FC2ブログ

GPS2019 男子 アサイン見ただけ予想

2019年07月09日
昨シーズンは、複数種類の4回転を含めた高難度構成を、加点のもらえるクオリティで決められるかどうか、それが思い知らされました。
トップ選手では、PCSの天井が見え、満点続出となってもおかしくない今、ジャンプの基礎点とGOEがポイントにならざるをえないということでしょうか。
全体的にジャンプの難度が上がっているので、4回転1種類ではちょっと弱いかも、そして難度を落としてノーミスでも表彰台にたどり着くかどうか?
ただシーズン序盤のGPSですと、表彰台候補が高難度構成で総崩れ!(汗)…なんてこともあるので、ノーマーク選手にもチャンスがありそう。
あとは、せっかく4回転決めたのに、3Aでミスなんてことのないように。

●Skate America
 Las Vegas, NV / USA October 18-20, 2019
Keegan MESSING (CAN)
Boyang JIN(CHN)
Michal BREZINA(CZE)
Romain PONSART (FRA)
Koshiro SHIMADA(JPN)
Kazuki TOMONO(JPN)
Junhwan CHA(KOR)
Dmitri ALIEV(RUS)
Roman SAVOSIN (RUS)
Jason BROWN(USA)
Nathan CHEN(USA)
TBD(USA)

優勝候補筆頭は、ワールド連覇のネイサンでしょう。
表彰台争いにボーヤン、ジュンファン、続くのがジェイソン、ミハル、キーガン、もしかしてアリエフ、友野君かな?

ネイサンは心配されていた学業との両立が、全く問題ないことを証明した昨シーズン。あれほどの高難度構成をクリアに決めるとは…しかも美しいスケーティングも犠牲にせずに…ワールドはあっけにとられて見てました。
効率のいいトレーニング、大学進学によって開けた新しい世界、そしてワールド連覇という自信と気持ちの余裕、大人になったということも大きいと思いますが、まあ優秀だってことか?(笑)
短時間で効率のいいトレーニングであれば、疲労によるケガのリスクも減ると思うので、学びたいところです。

複数の4回転と言えばボーヤン、昨シーズン苦戦したボーヤンが復調してくれば、表彰台は固そう。ただシーズン前半が安定してるかというと心もとない。
あるいは、伸び盛りのジュンファンが、故障もなく2種類4回転を決めるくらいになっていれば、かなり期待。

ジェイソンも4回転まであと少しだと思うですが、決まるといいなあ。今季もプログラムが楽しみです。
キーガン、ミハルも安定した演技ができれば表彰台はかなり近いです。そいう意味ではポンサール君もサボジンも期待。

友野君とアリエフにもがんばって欲しいです。二人とも苦労したシーズンを糧にして成長していればいいんですが。本来複数の4回転を決める実力を持っていますが、昨シーズンを考えると、ここで強く押すのはためらわれるかな、すまん。

高志郎君は4Tと3Aの安定感がまず基本、クリアに決めてどこまでいけるか、今季はチャレンジの年、臆せず実力を出し切ってほしいです。

予想順位 ネイサン ジュンファン ボーヤン

この3人がカギ、あとは大混戦。まずはSPで出遅れないように。

●Skate Canada Int.
 Kelowna, BC / CAN October 25-27, 2019
Brendan KERRY(AUS)
Nicolas NADEAU(CAN)
Nam NGUYEN(CAN)
Roman SADOVSKY(CAN)
Paul FENTZ(GER)
Matteo RIZZO(ITA)
Yuzuru HANYU(JPN)
Keiji TANAKA(JPN)
Deniss VASILJEVS(LAT)
Mikhail KOLYADA(RUS)
Andrei LAZUKIN(RUS)
Camden PULKINEN(USA)

我らが羽生様が早くも登場。序盤は苦戦することも多いですが、優勝候補筆頭に変わりはありません。
表彰台にコリャダ君濃厚、3位以下は大混戦の予感、表彰台のチャンスです。

今季のゆづの構成が楽しみですね。先日はアイスショーで4Lz決めました。いやー3月のワールド後、難度を上げないと話し、4Lzやりますと言って、ここで決めてくるとはさすがです。
シーズン序盤なので、4Lz決めても他でミスなど、ノーミスではないかもしれませんが、まあまあの内容なら優勝は固そうです。

