FC2ブログ

JGP2019 第2戦アメリカ 駿君完全優勝、期待に応えたアリサ

2019年09月05日
Result
ISU Junior Grand Prix YouTube

佐藤駿
3A完璧、エレメンツはすべてプラス評価です。
冒頭の音楽への入り込み方がとてもすばらしくて、一瞬で引き込まれます。昨シーズンからわずか半年、こういう表現に成長を感じます。
スケーティングはジュニアらしいさわやかさに、キレとスピードがありよかった。フライングシットスピンのジャンプがボールが弾むように高い、まだ小柄ってところもこういう面では有利かもですね。小柄なら小柄の良さを男子も十分利用していいのかも。

ゴゴレフ
縦に伸びていてびっくり!美男街道まっしぐら。
ちょっと大人びた曲もいい感じ。ステップやスケーティングも大人っぽくなりました。
ノーミスでGOEは駿君を上回っていますが、2Aと3Aの差もあり、わずかに及ばず。

マリニン
3A完璧、コンボでちょっとつまり、3Loもちょっとつまり気味か。
スケーティングがまだちょっと幼いけどいい演技。

ルトフリン
3A乱れ、コンボなんとか、3Lo。エンターテイメントなプログラムは密度が高くてまだ大変そう。これを余裕で表現できるようになればかなり得点は出そう。そういう勝ちにいくプログラム。
ミーシン先生のところもいい選手が育ってます。

●男子フリー
ルトフリン
4S決まった!3A+3T、3A、大技が決まりましたねえ。後半につれあぶなかったり、ちょっとミスはありましたが、やりきりました。
プログラムはSPと同じでまだ余裕ない感じ。

マリニン
007、おお〜この衣装はジュベールリスペクト!ちびっこギャングみたいだが(笑)
3A+3T、3A…みんな大技決めてくるなあ。
後半はお疲れか、3Loはシングルに。
がんばりました。やっぱりちびっこな感じ。

駿君
音楽への入り込みがやはりすてきです。
4Sステップアウト、4T+3Tお手つき危なかった。しかしその後の4Tは完璧です。
3A+2T、3Aステップアウト。3Lzでひどい転倒。
冒頭のミスでこのまま大崩れか?と思いましたが、4Tがすばらしいできで、そのあともミスが続いたのは残念でしたが、よく耐え、がんばりました。
フリー1位は、ライバルのミスにもちょっと助けられたわけですが、流れのあるスピードに乗ったスケーティングは頭一つ抜けていたと思います。また、これだけミスをしても、ロミジュリの世界観を途切れることなく表現できたことも、すばらしいなと思いました。

ゴゴレフ
練習着みたいな衣装。
3A、4S、共に転倒。転倒以外にもジャンプが安定しないのは、成長期のせいでしょうかねえ。
一生懸命だけど、それじゃ得点につながらないからね。今はこらえどころかもしれまえん。

●女子SP
河辺愛菜 
浜田組の14歳。
スピードがあって、よく滑ってます。大きなミスはないけれど、ジャンプが全て危ないというか。なんか不安そうな感じが…。

タラカノワ
身長伸びた?元からか?頭が小さいからそう見えるのか?15歳、大人っぽくなりました。
きれいにまとまっていたのですが、最後の3Lzで大きな転倒、コンボにならず。うーん、こ

チ・ソヨン
13歳、プログラム、衣装、メイク、全てヨナリシペクトの「死の舞踏」
ジュニアとしてはスケーティングがとてもしっかりしていて、これから期待。
ノーミス、そして全てのエレメンツで加点もりもり、これはすばらしい。

パク・ヨンジュン
韓国もいい選手続々です。手足が長く、流れのいいとてもきれいなスケートなんだけど、上半がちょっとぎこちないのと、顎があがちゃうのをなんとかしたい。
高得点にびっくりのキスクラ。

田中梓沙 
この衣装はサーシャ・コーエンの「黒い瞳」を思い出しますね。プログラムはチャルダッシュのアレンジ「ジプシーダンス」
3Lzコンボで転倒、3Loはダブルに、2Aはすばらしい。ジャンプ2つ決まらなかったので、得点はしょうがないですね。
身体表現やスケーティングはとてもいいのに残念。スピンやステップもとてもすてきでした。
もっとできるはずだった…はず。切り替えて次へ。

