FC2ブログ

選挙に行こう

2019年07月20日
7月21日は参院選です。
(前の国政選挙では)街頭インタビューなどで、投票に行きますか?と訪ねると、8〜9割が「行く、できるだけ行く」と答えるけれど、投票率はその半分くらいだとか。
「行かない」と答えると、突っ込まれそうだし、かっこ悪いので、建前で答えているのではないかと…なるほどねえ、行かないとは言いにくいですよね。

政治は私たち国民のためにあり、暮らしに密接に関係しています。
政治や行政はまかせきりではなく、常に批判や要望にさらされることで健全さを保つと思っています。
選挙は、私たちの気持ちや意見、意向を、国に伝えることのできる貴重な機会ですが、盛り上がらず、関心が薄いのはとても残念です。

選挙活動のあり方が、今の時代にどうかなと思うこともあるし、マスコミの報道もなんとなく及び腰で、つまらないものになっているような気もします。
因みにTVの政見放送(NHK)、スタジオの雰囲気がああも古くさく、暗いのはどうしてなのか?見る気が失せるというか。もう少し健康的な雰囲気のスタジオにしてもいいですよね。

皆さんは今の政治に満足していますか?
私には、表向きは平和でも格差は広がり、社会はどこか暗い。人は一見穏やかだけども、一人一人が生き生きとしているかというとそうではない、そんなふうに見えます。
ざっくりですが、もっと暮らしやすく、幸せな国になるために、政治に変化があっていいのでは?と感じています。少なくとも今の政権与党に、すっかり預けて安心とまでは思いきれません。
一方で、まかせてみたいと強く押せる政党があるかというと、こちらも微妙だし、数的にも難しいかなあと。

実際、自分の気持ちと100%合致する候補者や政党はなく…自分が立候補しないかぎり。どこかで妥協点をみつけることになります。
震災を経験し、私には、与党にも野党にも許しがたい人物が複数いるのですが、投票によっては、間接的に支持することになるかもしれませんが、それも妥協かなと。

国民の幸せという目標は、たぶんどの政党でも同じです。
いろいろな意見があって当たり前で、その上でまかせられるのは現政権しかないと考える人がいても、ありです。
今の政治に満足していないから投票に行くということではなく、満足しているならいるで、意思表示です。
高い関心があっての結果ならば、私の希望と違っていても、日本が望む方向がそうなんだなあということで、受け入れようと思います。

日々ネットびたりの私ですが、ネットばかりですと、つい自分の読みたい情報ばかりを集めてしまいます。そこでわかったつもりでいるのはとても危険です。
反対意見も含め、いろいろな意見を聞く、自分なりでいいから様々なアプローチで検証してみる。誹謗中傷やつまらない揚げ足取りに囚われない、そのような余裕を持ちたいと思っています。

国の未来を決めるのは私たち自身です。
ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、そこをよく考え、意思表示として選挙に行くべき、行って欲しいと思います。

参院選 2019 | NHK選挙WEB
参議院選挙2019 Yahoo!ニュース

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示