ここに迫ることができるとしたらコリャダ君だと、個人的に期待しています。昨シーズンは体調不良に苦しみましたが、今季は大丈夫そう。4Lzも復活させると言っています。
彼の4Lzは、ほれぼれするほど美しい…決まればですが(汗)
華麗、スタイリッシュなスケーティング、ジャンプの放物線はゆづに匹敵する美しさだと思います。
今季のSPはこれまで誰も使用していない曲だとか、楽しみです。彼には聞き慣れた曲ではなく、大人の選曲をお願いしたいので。

ゆづとコリャダ君で1、2と予想しますが、3位以下は…ねえ?(汗)
表彰台候補筆頭はマッテオかな。彼のスケーティングもとてもすてき、加えて4回転を決めれば、高い得点が望めそうです。複数4回転の話もしてます。

ナム君、刑事君、デニス、プルキネン、いずれもいい選手なんですが、波があるタイプなんで。まず4回転を安定させないことには評価の対象になれないくらい厳しい状況。
刑事君のスケーターとしての魅力も、プルキネン君の魅力も十分わかっているだけに、悔しい。
デニスもとにかくジャンプを決めること。

そんな中、ノーマークのラズキンが、するっとパーフェクトなら表彰台のチャンス。
ナデュー君が変プロじゃありませんように。
サドフスキー君は王子な路線でお願いしたい。
フェンツさん現役でうれしい。

予想順位 羽生様 コリャダ君 マッテオ

●Internationaux de France
 Grenoble / FRA November 1-3, 2019
Nicolas NADEAU(CAN)
Kevin AYMOZ(FRA)
Romain PONSART(FRA)
TBD(FRA)
Morisi KVITELASHVILI (GEO)
Daniel SAMOHIN(ISR)
Shoma UNO(JPN)
Alexander SAMARIN(RUS)
Anton SHULEPOV(RUS)
Sergei VORONOV(RUS)
Nathan CHEN(USA)
Tomoki HIWATASHI(USA)

フランスと言えばショーマ様の独壇場でお願いしたいところですが、最強ライバル、ネイサンもエントリー。やっぱり強いだろうなあ。
そこそこの内容なら、2人で1、2になりそう。
表彰台争いは混戦、読みにくい選手多数、エイモズ、クビテラシビリ、サモヒン、サマリン、ヴォロノフ…波が大きいんですよね(汗)

今は日本を離れ、ロシアのエテリ組で修行中のショーマ。ロシアにずっといるかは不明。
肉!肉!肉!誰か肉を!肉をロシアのショーマに!
…すみません、取り乱しました(汗)
ずっと同じコーチでと話していたので、マチコ&美穂子コーチを離れたことには少しびっくりしましたが、そういうことも考えないと…と思っていたファンも多いですよね。今までと同じ環境であることのメリット、振付含めて全て日本という誇らしさもありますが。
けれども、何かを変えなくてはならない…そうショーマが考えたなら、今がそういう時期なのだと思います。すぐに結果が出るかどうかはわかりませんが、あとは応援するのみです。
フランス大会には、ザギトワとコストルナヤもエントリーしてますから、リンクサイドにエテリが立つかもしれません。

サマリンのいい時はすごくいい…当たり前ですね。
クビテラシビリのいい時はすごくいい…当たり前ですね。
…以下同文。

樋渡君はシニアデビュー、ジュニアワールド優勝はすばらしい実績ですが、シニアとなるとまた別、とにかく思いっきり行くだけです。
レオノワの旦那ちゃんシュレポフも楽しみ。

予想順位 ネイサン ショーマ サマリン 

3位は意外な選手ってこともありそう。

●Cup of China
 Chongqing / CHN November 8-10, 2019
Keegan MESSING(CAN)
Boyang JIN(CHN)
Han YAN(CHN)
TBD(CHN)
Chih-I TSAO(TPE)
Matteo RIZZO(ITA)
Keiji TANAKA(JPN)
Junhwan CHA(KOR)
Andrei LAZUKIN(RUS)
Roman SAVOSIN(RUS)
Camden PULKINEN(USA)
Vincent ZHOU(USA)

