FC2ブログ

フィギュアスケート界、白鳥分類

2010年07月13日
BSフジ「DOI 2010」完全放送は良かったですねえ。
町田君もちゃんと放送されたし。

いきなり「私の優しくない先輩の提供で…」って何!?
…と、ぎょっとしましたが、なんだ映画のタイトルか(汗)
そんな提供ぢゃなくて!…いや優しくない先輩もいいんですが(汗)
ゆうパックの提供でダイスケCMをバンバン放送してくれていいんですが…しっかりしろゆうパック!(時節柄ゆうちょ含む)

副音声は会場音のみ、これは最高。
ダイスケは、ランビとのコラボという話題性があるからですが、演技中ランビ、ランビが…と耳元で言われ続けると…何となく冷めます。
ダイスケやランビのインタビューも長かった。
ランビ「(ダイスケと)素晴らしい時間を過ごした」なんて聞くとドキドキしますね(爆)

真央ちゃんのショパンも、実況なしの方がずっと引き立ちます。
インタビューでは「ショパン生誕200年」の話が…やはり。
アナが二十歳の夢を聞く。
「…酔いつぶれてみたい」と、真央。
…そんなん言うわけないです!すまん。

ところで、ジャンプの調子があまり良くなかった羽生結弦選手の「白鳥の湖」、改めて素敵だなと感じました。
フィギュアスケート界には、王道から異端まで(汗)いろんな白鳥がいますね。これは生物の多様性でしょうか?(爆)
何となくスケート界の白鳥を分類したくなってしまいました。
といっても何事もアバウトな私、「白鳥の湖」(チャイコフスキー)、「白鳥」(サン=サーンス)、カテゴリー、年齢・性別・経歴不問で(笑)

そこの人、だから何だ…とか言わないように!(爆)

フィギュアスケート界
鳥類 ハクチョウ科

○コンサバ系(原産地/ロシア)
オクサナ・バイウル
1994リレハンメルOP FP「白鳥」(動画はEX)
クイーン・オブ・スワンというなら、やはりバイウルですね。
ドラマチックなバレエの世界、私もあのインパクトは忘れられないです。

中野友加里 
2007 MOI「白鳥」
王道のプログラムがこんなに似合うとは…と目からウロコ。
競技ですとどうしてもエレメンツに向かう強気が先に来るけれど、EXの中野さんは表現力が倍増で美しいです。

アリッサ・シズニー
2008-09 SP「白鳥」
出た、オオハクチョウ!
こちらも王道ですね。プログラム曲を知ったときから、ぴったりに違いないとわかりました。
美しいですねえ。
このSPとFP「ドクトル・ジバコ」で全米制覇したんですよね。

マリア・ブッテルスカヤ
1999ロシアナショナル FP「白鳥の湖」
私の記憶に残る白鳥、おお~動画がありました。
このころトップ選手の中で最年長かな?くらいですね。
きれいなお姉さんでした。衣装も自分がデザインしていたと思う。

アルテム・グリゴリエフ
2008-09 FP「白鳥の湖」
2009ジュニアワールド3位、男子の白鳥にしては逆に新鮮な王道…というか王子プログラムはさすがロシア。
後半ちょっとへたってますが、美しいですね。
すっごい変形イーグル、ショーマならできるかな?

○ハイブリット/アバンギャルド系(生息地/日本)
荒川静香 
2003-04 SP「白鳥の湖」
この白鳥、最初に見た時はびっくりしました、モダンバージョンはまだ慣れてなくて(汗)
女性でもこういうのありなんだ!と。
変更前の皮の衣装もかっこ良かったですね。
それまで、どっちかいうと薄味かな~という荒川さんの印象が変わったんですよ。
パワフルですよねえ。

高橋大輔
2007-08 SP「白鳥の湖」
初披露をライブで見たときの印象が忘れられない。
できたてのプログラムでグズグズだったんですけど、みんな総立ちでしたね。
これ以上激しい白鳥のプログラムは…まだない…ですよね。

○癒し系(生息地/ナゴヤ)
浅田舞 
2006 FP「白鳥の湖」
曲のどの部分を使うかでドラマチックになったり、悲劇に変わるんですが、舞ちゃんの白鳥はどこまでも優しさがあふれる白鳥、彼女のイメージにぴったりですね。

○祈り系(生息地/天空)
太田由希奈
2006 DOI「白鳥の湖」
所作の美しさは、今見てもうっとりですね。リンクの太田さんは、祈りを捧げているように見えます。

○巫女系(生息地/ユーラシア大陸)
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
2009-10 SP「白鳥」
川口さんのすごい時は、何かが降りてくる感じがします。

