FC2ブログ

GPS2019 スケアメ女子 シェルバコワ逆転優勝

2019年10月23日
リザルト

●女子SP
解説は風邪声の荒川さん。
ベロニク・マレーはもう25歳か。

カレン
ブランクから復活。
コンボが3+2に。
すてきなスケーターだなといつも思うのですが、プログラムがなんとなく既視感というか、パターンがアレかコレか…似ているような気がして、もっとイメージ変わるようなインパクト欲しいような。

まこちゃん
むむむ、いつもニコニコでも心中は(涙)
3Lzステップアウト、1A、3Lo+(ターン)2T。
演技後インタビューが何も言えない…言えないよね(涙)でも選手である以上はインタビューもちゃんと応えないとね。

シェルバコワ
全く隙なしに見えたのですが、3Lz*3Loで乱れ、動揺したのでしょうかステップで転倒。あーやっちまったぜな表情。
66点、キスクラのシェルバコワの小柄っぷりというか、エテリが大きく見える、あらゆる意味で!

リーザ
メイクも衣装もすごくかっこいいな。
3A美、3T+3Tステップアウト、3Lz<、いつも完璧なルッツでミスとは…らしくないミスが続いてしまいました。
大人っぽいプログラムにハマりますねえ。つなぎもかっこよくてこれからも楽しみ。

ウンス
冒頭の3Lzが単独に、後半の3Fにセカンド2T。
動きやスケーティングはいい感じでしたが。

わかば様
決まるとこんなに気持ちいい〜〜〜
ジャンプが高く全くブレがないです。彼女の魅力、パワーのあるスケーティングも良かった。女優系スケーターが多い中新鮮。
気持ちもこもって熱くなりました。シーズン初めにこんないいSPってあったっけ?ってくらい、久々〜。

テネル嬢
着る人選ぶ赤いドレス、似合います。
3Lz+3T、2Aはイーグルサンド、3F。エレメンツ、つなぎ、スケーティング、全てクリアで明確、すばらしいです。ネットで見ていたときは感じなかったけれど、ポジションがとても複雑でモダンな振付、それをゴージャスにスケール大きく表現してます。ちょっとエミューちゃんと(コストナー)に似てきた、そっち系のスケーターなんだね。

かおちゃん
しょっぱなから爆走プログラム。
3F+3T、2A、3Lo、全て高さと流れのあるジャンプ。キレとスピードがすばらしい。
コンボには苦労していたらしい、全くそんな気がしないです。身の翻し方が上手くなりました。メリハリのある演技はあっこちゃんの指導もうけたとか。
メイクはOK、衣装は明るくていいけれど、個人的には微妙、もっとなんかあるって。テネル嬢との差は着こなしかも?(違います)

コンスタンチノワ
ハーレクインロマンスの表紙に出てきそう、ロマンチックなブルーグレイのドレスは美人しか着られないねえ。
コンボで転倒、3Fでも転倒、これは厳しい。美しだけに切ない。

シェルバコワとリーザにミスがあり、ちょっと出遅れもフリーでいくらでも巻き返せる位置に。
テネル嬢の出来は想定内、彼女はできると思ってましたよ。

●女子フリー
まこちゃん
うーん、あまりいいところがない演技となってしました。両足の甲の痛みがあるらしい。
エレメンツも残念ですが、本来の魅力、幸福感にみちたのびのびスケーティングが見られず、動きも重かったように見えました。
なんとかいい方向に向かってほしい。

コンスタンチノワ
前半まずま、後半にスイッチ入ったように絶不調(汗)
プログラムはいいと思うけれど、曲調の変化を表現しきれてないような。

ウンス
とてもいい感じに見えましたが、ちょっとのミスでも表彰台が遠くなる〜。決して悪くはないのです。
ロマンチック&ゴージャスにに進めたいところが、ちと焦りがあるのか、余裕がないかも。

リーザ
3A+2T、3A、後半の3連もOK。3Aが高くて失敗する気がしない。後半の3Lo<はあったけれど、ジャンプは安定、会場を煽り盛り上げる余裕も。エンターテイメントとしても楽しめました。
138点、もうちょいいくかと思いました。

シェルバコワ
ちょっと痩せすぎってくらい細い、でも肉食系いや…猛獣系美少女です。
4Lz+3T、4Lzをあっさり、これだけでTES33.9点っていう(汗)
後半。ドレスのお色直しをする余裕(笑)
エレメンツが正確でミスの気配もない。表現としてはやや物足りないところを正直感じますが、後半に向けてさらにのってきて、ニッコニコ〜で〜す!スケーティングが大きく、さらに伸びやかに。
プロトコル見ると回転不足取られてもTES92点!160点、いやーすごいです。強い、こりゃかなわん。

わかば様
2A美、3Lzで転倒してコンボならず、鬼門の3SはOK、3Loは2Lo<<、1A、ラスト2つのジャンプに3F!+2T+2Lo、3Lz+2T、コンボにできたのは立派。
ミスがあってもがんばった!…けれども、悔しいだろうなあ。
フラメンコの雰囲気は出ていたと思うけれど、個人的な好みですが、ポエタはいまだにランビの印象が強くて、トップを目指す選手が選択するのはどうかなと思うんだよね…ごめんね。ミスが多いのでしょうがないですが、PCSがテネルやかおちゃんに大差をつけられているのも気がかり。

