FC2ブログ

すすきの穂

2019年10月30日


めづらしき君が家なる花すすき穂に出づる秋の過ぐらく惜しも
石川広成 万葉集

懐かしいあなたの家にはすすきが穂がなびいている。秋が過ぎていくのはさみしいですね。
「めづらしき」はめったにお目にかかれない…、このシチュエーションだと、なかなか訪ねていけない…というような意味になるらしい。

すすきの穂は、光をうけてなびくのは穂がでてしばらくの頃、まもなくふわふとした綿毛になり、どこかに飛んでいってしまいます。


関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示