FC2ブログ

フィンランディアトロフィー2019 ショーマの行方とコストルナヤの美

2019年10月18日
CS Finlandia Trophy Espoo 2019
11.10.2019 - 13.10.2019 Metro Areena
リザルト

●男子SP
ショーマ
コンペで見るのを楽しみにしていたSPです。ショーで見ていたSPもすてきですが、コンペの気合いのSPはそれ以上にかっこ良かったです。
4Fこらえ、4T+2T、3Aステップアウト、ステップレベル2、エレメンツのミスが重なり、ショーマとしてはイマイチな得点とはなりましたが、プログラムは見所満載です。
冒頭から激しく、トップスピードなスケーティング、クリムキンイーグルも最高にはまるプログラム。クリムキンイーグルから鷲がゆっくり羽ばたく両腕の振付が好きです。スケートのイーグルから本物のイーグル(鷲)って、ネタにしたい(笑)バタフライから入るスピンもぴったり。
そしてプログラムのドラムビートがショーマの鼓動を聞いているような、熱いです。

草太君
フリルのシャツも着こなせる大人になりました。
4S+2T、4T、3A、クワド2本入れてノーミス来ました!すばらしい。
そしてスケーティングや振付ですよね。これまで生真面目でちょっと固さのある動きがどうかな?振付をタイプの違う人にしたらいいんじゃないかなと私は思ってましたが、ここにきてカメレンゴ振付、いやー大正解。ソフトに優雅、これまでにないタメも大人っぽさを感じます。
PB大幅更新92.81でSPトップ。

●男子フリー
ショーマ
ウィルソン振付、ジャパンオープンで生で見て、瑞々しい美しさに心を打たれたプログラム。ショーマの新しい魅力が開花したと思います。
不完全な3S、4F、3A、3Lo、4T転倒、後半2A+3T、3A+1Eu<<+1F。コンディションやミスもあったり、これから構成は変わっていきそうですが、後半のジャンプ2本でいいのかな?転倒の4Tは後半に入るのかな?
SPに引き続き、ジャンプはあまり良くないですが、流れがとても美しい、ショーマ独特の音楽とらえ方というか親和力がとてもすてきなプログラムです。ちょっと内省的なボーカルも今季のショーマにはまるような気もします。
表現の細かなところや、心のうちを饒舌に話すことはない彼ですが、演技を見る度、心の奥深さやすさまじい熱量を感じます。

話それますが、今季はコーチ無しの決断となりました。当初大丈夫なのか?と思いましたが、彼らしいといえばそうなんだなと思えてきます。
(いずれという意味で)ショーマは強豪選手のいるところがいいみたいなことを言ってましたが…それってもう限られてますよね。つまり、エテリかクリケットかラファか浜田組かミーシンか?くらいで。
コーチとの相性は、これまでだとランビかな、スイスも居心地良さそうで…。ただ、エレメンツの精度を上げることを考えるとどうか?
まあでも、今季を過ごすうちいろいろ変わってくる予感。
今季はもしかしたら結果はついてこないかもしれないですが、今はそれ以上に必要な時間をショーマは過ごしているのでしょう。
プログラムはSP、フリー雰囲気が違う、すてきな組み合わせ、今季も楽しみです。

草太君
膨らんだ袖が似合う大人になりました(笑)SPからまた大人になるカメレンゴ振付「In This Shirt」
3つの4回転は全てミス、ジャンプは散々でしたが、攻めたのは…攻める演技ができたことが、まず今大会の収穫ですね。まだまだなと思うことも、今は大事な経験です。
そしてミスがあっても気持ちが切れず、演じきったと思います。
そして総合2位で表彰台に、この味を覚えておかなくては!

●女子SP
コストルナヤ
77点という得点を先に見て、3A飛んだのかと思いましたが、2Aなんですね。
2A大きい!ジャンプふわっと、そして着氷がきれいで印象がとてもいい。
美しいですねえ!バレエのようなポージングが決まるなあ。音楽との同調性というか、緩急にスケーティングがぴたっとはまる。音楽のとらえ方がまたすばらしい。
うは〜すごいなあ。

リーザ
インパクトのあるボーカルがリーザの貫禄に合っていて、スケーティングがパワーアップした感じ。
3Aオッケー、欲を言えば構えもう少し短いといいけれど…どうしても慎重に構えてしまうしまうので見てる方が緊張してしまう。コンボは3Fe+3Tだったけれど、これから滑り込めばいいと思う。この時期ではかなりコンディションいいのでは?
仰向けバックスパイラル(?)すごくかっこいい。

ゆは菜さん
シニアで全然違和感ないない。「黒い十人の女」小悪魔的雰囲気が合うね。
「黒い十人の女」あらすじ…在京テレビ局VTVのプロデューサーの風松吉は、美しい妻・双葉がいながら、多くの女と浮気していた。妻と愛人たちはお互いの存在を知っており、奇妙な友情が芽生えてゆく。あるとき愛人の一人で舞台女優の市子は双葉を訪ね、双葉と愛人たちで松吉を殺す計画を話し合う。
うひゃひゃ〜
ジャンプが迫力あっていい。緊張してたようですが思い切った演技ができてよかった。
前半は火曜サスペンス劇場って感じ、後半のフラメンコのところが激しくてすごくいいですねえ。

●女子フリー
リーザ
「キャラバン」〜「素敵なあなた」って、日本的にはダイスケ&真央ってラインナップ。
3A+2T、3A、リーザに3Feってこれまでもあったっけ?
セカンド3Tが入ってくるとぐっと得点も上がりそう。滑り込みはこれからな気も。
以前からリーザのつなぎは独特でいいけれど、スピードが出るとつなぎがちょっと薄くなってしまう。スピードとつなぎの濃さを両立するとPCSも上がるような気がする。…トップで争うって大変やね(汗)

コストルナヤ
3A+2T大きい、3A<、後半に3F+3T、3F+1Eu+3S。あっさりやってのける感じ。
ジャンプもすばらしいけれど、スピン、ステップ、スケーティング、可憐で印象的なつなぎ、トータルバランスでいいんですよね。
後半はパワフルな少女っぽく、がらっと雰囲気変わるのもいい。
…勝てる気しない〜。

ゆは菜さん
最初の2Aはいずれ3Aってことだよね。
ノーミスです!シニアデビューがんばりました!
スローな曲調での柔らかな動き、スケーティングや所作がとてもきれいなってきましたが、スケーティングはもっとがんばらないといけないかな。
あとはゆは菜さんらしい、スケールの大きいオペラ座をどう作っていくかですね。
それにしてもよくがんばりました。

コストルナヤ完全優勝。3A次第と思ってましたが、3Aをこれくらいの安定感で決めれば、常に優勝争い。そしてトルソワ、シュルバコワに勝る「美」ですねえ。
先輩選手どうするねん!(汗)

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示