アリサ
全米チャンピオンにして、ジュニアのスター登場、現状、最強ロシア女子にジャンプ構成で勝てそうなのは彼女。
よく滑って動いて、プログラムにマッチした、元気でかわいらしい表現が好感。こちらもワクワクしてきます。
ジャンプもいいけど、トータルでいいバランスの取れた選手。

●女子フリー
田中梓沙
エレガントなピアノの雰囲気が出ています。美しいスケーティング、透明感があってとてもすてきな表現です。
ジャンプがとにかく決まらないのでなんとも。
不調の原因はわかりませんが、次がんばりましょう。

川辺愛菜
まだブラックスワンか〜。スワンじゃだめなんでしょうか?
よく滑ってます、腕の使い方がブラックスワンのダークな雰囲気がでていていいですね。曲調が変わったときの表現はあとひとふんばり。
ジャンプの着氷で、腰がぐにゃっとなるところがはらはらする。このGOEマイナスがプラスになれば、表彰台も遠くない。

タラカノワ
大胆な柄の衣装。
とてもいい演技でした。欲をいえばもう少しインパクトほしいかな。
体が大きくなり大胆で大人っぽい表現になったけれど、ジャンプに以前の軽さがなくなったので、なんというか全体のバランスをこれからどう整えていくか…みたいな感じかな。痩せては欲しくはない(きっぱり)

アリサ
3A+2T、4Lz(GOE+2.30)、3A転倒、後半に3Lz+3T、3Lz+1Eu+3S。2つめの3Aで転倒。3Fに!はありますが、VBが2位以下の選手が60点未満の中、アリサのVBは70.41(驚)、TES80.14。男子トップレベルの構成です。
プログラムはジャンプに気をとられてしまうので、楽しむところまではなかなか(汗)でもスピンはとてもいいし、スケーティングがしなやかで気持ちいい。やっぱりトータルですばらしい。
フリーぶっちぎりで総合208点で完全優勝。

チ・ソヨン
アリサのインパクトのある演技の直後だったのが不運。会場の雰囲気に飲まれてしまったかな?
転倒はないものの、ジャンプがあちこち危ない。回転不足も。
全体に散漫な印象になってしまったのが残念。

パク・ヨンジュン
冒頭のコンボがきれいにきまりました。3Sでミスがありましたが、それ以外はクリーン、強いです。
加点もけっこうもらえて、フリー2位で総合2位おめでとう。

●アイスダンス
うたしん(吉田唄菜&西山真瑚)
うたしんって略称いいな。
結成1年のカップルとは思えません!吉田唄菜選手はダンスの選手として強化選手に指定されてましたが、西山真瑚選手は、拠点のクリケットクラブでアイスダンスを勧められ…
西山選手は全日本ジュニアなどで見ていて、いい選手だとは思いましたが、ここまですてきなカップルになるとは〜すすめたコーチの目のつけどころがすごいとしか(笑)
二人のスケートがとてもスムーズで、ステップを一生懸命こなしてる感じじゃないですよねえ。カップルとしてとてもよくなじんでいます。
吉田選手のきらきらした華やかさと西山君のさわやかさ。やっぱ西山君ですよね。立野在君を最初に見た時のときめきを思い出しました。美しいラインや、女性をエレガントな所作でエスコートする感じとか。
トップ選手とはまだ実力差ありますが、まだ1年目ですからね、期待しちゃいますよ。このままうまくいって欲しいですねえ!
RD6位、FD5位、総合6位、すばらしい。
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating 2019 / 2020
ISU JGP Grand Prix de Courchevel 2019
Courchevel / FRA 21.08.2019 - 24.08.2019
 Result
ISU JGP Lake Placid 2019
Lake Placid, NY / USA 28.08.2019 - 31.08.2019
 Result
ISU JGP Riga Cup 2019
Riga / LAT 04.09.2019 - 07.09.2019

ISU JGP Chelyabinsk 2019
Chelyabinsk / RUS 11.09.2019 - 14.09.2019

ISU JGP Baltic Cup 2019
Gdansk / POL 18.09.2019 - 21.09.2019

ISU JGP Croatia Cup 2019
Zagreb / CRO 25.09.2019 - 28.09.2019

ISU JGP Egna-Neumarkt 2019
Egna / ITA 02.10.2019 - 05.10.2019

STANDINGS 
Junior Men Junior Ladies 
Junior Pairs Junior Ice Dance
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示