FC2ブログ

秋待草

2019年06月14日


水かけて秋待草のよなよなに露とみゆるはもしほたるかも
藤原基俊 蔵玉和歌集

水の入った水田で、夜な夜な露に見えたのは、ひょっとしたら蛍なのかも。

「秋待草(アキマツグサ)」は若い稲のこと。稲にはたくさんの呼び名があるようで、そのうちの一つ。
手をかけて、秋の実りを待つという気持ちが伝わってきますね。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示