FC2ブログ

世界フィギュア2019 男子フリー ネイサンさらに強し!

2019年04月02日
リザルト
公式サイト  フジスケ 

ラトデニ
うーん、ジャンプがクリーンに決まらない、4回転はともかく、他は決めたかった。プログラムはこんなにすてきなんですが。
でも日本でラスト・サムライの演技が見られことはうれしいです。

刑事君
なんと第1グループ。
4S+2T、もう一本は3S、3Aも2本入りました。ミスもあるけれど、勢いあるし、とてもすてきな演技。スピンは年々美しさを増してます。
後半の盛り上がりに会場も盛り上がって、会場のパワーが刑事君にチャージ、みんなで盛り上げました!すごく楽しかった!
まだまだでしょうけれど、母国開催の良さを感じたんじゃないかな。

キーガン
決まったジャンプはほれぼれする美しさ。
4Tは不完全な3T、3A転倒は痛い(涙)後半に4T+2Tなんとか決めた。
大舞台に飲まれてしまったかなあ。いい時のウキウキ感、楽しさ、ユニークな表現が今ひとつ。後半はがんばった。
でも、キーガンを生で見られて私は幸せ、キーガン好きです。

リトヴィンツェフ
王子、実際生で見てもひときわ王子の雰囲気でした(笑)
4T、3A+3T決まって、おお〜。後半はちょっと疲れてきたかな。

マヨロフ
本当に引退しちゃうのか。
4T美、ミスも多いけれど、勢いあります。歳を重ねたなんとも言えない味わいがあります。
後半はネクタイが金に変わって、弾けちゃうよ!キャリアを重ねても小芝居してくれるマヨロフはすてきです。

ナム君
今日会社で部長に怒られたんだよ…的な始まり。ラ・ラ・ランド。
4S+3T。4S、4Sは絶好調ですが他が…中盤はどうしていいのかわからない感じ。うーん、スケーティングもちょっと。残念でした。
…え?来年のカナダワールドで、カナダ枠危機?(汗)

ジュンファン
全体的に良くないでが、故障や靴トラブルとのことなので、しょうがないです。来季また頑張りましょう。

コリャダ君
4T+3T、4Tステップアウト、3A+2T、後半の3A決まった!
ベストではないのですが、キレのあるスケーティングと所作がかっこいいのなんって!音楽の乗り方も最高。コリャダ君らしさが出せたと思います。
全然うれしそうじゃないキスクラ、できたら最終グループで演技して欲しかったですが、今季はいろいろありましたからね、でもすごくいい演技で終われて良かった。

クヴィテラシビリ
よく頑張ったと思うけれど、ミスをしてしまうと完成度が崩れて、どうしても評価が下がってしまう。もっとできると思うけどね。
コリャダ君の後だと大味に見えてしまう。

ラズキン
がんばりましたねえ。一本調子になってしまうところがちょっと残念かな。

エイモズ
すごくかっこいいの大人プロ。ただ、ミスをしてしまうと、だんだんと高まっていく曲の雰囲気を維持するのが難しい。
よくがんばったと思うけれど。

ボーヤン
4Lz決まった!4T+2T、3Aからの3連、4Tこらえ、3Aこらえ…。
ミスも細々あるんですが技術点はさすが95点。ボーヤンらしさがだいぶも戻ってきました。
後半のフラメンコ、コレオは激しさだけでなく、もう少しなんかあるんじゃないかなと思います。
ただ大人のスケーターになってきたなあと、背中からあふれる表現にそう感じます。

ミハル
4S+2Tかっけー、3Aも決まってパーフェクトペース…と思ったら3Fからの3連で転倒、この得点入らなかったのは痛い。
しかし、とにかくかっこよかったよミハル、これぞ大人の表現力。

ヴィンス
凛々しい。4Lz+3T、4S、4T、3Aも2本決まりました。うわーすごいの来た〜。
ちょっと引かれたところもあるけれど、やりきりました!技術点は99点、惜しい。
SB281点、これは行けちゃう?

