FC2ブログ

風に揺れる秋明菊

2019年10月21日


淡路の野島の崎の浜風に妹が結びし紐ひも吹きかへす
柿本人麻呂 万葉集

淡路島の野島の岬で浜風に吹かれていると、妻が結んでくれた衣の紐がひるがえる。
当時「結ぶ」という行為には、魂を現世に結ぶという呪術、おまじないのような意味が込められていたという。今よりずっと危険を伴うであろう当時の旅、無事を願って衣の紐を結んだ妻と、妻への思いがあふれていますね。

日が陰り、風にたわむ秋明菊。
被災地の誰かを気にかけるたくさんの人のように見えました。

台風の被災地にボランティアにと思っていましたが、夏に患った病は完治しないまま、土ぼこりが舞い、感染症のリスクが高い場所へはいけないことに気づいたのでした。
別な手助けができないか考えようと思います。

台風19号に係る福島県災害ボランティアセンター
市町村災害ボランティア情報

関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 蓮の実 | HOME | むかご »