FC2ブログ

GPS2019第4戦 中国大会女子 さっとんの美

2019年11月13日
RESULTS

●女子SP
アンバー
良かったですねえ!ジャンプなどエレメンツが完璧、そして乗ってましたね。
切ないボーカル曲が自分のものになっているいうか、母国語の文化圏ということもあるのかな、こういうはまり方は外国語ではなかなかできない。感情表現がこんなに豊かな選手だったんですね。

ヨンユー
3A転倒、思いっきり行くぞーって感じでコントロールがちょっとね。
コンボOK、3F転倒。うーむ、ファイナルへのプレッシャーでしょうか。動きもちょっと固い。

シェルバコワ
安定してます。自信やオーラも増してきた感じ。ただイマイチ味わいは淡白。
コンボの3lz!なんですね。
SB73点、さすが〜。

真凜ちゃん
3Lo+3T<、3F転倒。スケーティングはしっかりしていて好感。
昨年から持ち越しのSP、音楽にのって、大人っぽい演技。飽きっぽかった真凜ちゃんが、プログラムの深まりを感じさせる演技をするとは。大人になりました。
ミスはあっても61点、よしよし。

さっとん
今季海外の大会はバーケルコーチ担当。
3Lz+3<、3F<、またしても敵は回転不足。
リショー振付のプログラムはエキゾチック、個性的、さっとん、こんなディープで濃い演技ができるんですね、新鮮です。キレもばっちり、小柄さを感じさせないスケールの大きいスケーティングです。
68点、おおミスありでオッケーな点数。

リーザ
3A転倒、3F+3Tはセカンドが2Tに。難度を上げてもミスをしてはもったいない。前半のミスもあるからか、後半が慎重でオーラレベルがちょっと低い。
SPでぶっちぎっっておきたかったですが、65点。

サモデュロワ
こういうラテンに乗りはぴったり。
3F+3T<、大きなミスなくすてきでしたが、後半をもっとぐいぐい動いて、盛り上がるといいな。ちょっとゆっくり…あ、織田君が同じこと言ってる。

シェルバコワが安定の演技でSP1位。
プログラムとしては、アンバー、さっとんがすばらしかった!

●女子フリー
カイラニさんもレオンさんもいつも華やかでんね〜。

ヨンユー
3A転倒…うーん、今大会はなかなか決まらないねえ。ほか、あっちこっち回転不足を取られた模様。
もともと忙しいプロがミスをしてしまうと、より忙しい感じに。いろいろ稼ぐにはそうなるのだろうけれど、もうちょい余韻のあるところが欲しい。

サモデュロワ
ロクサーヌ、ヘアメイクが変わると印象も変わるなあ。
回転不足はあっても大きなミスなく。
ロクサーヌならもう少しお色気、情念の世界があってもいいけれど、サモデュロワのロクサーヌは意外にも生真面目だった。

リーザ
プログラムは昨年のフリーに戻したんですね。キャラバン良かったのに。
3A+2T、3A、そのあとの3Lz、3Fで乱れ。後半はのってきて、リーザらしいオラオラが、すごく良かったです。
143点、さすが!

真凜ちゃん
3Fが決まらない、ミスは少なくないフリーでした。
それでも、笑顔と穏やかな空気感で滑りきったことは立派。音楽との相性もいい。すてきでした。トータルで見ればスケートへの愛が感じられて、なんだろうなあ、すごくほっとしました。
ミス多発もまずまずの得点で総合7位。
インタビューの涙に彼女が背負ってきた様々なものが感じられました。大丈夫、ここまで来たんですから。

アンバー
前半不安定でどうなることやらでしたが、よくがんばりました。
しなやかな美しさ、彼女らしい魅力が感じられました。

さっとん
一瞬で引き込まれました、美しい〜。
後半の3つのジャンプに回転不足はありましたが、見た目大きなミスなく滑り切りました。
全てが美しく練られていて緻密です。ピアノの余韻まで表現している。どこがステップ、コレオかわからないくらい、どこも濃いです。
以前はジャンプ前に独特の緊張感がありましたが、濃いつなぎの中に馴染んでいくようにジャンプがあるので流れが途切れないように見えます。
いいプログラム、スケーティングの美しさに、ここにきて上半身、体全体の表現力が増しました。
PCSは9点台が並び72点、ダントツトップ。フリー142点3位ですが、総合2位に!
とても優雅でスケールの大きいさっとん、すばらしかった!

シェルバコワ
スケーティングが今日も軽い軽い〜。
4Lz+3T、4Lz、前半に2Aを2本、後半に3lz+3Lo、3F+1E+3S、3Lz。
見た目の大きなミスはありませんが、ルッツ計4本に!がつきました。以前から彼女のルッツはフラットで踏み切っていると言われてはいましたが…え、全部?(汗)
そんなこんなでもダントツのVBと実行力で、余裕で優勝です。ファイナル決定。わかっていたこととはいえ、強いです。
巨大すぎるキスクラのぬいぐるみ、持ち帰りできたんだろうか?

チューハイ、さっとんの美しさが脳裏から離れません。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示