かおちゃん
マトリックス、振付も衣装も映画の雰囲気が出ていてすてきです。女子でこのスピードのかおちゃんだからこそというプログラムじゃないでしょうか。
冒頭の2Aは大きくてかっこよかったですが、3F+3Tは2F+3T、3Lze、2S、この前半のミスが大きかった。体はとてもよく動いていたと思いますが、コンボに苦労してらしい。
後半もスピードがあってよかった、スピードの中に柔軟性のある振付が入っていていいですよねえ。ジャッジ前通過のコレオ最高。

演技後のインタビューで、4回転ジャンパーのロシア女子がシニアに上がってきてどうですか?みたいなことを聞かれ、「(シェルバコワが)ノーミスなら勝てないことはわかっていたので」と答えていて、まあ現実的にそうなのかもしれないけれど、選手の口から聞くと複雑です。かおちゃんがすっかり諦めているとは思わないけれど、捉え方によっては諦めともとれる…そんなメンタルが勝ち気なアスリートのモチベーションにも影響してるような気もしてきます。
スケーティングはすばらしいし、毎年エレメンツの精度を増し、スケーターとしてのかおちゃんは、これからが魅力、見せ所だと思うのですが。
かおちゃんのインタビューは彼女だけのものではなく、多くの女子選手が多かれ少なかれ感じていることだと思います。
これじゃ誰も勝てない…これまでもそういう選手がたくさん現れました。けれどそこに勝つ選手が必ず現れてもきました。そこに至る過程は作戦かもしれないし、ひたすら自分の道を極めることかもしれない。
スケーターそれぞれの方法でがんばってほしいですね。

テネル嬢
「ニュー・シネマ・パラダイス」
後半のコンボでぐらついた以外ノーミス、できることはすべてできたんじゃないでしょうか。
SPとはがらっと雰囲気が変わって、王道のロマンチックなプログラム。キレのあるスケートのなかに、こんなにエレガントな動きができるんだなあ、すてきでした。後半の高まっていく感じもよかったです。
母国で盛り上がる演技ってやっぱうれしいよね。
フリー2位で総合2位、表彰台おめでとう。

シェルバコワ逆転優勝、なんかもうわかってる感がどうよ?(汗)
かおちゃんの言葉通り、シェルバコワがほぼノーミスなら160点超えで(今大会では誰も)勝てない…その通りの結果に。
フリーはちょっとのミスがあったとはいえ、3A2本決めたリーザで138点、そして3+3までの構成のテネルが141点で上回りました。シェルバコワと約20点の差です〜なんか、いろいろ考えさせられますね(汗)

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
女子の今後
>演技後のインタビューで

以下のコメント、
興味深く読みました。
昨日のスケカナの
女子の最終結果を見て
1位と2位の差が10点余り。
スポーツにたらればはご法度ですが
紀平さんも完璧ではない中
(勿論、トルソワもそうですが)
4回転を3つも決めた人に
ここまで肉薄できるのは
まだまだ全然いけるのではないか、と。

羽生様を引き合いに出すのは
申し訳ないですが
彼の加点盛り盛りのジャンプを見ると
いろいろと女子も対策はできるのでは、と。
岡崎真さんが「4回転は状況次第で」
と仰っていて私も全く同感だなあ、
と思いました。
やっぱり女子には男子にない美しさがあるし
そういうところをもっと
評価するような項目があれば
いいのになあ、とも思いました。

女子に限って言うと
4回転を連発する演技を見ても
今のところまだ感動はしない。
なんか、違うスポーツを見ているような
そんな感覚を覚えます。
勿論、すごいとは思いますが。

まとまりのない文章ですみませんm(__)m
>sasha さん
コメントありがとうございます。

たぶん、sasha さんが書いて頂いた以上によくわかるというか、共感といいますか、今の状況に、私や多くのスケートファンが感じていることが多々あるように思います。
その上で、ファンなどの周りの目と、選手本人が感じていることは、また少し違うのかもしれなくて、坂本選手のコメントにどうしたものかなと思うわけです。
(坂本選手については、昨シーズンまでである程度の達成感があってのことかもしれません。)

> いろいろと女子も対策はできるのでは、と。
> 岡崎真さんが「4回転は状況次第で」
> と仰っていて私も全く同感だなあ、

そうですよね。
これまでも勝てないと思うところが覆されてきましたし。
まだできるはずだと感じています。

しかしながら、今現在ということになると、4回転や3A跳ぶ選手とそれ以外みたいなことになりつつあり…それってどうよ?
高難度構成ではないすてきな選手がこんなにたくさんいるのに…と心配になってしまいます。

> 女子に限って言うと
> 4回転を連発する演技を見ても
> 今のところまだ感動はしない。

わかります、わかります。
なので余計あれこれ考えてしまいますよね。

管理者のみに表示