○ひよこ系(原産地/ナゴヤ)
村上佳菜子 
2009-10 FP「白鳥の湖」
そりゃ勢いはあるけれど、他の白鳥さんたちに比べると幼い。
もっと大物になって欲しいので、今は「ひよこ」で(笑)

○ビュンビュン系(渡り鳥系)
村主章枝 
2003 FP「白鳥の湖」
白か黒の衣装が定番の中、ブルーの衣装は珍しい。
飛ばしますねえ!スピードと軽やかさが気持ちいい。
しかし、ステップやつなぎは今の方がずっと見応えありますね。

○気合い系(生息地/北米)
サーシャ・コーエン
2003~2004FP「白鳥の湖」
新体操っぽい感じもするかな。SPのマラゲーニャが強気な女って感じで良かった年。
今思っても、この2004ワールドのFSは良かったんですよ。ただねえ、この時は荒川さんがとにかくすごかった。

○ひたむき系(生息地/日本)
町田樹
2008-09 FP「白鳥の湖」
少年っぽい白鳥、一途でひたむきな心が伝わってきて、胸が熱くなります。

○幻惑系(原産地/宇宙から飛来?)
ジョニー・ウィアー
2005-06 SP「白鳥」
キラキラジョニー、トリノOPの白鳥はエレガントでしたね。
赤いくちばしの衣装も印象的でした。

羽生結弦
20010-11 SP「白鳥の湖」
琴の音が幻想的、この妖しい魅力はいったいどこから?
くれぐれも美少年に惑わされぬようご注意!

柴田嶺
2008-09 FP 「白鳥の湖」
動画は見つかりませんでしたが、たぶんこの分類でいいハズ(笑)

○イロモノ系(生息地/特定できず)
デニス・テン
THE ICE 2009 「白鳥の湖」
素晴らしいエンターテイメント!
しかし、新入社員の宴会芸、または文化祭ノリって気も(笑)

○群系(原産地/ロシア)
ロシア
2009シンクロ世界選手権 FP「白鳥の湖」
さすが本場の白鳥、バレエの舞台のようですね。

もっとたくさんの白鳥が生息していると思いますが、私の記憶の白鳥と、今現在動画が見られるという基準で選びました。
王道、といえる白鳥は意外と少ない。
日本男子の白鳥、ダイスケ、町田君、ゆづ、3人いるのは濃度高いような…。

関係ないですが、ダイスケの20084CCの動画を探していたら、ESPNの動画に日本語字幕を発見、知りませんでした。映像はカクカクしてますが、実況の「こりゃ勝てないよ」みたいな内容が、ダイスケファンには気持ちいいかも(笑)
ESPN 20084CC  SP  FP
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
先日は紛らわしいキノコの話で失礼しました。
そうです。「見る方のキノコ」でした。
「食べる方のキノコ」も好きです(笑)

最近はマッシュルームじゃなくて、舞茸?山伏茸?って感じのゆづ君ですが、「白鳥の湖」、私も好きです。
特に三連続ジャンプのところが音楽とも合っていいなと思ったんですが、競技の時に決まらないとツライかなと。
びしっと決まれば、全体的な印象もよろしいかな~?と思ったんでした。
あと、スピンしながらのツイズル?
回りながら回るみたいな。あれも好きです。

大ちゃんの「白鳥の湖」を初めて見た時は衝撃でしたね!私は度肝抜かれて立ち上がれませんでした。
もう生で見る機会はないんですかねえ?

こんなにたくさん動画を集めて頂いて、堪能させて頂きました。
できればもう一回見たいと思ってるのは、COIで見たレナ&ジョンの「白鳥の湖」です。
他で披露したかわからないし、動画は無いと思いますが。
>のしさん
やはり「見る方のキノコ」でしたか(笑)。
私は「見る方のキノコ」では、リンクにいるキノコも、山にあるキノコも好きなんですが(笑)、見るだけならいいんですが、キノコを食べるのは実はちょっと苦手なんです。

ゆづの「白鳥の湖」はいいですよね。パーフェクトが楽しみです。
バイウルの白鳥も、ダイスケの白鳥もすごいけれど、広い意味であれを越える白鳥プログラムを、みんな目指して欲しいですよね。

白鳥のプログラムは、今だと本来の意味は関係なくて、なんでもありなんで比較の意味はあるのかとも思ったんですが、並べると結構楽しいですよね。
思ったよりたくさんリンクできました。楽しんでもらえたらうれしいです。

管理者のみに表示