FC2ブログ

世界フィギュア2019 男子SP ネイサン強し

2019年03月27日
リザルト
公式サイト フジスケ

エイモズ
4T決まったことが大きいのだけれど、とにかく動きが楽しい。しなやかでアクロバティックで。そして俺を見ろオーラ。楽しかった〜。
PB88点!おおー出た〜。

ミハル
4Sつまり+2T、3F、3Aこらえ。ちょっとあぶないところがあったかな。
ラファのところに行ってから、全体を通して見栄えするというか、つなぎがいいですよね。所作が洗練されてかっこいい、スピンのラインも良くなりました。

ジュンファン
4S、3lz+Lo、3A転倒、転倒以上に回転不足やら、いい時のキレがなかったあ。どうしたんでしょうか。
(直前に靴が壊れ、また足も痛めたらしい)

刑事君
2Sノーカン…ああ、またしても入らない。
他はとても良かった。かっこいいですよね。3lz+3T、3Aの大きさと美しさよ、音楽とぴったりはまってほれぼれします。

ナム君
4S+3T、3A両足、3F。
滑り込むうちどんどん良くなっている印象。シナトラのエンターテイメント、小洒落た雰囲気が出ています。
もう少し得点出るかなと思いましたが82点、スピン、ステップのレベルもあるかな。

ボーヤン
黒衣装に金のエッジが目立つ。
4Lz転倒、4T+2T、3A。ジャンプが高い。スピンが早くなったような気がする。
やっぱり、ちょっと荒っぽい感じはするかなあ。まあ、ベストには遠いので。

デニス
3F美、3A転倒、2lz+3T。う〜ん、4回転なしで2ミスは厳しい。
個性的でとってもおしゃれなプロ。見所たっぷり、滑りも年々エレガントになっているんですが。
74点、なんとかフリーに進めるって、あーそんな位置か(汗)

マッテオ
白シャツが美しい。滑りが美しい、音楽が美しい、指先が美しい、肌が美しい。
4T美、3A美、3lz+3T美。
美で埋め尽くされたSPでした。なんとまあ、お見事!
93点!マッテオがここまでのレベルに来ましたよ。

ビチェンコさん
4Tお手つき、3A、3lz+2Tコンボはややみだれ。
ベストではないものの、このところの不調を思えば、かなりいい。まだまだいけそうなビチェンコさんでした。

ヴィンス
4Lz+3T決まった!4Sややこらえ、3A。そろえました〜!
得点出るまでは心配なんですが…ちょっと引かれても94点!もうちょい音楽の伸びやかさがあればすてきんなだけど。
キスクラのローリーにすごいカンロクが(汗)

サマリン
4Lzは2Lzでノーカン、4F+2T、3A。うわーこちらも2つの大きなミスが(汗)
しかし、ミスをしてもスピンやステップはしっかり、あきらめないのが今季のサマリンです。78点。

羽生様
4Sは2Sでノーカン、3A、4T+3Tやや乱れ。
スピンはいつもながらすばらしい、ステップは情熱的に。ジャンプは彼の比であまり良くないないのだけれど、十分すごいか(笑)
スケーティングにパワーがありながらも優雅、音楽への寄り添い方がすさまじいですねえ。
ノーカンあっても94点、すごいな、わかるけど。
演技直後のインタでは、(ミスしたことによって)がんばる感?がでて、自分らしくないみたいなことと話してました。ああそうですね、難しいことを、さらっとやってのけるクールな演技が彼ですもんね。

ショーマ
4Fは回転不足で転倒でー5、4T+2T(確実さをとったらしい)、3A美。
スピンのスピードとパワー、バネがあるようで見応え、かっこいい。ステップの鬼の気迫に圧倒される。
91点…転倒とセカンドの2Tだとこれくらいか。
濃くディープなスケーティング、凛々しさと険しさ、挑戦的であり焦りもあり、こんな大観衆のなかにいるのに孤独感も伝わってきたり。複雑に絡み合い、様々な感情が現れる、完璧でないからこその不思議な魅力がある演技でした。
91点はトップクラスがひしめく中では厳しい…なんとか最終グループに残り、ほっと。

ジェイソン
出だしからすばらしい世界観、3F、3A、3lz+3T。4回転なしでの到達点という内容。
とても音楽的、どこをとっても美しい。シャープなつなぎ、手足が長くなったのかと思うほど、身のこなしが優雅で洗練されています。
96点!ヒャッホー!

コリャダ君
不完全な3T、3lz++2T(最初が3Tだったので2Tしかつけられない)、3A美。
不本意な内容でもスケーティングは最高、やっぱり好きだなあ。
絶不調を思えば、こんなもんかって雰囲気もあるキスクラ。84点。

キーガン
4T転倒、3A、3lz、リラックスしてるように見えたんですが、ワールド最終グループの緊張かな、スケーティングののびも今ひとつ。

ネイサン
3A、4Lz、4T+3T。4Fの予定は調子が良くないので4Lzに変更したって〜、なんじゃそりゃ(笑)
完璧!終始余裕、美しいスケーティングにはスピードもあってかっこいい。スピンやステップもすばらしい。
なんでしょう、この余裕、安定感、そして笑顔。限られた練習時間でここまでの演技、あっぱれです。
107点!…120点くらい出るのかと思ったよ、あれ、おかしいこと言ったかな自分(汗)

ネイサンが2位以下に10点以上の差、3位のゆづには13点差をつけて1位。
フリーに向けて、かなり余裕をもって臨める好位置に。ネイサン強いです。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 3月の空 | HOME | 凍み餅 »