FC2ブログ

晩夏の山萩

2019年08月16日


かくのみにありけるものを萩の花咲きてありやと問ひし君はも
余明軍 万葉集

このように亡くなってしまわれるとは…「萩の花は咲いているか」とおたずねになっていたあなた様が。
萩を好んだ大伴旅人、旅人に仕えていた余明軍(よのみやうぐん)がその死を偲んで詠んだ歌。

猛暑の夏にも秋の気配が…、山萩が咲き始めていました。
園芸種の萩に比べると花も少なく、夏の濃い緑の中で地味な山萩、いつの間にか咲いていつの間にか終わっている、そんな秋の花です。

2019080421.jpg
関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示