FC2ブログ

オカメササ

2019年04月08日


古い墓地をうろうろしていた時に見つけた笹。
少し小さめの葉は、冬を越してもきれいな緑で、あまり見かけたことがありません。
帰宅して調べてみると、たぶんオカメザサ(阿亀笹)。庭や公園などの下草として利用されているらしい。墓地のオカメササも、下草対策として植えられていたのでしょう。

ところで「笹」という名前でも、オカメササはれっきとした「竹」らしい。
え?考えてみたら、竹と笹はどう違うのか?

竹(タケ)と笹(ササ)の違いを解説する - あの村

一般的には大きくなるのを竹、細くて小さく茂っているのを笹と認識していますが、どちらもイネ科ではあるけれど、竹と笹は別の植物なんですね。
七夕は「笹の葉さらさら♪」
私の好物竹の子は、もちろん「竹」
オカメササは竹だから、竹の子は出るんでしょうか?…出ても爪楊枝くらいの大きさかもしれませんが(汗)

2019040139.jpg

こちらは同じ日に撮った近くの公園のクマザザ(隈笹)
冬になると葉の周りが枯れて、美しいコントラストを作ります。


関連記事
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示