ショーマ
4S<両手つき、4F<両手つき、4T美、後半4Tこらえこんぼにならず、3A、3Aからの3連、3S+3T。
転倒にはなりませんでしたが、大きなミスが3つでTESは伸びません。見ている方としても、冒頭2つのミスで、これは厳しいかなとわかってしまいます。
ただスピン、ステップのクオリティは落とさない、ディープでスピードのあるスケーティングはショーマだけのもの、さすがです。
自分にプレッシャーのをかけて、期待も受けて、なかなか難しい大会だったと思います。
力を出し切れなかった、これが今の実力かもしれません。周りのレベルアップもすごいですからね。
ただ一ファンとしては、ショーマのスケートはすばらしいと思う。
そして競技と言う意味では、今回はもっとキツイ結果になってしまうかもと覚悟はしていたので、その意味では上々かなと思っています。もっとできるのはわかっています。自分の弱さを知ることも、全ては経験として、次の伸び代として…また強くなってくれればいいのです。

マッテオ
最終グループなのに変衣装(汗)マッテオはもっとおしゃれな子だと思ってたよ。
4T転倒、他はよくがんばりました。
SPの時のような、会場を引き込む伸びやかさがなかったのが残念。いっぱいいっぱいだったかな。

羽生様
冒頭の首のくいくいがゾクゾクするほど個性的。
4Lo、4Sこらえ、後半4T美、4T+3Aシークエンス、3Aからの3連。
ジャンプが決まるたび、会場が熱狂、勝利を確信していく。
すごいです、やっぱり彼はすごいですねえ!
ジャンプは決してベストの出来はないのですが、スケーティングのオーラ、インパクト、眼光の鋭さは王者のものだと感じました。
そして、熱狂の会場、リンクはプーさんの海に(汗)
こりゃ大変、後で聞いたところでは、次のネイサンのコーチ、ラファが回収まで時間とって欲しいと言っておいたとか(正解!)
フリー206転倒、トータル300点来た!当然か(笑)

ネイサン
静かな高まりのなかから…4Lz、4F、4T、3A、ステップ超絶美しい、4T+3T、3Lz+3T3F1+3S。すべてのジャンプ、エレメンツががっつり加点のつく内容。本当に4回転?3回転じゃないと思うくらい軽々決める4回転、危ないところが全くありませんでした…すさまじい。
あのオーラ全開のゆづのあとに、惑わされることなく、こんなすごいことができる選手がいるとは!?…いたんですね(笑)
TES121点って、もう笑うしかない。フリー216点、トータル323点、全米に続いて、うひゃっひゃ〜。

ジェイソン
4S転倒。他にもミスがあり、ちょっと残念。
しかし、いいですねえジェイソンのスケートは。
ジェイソンらしさがありつつ美しくしく進化しているスケーティング。流れと緩急の伸びがとてもきれい。
ゆづとネイサンの凄まじさの後、クールダウンしてるような気持ちに一瞬なってしまって、とてもすてきなのに申し訳なく思いました。
まだまだいけますジェイソンは。

ネイサン圧勝、ワールド連覇です。今のハイレベルな男子の中で連覇ってすごいことです。
すさまじい戦いでしたね。この場に立ち会えて幸せです。
ゆづの演技中はジャンプが決まるたび大歓声、エンディングに向かって会場が熱狂していったのですが、ネイサンの時はすごすぎて言葉でない、みんな固唾を飲んで見ている、終えてスタオベしつつも、どこか放心状態(笑)
万全とは言えないゆづとしてはまあしょうがないかなと思いますが、 火に油注ぐようなものか(笑)
ネイサンは大学生活によって新しい価値観にも触れ、フィギュアスケートにいい結果をもたらしたよう。特にメンタルに、忙しくも上手く切り替えができているんですね。

ヴィンスもようやく報われた気がします。表彰台おめでとう。
ボーヤンもコリャダ君も、シーズン最後にいい演技で締めてくれてよかったです。

ショーマは長いシーズン、心も体も大変でしたが、こういう経験からでしか学べないこともあるんですよね。必要な経験なんだと思います。彼のすごさと魅力はこんなものではないのは、皆知っています。体も心も大事にして、なおかつ強くなってくれれば言うことない(笑)

高難度構成がすっかり当たり前になりました。みんなケガなど十分気をつけてほしいです。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示