優勝候補筆頭はヴィンス、そこに迫るとしたらボーヤンとジュンファン。
上位争いにマッテオ、キーガン、調子がよければ刑事君、プルキネン、ラズキンかな。
ヴィンスのリンクサイドには濱田コーチが立つはず…興奮しますねえ(笑)

ヴィンスはダントツの高難度構成となるでしょう。決められる実力があるのはわかっていますが、それを本楳で決められるか?欲が出るとちょっと心配。まあでも、多少のミスがあっても表彰台は固そう。
ボーヤンはフリー冒頭(たぶん)の4Lzをきれいに決めたら波にのれそう。ここであれってなると、なかなかねえ…。北京オリンピックに向かって、母国でいい結果残したいですよね。
ジュンファンは構成次第もありますが、周囲に惑わされず、きっちり自分のできることをやり遂げたら優勝も夢ではないと思います。一方で台落ちもあるかも。

ハンヤンが競技に戻ってきました!
競技を離れていたので、大きな結果を求めるのは早すぎると思いますが、ワクワクしますね。あの切れ味のいい4T、飛距離半端ない3A、見たいです。

マッテオ、キーガンにもチャンスあります。
刑事君も実力が出せますように。
プルキネンはノーミスなら表彰台だって夢ではないんですが、とにかく存在感を見せつけて欲しいです。

予想順位 ヴィンス、ジュンファン、ボーヤン、マッテオ、キーガン

うーん、けっこう予想が難しい。

●Rostelecom Cup
 Moscow / RUS November 15-17, 2019
Vladimir LITVINTSEV (AZE)
Nam NGUYEN(CAN)
Michal BREZINA(CZE)
Morisi KVITELASHVILI (GEO)
Kazuki TOMONO(JPN)
Shoma UNO(JPN)
Deniss VASILJEVS(LAT)
Dmitri ALIEV(RUS)
Alexander SAMARIN(RUS)
TBD(RUS)
Alexei KRASNOZHON(USA)
Vincent ZHOU(USA)

ロシアは女子だけじゃないんだよってところを見せないとならん男子です。
ですが…ショーマとヴィンスで優勝争いになりそう。コリャダ君はいなんですね。
ロシアに渡ったショーマのリンクサイドには、(スケカナではわからないけれど)エテリが立つはず…興奮しますねえ(笑)

ファイナルに進みたい実力者、ショーマとヴィンスはしっかり抑えてきそうな予感、1、2は固そう。
新しいチャレンジを考えると、ショーマに安定感があるかどうかはやや不安…そういう意味ではヴィンスかな。

3位以下は混戦、誰にでもチャンス!ナム君、ミハル、クヴィテラシビリ、友野君、デニス、アリエフ、サマリン…今回も大波小波の選手たち、場合によっては遭難もありそう(汗)
スケーティングならミハル、デニス、アリエフを押しますがそれだけでは上位は難しい今日この頃。
3Aはクリアに、4回転次第、4回転の本数次第、4回転のGOE次第…といったところか。

予想順位 ヴィンス ショーマ アリエフ

1、2は入れ替わるかも。
アリエフは希望をこめて、いい時のアリエフならいけるはず。

●NHK Trophy
 Sapporo / JPN November 22-24, 2019

Conrad ORZEL(CAN)
Roman SADOVSKY(CAN)
Kevin AYMOZ(FRA)
Alexei BYCHENKO(ISR)
Yuzuru HANYU(JPN)
Sota YAMAMOTO(JPN)
TBD(JPN)
Artur DMITRIEV(RUS)
Mikhail KOLYADA(RUS)
Sergei VORONOV(RUS)
Jason BROWN(USA)
Tomoki HIWATASHI(USA)

シリーズ最終戦はNHK杯。
王者羽生様と…あれ、かなりマニアックで日本大好きな面々(笑)

優勝はゆづが固いでしょう。表はしれっとクールに、心はガツガツ攻めてきそう。
シーズンが進み、完成度とオーラを増した演技を期待します。

ゆづに迫るとしたらコリャダ君。スケーティングは超一流、あとは4回転決まるといいなあ。
今回のエントリーでいくと、表彰台に近そうなのはジェイソンかな、4Tでも4Sでもいい、4回転決まるといいなあ。決まったらもうこっちのものです。ただ4回転や3Aで大きなミスをしてしまうと、順位はあっという間に下がってしまいそう。

