FC2ブログ

コズミック フロント☆NEXT▽プラネット・ハンター 地球外生命探査の最前線

2019年05月21日
コズミック フロント☆NEXT
プラネット・ハンター 地球外生命探査の最前線
BSプレミアム 初回放送 5月16日(木)22:00〜
再放送 5月22日(水)23:45〜
地球外生命が住む惑星を探す科学者たち、それが「プラネットハンター」。新進気鋭の惑星科学者・成田憲保氏は、太陽系外惑星の探査を担うプラネットハンターだ。分かりやすい語り口で一般向けの講演会は女性を中心に満員になるほどの人気。次世代のサイエンスコミュニケーターとしても大きな期待を集めている。成田さんをプレゼンターとして、地球外生命探査の最前線にいざなう!

子どもの頃からSFをたくさん読んできて、宇宙人にはわりとなじみがあるのですが(笑)、では、いざ宇宙人に会えるのかというと、まあそう簡単ではあるまいと(笑)
実際に地球型の惑星がある確率は、天の川銀河だけでも(星の数ほど!あるので)高そうな気もしますが、宇宙はとにかく広い…広すぎて、遠すぎて、人の寿命のスケール、時間ではたどり着けそうにない、光速で移動できる手段でもない限り…そこに生命体がいたとしても、今のところ会えそうにないのが現実です。

そんな夢物語だった宇宙人との遭遇に一歩近づいたかも?しれない、宇宙をめぐる最前線が今回の番組。
プラネットハンターの目的は、太陽系外で地球っぽい惑星を探すこと、できたらそこに生命体かその痕跡をみつけることです。
出かけるのは大変なので(爆)観測でです。
その観測技術がすごいですねえ。ここまで来たのかと感動です。
例えば40光年も離れた位置で水が液体で存在する環境(ハビタブルゾーン)の岩石惑星を観測だけでいくつも発見。恒星の光の増減、惑星の色によって惑星を構成する成分まで推測できるのがすごいです。
ただ、太陽のような重く明るい恒星は少数で、もっと小さい恒星である赤色矮星で地球に近い岩石惑星が見つかっています。温度の低い赤色矮星のハビタブルゾーンは、恒星にとても近いため特殊な環境でもある。それでも生命は存在できるのでは?とういうのが最近の研究です。

生命を育む環境と言っても、ワレワレハ…で始まる異星人ではなく(笑)バクテリアレベルからの話です。
たとえ生命を育む環境があったとして、そこに知的生命体が進化するには何万年もの安定した環境が必要です。太陽系には始終飛んでくる小惑星や隕石を吸収してくれる木星のような巨大惑星がある。また地球には太陽風から守ってくれる磁場があります。
そう考えると、やはり難しいか?
人類が将来住むことができそうな惑星はどれくらいあるでしょうか?地球は稀有な存在、そういう説もあります。
ぶっちゃけ、地球型の惑星にワレワレハ…と言いかねない宇宙人がいたとしても、やっぱり遠すぎてそう簡単には会えそうにないですが。

スターウォーズのような星間戦争や異星人が集う酒場、そんな光景はいったいいつ見られるのか、見られないのか?
道のりはまだまだ遠い…。
そのぶん妄想が膨らむので、それはそれでいいんですが。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 葱坊主 | HOME | すみれ »