FC2ブログ

梅が香る里

2019年03月05日
2019022332.jpg

人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける
紀貫之 古今和歌集

人の心はわからないけれど、昔なじみのこの土地では、梅の花が昔と変わらず美しく咲いています。
貫之が久しぶりに訪れた宿で詠んだと伝えられています。
「ふるさと」は出身地のことではなく、昔なじみの場所、懐かしい場所という意味になるらしい。「香ににほひける」は、この時代では「美しく咲く」という意味だと…ついこの間学びました(笑)

2019022327.jpg
関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示