草太君、実力でつかみ取ったNHK杯。これからが本番、攻めて攻めて、がんばって欲しいです。
ビチェンコさんエントリーで会場盛り上がりそう。笑顔で終われますように
ヴォロノフさんエントリーで会場盛り上がりそう。笑顔で終われますように
日系アメリカ人樋渡君、話題になりそうですね。
ドミトリエフ選手と言えば、4Aと3Lz+3Fコンボ、どっちか見られるでしょうか、楽しみ。

予想順位 羽生様(ぶっちぎり!) コリャダ君 ジェイソン
---------------------------------------------------
●ISU Grand Prix of Figure Skating Final (Senior & Junior) Dec 05 - Dec 08, 2019 Torino /ITA

ファイナル進出予想
ネイサン(1)(1-2)
羽生様(1−2)(1)
ヴィンス(1-3)(1−2)
ショーマ(1−3)(1−2)
(当落上)
コリャダ君(1−4)(2-3)
ジュンファン(2−4)(1-4)
ボーヤン(2−4)(1−3)
(もしかして)
マッテオ(2−5)(2-5)
サマリン(2-?)(3-?)
ジェイソン(3-5)(3−5)
キーガン(3-?)(3-?)
ミハル(3-?)
ラズキン(3-?)(3-?)
クヴィテラシビリ(3-?)(3-?)
アリエフ(3-?)(3-?)

ネイサンと羽生様は固いだろうと思います。
ショーマは拠点変更がどうでるかわからないのですが、エントリーを見ると表彰台は固そうなので。
コリャダ君やボーヤンは、読めないところありますが、シーズン序盤から絶好調ってあまりなかったような気がするので、当落上に。
ジュンファンの勢いはちょっと未知数、実力が安定してくれば常に表彰台に絡んで来るのではと予想。
勢いという意味では、マッテオ、サマリンも注目。
ジェイソンやデニスも期待はしているんですが、自力表彰台は避けて通れない4回転次第。
---------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2019/20
Men Ladies Pair Ice Dance
---------------------------------------------------
ISU World standings
Men Standings
Ladies Standings
Pair Skating Standings
Ice Dance Standings

Seasons World Ranking 2018/19
Men
Ladies
Pair Skating
Ice Dance
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
新しいシーズン
いよいよ始まりますね!
ショーマの東海卒業についての
ニルギリさんの感想を
聞きたかったので嬉しいです!
私は卒業したほうが良いのでは?
と思っていたので
ニルギリさんの感想は
意外でした~~~
とは言え、満知子先生が
ショーマを見守るお姿が大好きだったので
あの2ショット、美穂子先生との
3ショットが見れなくなるのは
残念ですが・・・・・・・
そしてニルギリさんもおっしゃる通り
オールジャパン体制が誇らしかったので
それはやはり残念ですが、
彼の活躍に期待しています。
やはりこのまま、エテリと組む。。
のでしょうか?

結弦くんが4ルッツをしたという
ニュースにもびっくりです!
彼は本当に本物のアスリートですね!
>sashaさん
コメントありがとうございます。

> ショーマの東海卒業についての
> ニルギリさんの感想を
> 聞きたかったので嬉しいです!

何書こうと思ううち、どんどん新しい情報が更新されて、出遅れてしまうこのごろです。
ショーマについては、やはりいろいろ試してみてほしい、もっと可能性が広がるのでは?…という気持ちはあったので、卒業が残念ということではないんです。
ただ、ショーマは自分がそう思わない限り行動を起こさないと思うので、外野があれこれ考えても…と。
今は彼自身を尊重しようという気持ちでいます。

> やはりこのまま、エテリと組む。。

卒業よりエテリと組むってことの方が驚きかも(笑)てっきり北米かと思ってました。
どうなりますかねえ。彼が今欲しているものに応えられるコーチとは?
あと、コーチなしは、いいことないように思うので、ちょっと心配です。

ゆづは。ここにきてまたパワーアップとはすごいとしか言えません。
4Aも早く見たいです。
まずは健康でシーズン過ごせるといいなと思います。

管理者のみに表示