FC2ブログ

エリック・ボンパール杯 女子シングル

2008年11月17日
ジョアニー・ロシェット選手は大好きなんですが、浅田選手の結果を知り、うなだれている私です。私ってこんなに真央ちゃん好きなんだと再確認した次第でして(苦笑)
しかし、地上波の番組構成には参りました。昔の映像も昨日のおさらいもいいって…。
いらん所をカットしたら、私は1時間4分になりましたが、1時間を切ったとの情報も…。
皆さんいかがでしたか?こんなこと聞いてどうするって気もしますが。

キャロライン・ジャン選手は、ずいぶん大人っぽい体形になってきましたね。急激な変化で苦労するシーズンかもしれませんが、総合3位は十分立派な成績だと思います。
ただねえ、ジャンプ前の腕の振り上げが気になりますね。昔からそうなんですが、子どもっぽい体形で手足も細かったせいで、それほど気にならなかったんですが、あのまま大人になってしまうのはどうかな、PCSに影響するのではと思います。

ジョアニーおめでとう、今年はいい年になりそうですね。
ミスを引きずらない、これが大きく成長したところですね。以前から実力は認められていたけれど、ちょっとしたミスで崩れてしまうことが多かった彼女は、昨シーズン位から徐々に安定してきて、今年はさらにパワーアップした感じです。努力ほか、いろんな要因があると思いますが、最近隣りにいることの多いシェイリーン・ボーンさんの影響もあるのかもしれません。自信に満ちて輝いてますねえ、強くて美しい、そしてかっこいい。
決して柔軟なタイプではないですが、柔軟だけが武器ではないことがわかりますね。いっとき、ヨナ・キム選手や浅田選手がこれからの目指す基準みたいになってたと思いますが、全く違う印象のスケーターがいるのはいいですね。
あとは欲を言えば、3(LzかF)+3のコンボ、シークエンスではなくてコンボがあると、よりエレメンツが華やかになるのではないでしょうか。以前はチャレンジしていたけれど、リスクが大きいからやめたのかな?20才過ぎて3+3のコンボマスターした自分を誉めてあげたいみたいなことを言っていたと思います。

浅田選手のSPを見て、ああ今年もか…と、誰もが思った…はず。
しばらく前に友人が、「自分が浅田選手のファンだったら楽なのになあ」と言ってましたが、世の中そんなうまい話はないのです、友人よ…(笑)
年々ジャンプの不安が大きくなるのと比例して、美しさを増している真央ちゃんですが、両方手に入れるのはやはり難しいのか?…というのは冗談ですが、未だに身長が伸びている影響がないとしたら、もうあとはメンタルの問題だけですね…って、私が言わなくてもみんなわかってますよね。
SPもFPも素敵なプログラムだなと思います。
SPの「月の光」は彼女の人間っぽくないない魅力、私には月光のもとので踊る少女ではなく、月光そのものを演じているように見えます。
単調なだけに盛り上げるのは彼女自身、そこが一番難しいところなのかな。でもこういうのを完成させることができるシングルスケーターは、そういないはずなので頑張ってほしいです。
仮面舞踏会は、もう少し華やかさダイナミックさがほしい感じがしますが、これは他の方も口を揃えて言ってますが、タラソワプログラムの難度が高いから振付に追われているのでしょうね。練習はともかく、完成はまだ先のよう。
ジャンプ以外のスパイラルやスピンは、体勢が決まる迄の時間がすごく短くなって、良くなりましたよね、筋トレの成果でしょうか。
彼女の抱える問題を、私があれこれ考えてもしょうがないのですが、彼女が自分で選んだ道です。この出来はショックですごく動揺してると思いますが、インタビューでも自分で納得してる顔、この辺も去年よりきっちり成長してるように見えます。
キスクラを見てると、タラソワさんがど~んと構えていて、「タラソワおばちゃんがついてるから大丈夫!」って言ってるような感じもします。
常に優勝を期待される彼女の立場、弱さをよくわかっていて、それでいてたぶん…迎合しない、甘やかさない(←ここが大事)、真央ちゃんはいいコーチについたなと思ってます。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示