FC2ブログ

晩秋の額取山トレッキング〜2019秋

2019年11月07日
2019110338.jpg

11月になると(雪山の趣味はないので)登るに良さそうな山は限られてきます。
額取山は標高1000mなのでまだ大丈夫、紅葉は見頃も過ぎていますが、まだまだきれいでした。(11月3日撮影)
ルートは一般的な、郡山市の御霊櫃峠登山口から、大将旗山をへて額取山を往復するコースです。

額取山(ひたいとりやま)|ふくしま30座
大将旗山 たいしょうはたやま - 福島の山々
額取山 ひたいとりやま ( 安積山 あさかやま ) - 福島の山々

2019110336.jpg


登山口の御霊櫃峠からして標高が高いので、てっぺんからはちょこんと磐梯山、猪苗代湖も見えます。

2019110302.jpg
眼下には郡山市の郊外。

2019110303.jpg
最大の難所はわりと早くやってきます。ロープと枝をつかみながら岩登り。

2019110304.jpg
急な岩場を登りきると視界が開けてきます。

2019110306.jpg
登山口の方を振り返ります。この日の天気予報は晴れ、駐車場には20台くらいの車がありました。

2019110305.jpg
出発の頃かかっていた雲が薄れてきました。日差しが明るくなると山々が鮮やかな色に変身!
肌寒いと感じましたが、暑くなってジャケットをしまいました。

2019110309.jpg
日差しがまぶしい。残っていた紅葉は、ホツツジやウラジロヨウラクなどのドウダンツツジの仲間。

2019110308.jpg
しばらく平坦な林。この林はいつ来ても美しい。
この登山ルートは、まあまあアップダウンの繰り返し、登りのあとは緩やかになるので、ありがたいのです。

2019110310.jpg
紅葉の見頃は過ぎても色とりどり美しい。

2019110314.jpg

2019110311.jpg
磐梯山と猪苗代湖が一望できるところまできました。

2019110312.jpg
湖岸の集落まで見えます。

2019110313.jpg
最初の目的地、大将旗山の頂上。

2019110315.jpg
ぶ厚い毛布をかぶったみたいな山々。

2019110319.jpg

2019110318.jpg
天気のいい日の尾根歩きは最高。眺めもいいし、今日は風もありません。

2019110317.jpg
大将旗山を過ぎると遠くに目的地、額取山の台形の形が見えてきました。

2019110323.jpg
モミの木

2019110326.jpg
もうすっかり色あせているのだけれど、暗い赤とグレーが渋く、美しい。

2019110327.jpg
私にとって額取山の魅力は、山ひだの陰影です。
鮮やかで濃い色の近景から、青く霞んでいく遠景のグラデーション。
午前と午後ではまったく違う、季節、天候や時間によって変わる深い陰影はいつまでも見ても飽きません。

2019110329.jpg

2019110325.jpg
頂上が近づいてきました!

2019110333.jpg
頂上につきました。前方に見えるのは郡山の中心市街地。

2019110332.jpg
北には安達太良山と吾妻山まで見えます。
額取山は、東に郡山市の市街地とあぶくま山系、西に磐梯山と猪苗代湖、南に那須の山々、パノラマで見渡せる贅沢な眺めなのです。

2019110330.jpg
西を見ると磐梯山と猪苗代湖、とても近い。この景色を眺めながら昼食です。

2019110328.jpg

2019110340.jpg
昼食の場所を探しているとヒカゲノカズラ、相変わらずトリフィドな感じ(笑)

2019110331.jpg
ふと足元の岩場を見ると花が…マツムシソウです。
マツムシソウが山野草であるのは知っていましたが、山で見るの初めてのような気がします。花の時期は8〜10月、淡い藤色の花は初夏にふさわしいような色ですよね。寒々しい晩秋の山で見るとは思ってませんでした。

2019110335.jpg
刻々と変わる日差しに、山々の陰影も変わっていく。

2019110334.jpg
昼過ぎ、日差しが変わり、二岐山と那須の山々も見えてきました。

2019110337.jpg
もう11月、強い風が吹いたら遅い紅葉も散ってしまいますね。

2019110339.jpg
関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示