた踊りまくる山隈君、元気いっぱい、そしてキラキラしてました。最高です。
いや〜いいもの見た〜!

友野君
4S+2T決めた!4S転倒、3Aから3連続、後半の3Aはステップアウト。
ステップやコレオのキレと熱さに彼の情熱が。
ミスも取りこぼしもありましたが、不調の中でよくがんばりました。トップ選手としての矜恃、胸が熱くなりました。

刑事君
4S+2S決まった!もう一本の4Sは2Sに。3AOK、3Aからの3連なんとか。
攻めのスケーティング、気迫です。彼のスケーティングは迫力がありますが、今日は一段と。
ミスはありましたが、今日の演技には引き込まれました。
そしてフリーは、わずか3点さで友野君の上に。細いところはいろいろありましたが、刑事君も友野君も2つの4回転のうち1本決めてもう一つ転倒しました。
2人の差はスピンと言い切ってもいいかも。良くなったとはいえもともとスピンが弱点だった刑事君、今季スピンに力を入れてきた努力が実りました。

鍵山君
初出場15歳が最終グループですよ〜。
3A+2T、もう1本の3Aは転倒。
小柄な体をいっぱいに使って、すごいスピードで攻めまくりです。後半も疲れが見えません。
全日本の男子に新しいエネルギーがチャージされました。

優君
ミスが続いて、あぁと思いましたが、後半は良くがんばりました。
ファンタジー世界のロミオ、とてもすてきでした。

ショーマ
ケガは隠しようもなく、見ていてハラハラしました。
4Fこらえ、構成を変えてきています。4Sは3Sに変更した模様。4Tステップアウト。このあたりで、順位はともかく今回は難しいかな?と思いました。
ところが後半になるにつれ、どんどん勢い、増していきます。
4T+2T、3連続をきれいに決まりました。
エレメンツ、スケーティング、音楽への貪欲な表現、そして気迫、全てにおいて王者の滑りでした。スケーターとしてアスリートとして大きく成長したように感じまし。
演技後、捻挫をし、棄権も考えていたことを話しはじめ…なんというかインタビューの内容も王者らしい風格が。
ケガをしたことで自分を信じるしかない状況になった、ある意味ケガに感謝、いい経験。
ケガに感謝したいって、たしかダイスケも似たようなことを言ってましたね。。

ダイスケ
4Tは3Tに、その後の構成のために3A+3Tはセカンドを2Tに。ジャンプは全体に危ういものが多かったです。
想定内ではあったけれど、4Tを練習で降りていても、本番で決めるのは難しいなと思います。
しかし表現は、スケーティングは、誰にも真似できないダイスケの世界。
なんだこのステップはこのポジションは。
後半はさすがにスタミナが…きつそうでしたね。
終えて悔しさをにじませてはいるけれど…いい笑顔!こちらは息を飲んでみてたんですが(汗)
表彰台はないと思っていたらしい。思いの外高得点で2位!うれしいけれど、フリー4位です。

高志郎君
冒頭の4Tは2Tに。 4Sは2Sに。大舞台で決めるのは難しい。またミスがあれこれあり、順位を落としてしまいました。
最終滑走、表彰台へのプレッシャーもあったと思います。それでも彼のスケーティングやパフォーマンスはとても好きです。
SPの貯金で、ジュニアでは1番、ジュニアワールドへの派遣が決まりほっとしました。

終わってみると、ショーマが貫禄の1位。2位にダイスケ。
ダイスケはワールドに代表を辞退、彼らしいなと思います。ミニマムスコアもとっていないので予想はしていましたが。
ショーマもダイスケも大会を終え、たくさん話をしてくれました。その内容がそれぞれ誠実で意味深く、本当にかっこいい。コーチの話も心にしみました。

ダイスケは、こんなおれに負けてどうするのじゃ?という思いもあるでしょう。刑事君、友野君、そして他の選手は、ダイスケを超えてがんばってほしいです。
全日本の難しさを感じると共に、全日本にしかない感動をしみじみ味わっています。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 夕凝り | HOME | 南天の紅葉 »