FC2ブログ

GPS2019第4戦 中国大会男子 ボーヤン優勝とハンヤン帰宅

2019年11月14日
RESULTS

●男子SP
フージャン
懐かしいな、元気そう。3A美。音楽にのって、キレよく動いていたと思います。がんばったステップがレベル2なのが残念。

ハンヤン
あらゆる意味で戻ってきた!ハンヤン!
シンプルな衣装、スピードと切れ味のいいスケーティングは変わらず。3Aはもっといいのを飛べますが、高さと飛距離は健在。
わーむっちゃすてきじゃないですか!86点。

ラズキン
4LzをGOEマイナスでなんとか決めるも、後半の3Fコンボでミス。SPで痛いパターン。

刑事君
4Tコンボは3T+2Tに、うーん気負いもあったかな。楽しいプロもノリも今ひとつ。
自分にがっかりしてるのが顔に出ています。インタビューでは、やし直したい(くらい)だと、意識がありすぎてミスってことかな。

プルキネン
4T転倒、後半のジャンプをコンボに、3A美。
身のこなしが美しい。なかなかクリーンに決められないSPでした。
いいと思うんですけどねえ。

ジュンファン
ジャンプがきまりませんねえ。いったいどうしたのか?いい時は本当にすばらしいのですが…。
プログラムもかっこよくて、ジュンファンに大人の魅力がでてきたところなのに。

マッテオ
黄土色の衣装をチェンジ、おかげで4T美、3A美…これは完璧かと思ったら、コンボの3lzで転倒、コンボなしに。
スケーティングはやはりすてきじゃ。
なんとか81点。

キーガン
4T転倒、3Aは2Aに、コンボはなんとか。スケーティングはどんどん洗練されてきました。すてきなのに…。

ボーヤン
4Lz転倒痛そう。4T+2T、3A美。スケーティングもよくなり、上半身の可動域が広がってきたのかな、表現のスケールが大きくなってきました。
ミスはあっても85点でSP2位。といっても100点近い得点出せるわけなので…。

なんと復活のハンヤンが、4回転なしパーフェクト86点でトップ。
他の選手はことごとくミス、得点も低調になってしまいました。
失うものはなにもないハンヤンと、ファイナルかかるプレッシャーでミスを重ねるトップ選手たちでした。

●男子フリー
ジュンファン
背中は破けているわけではなさそう。
不調の中で、気力でもっていった感じ、今季は本当にどうしたのか?という状況だったので、よくここまでと思います。ただ、ここ数年磨き続け、トップスケーターらしいスケーティングを無視した感じもして、ジャンプ前のしずみこむ構えとか、気になりました。
コレオのイナバウアーはスピードあってかっこよかった。

ラズキン
4Lzお手つき、4T転倒、みんな高難度構成だよね〜。
ちょっと忙しいアランフェス。やることいっぱいあるから忙しいんだよね(汗)

ケリー君
シャーロックその1
4T美、ああしかしそのあとは…。
コレオは最高に楽しい。プログラムはすごくいいですよね。

刑事君
シャーロックその2
4S+2T、4Sは3Sに、3A+3T、後半の4Tはほぼ転倒、3Aは1A。4回転3本の攻めの構成、なかなかクリーンに近づけない。でも攻めた意味はあると思ってます。ファイナルはかなわないけれど、全日本に向けてがんばってほしい。
なんかすごい声援聞こえるんですが、あれは何?

プルキネン
稼ぎどころのジャンプが決まらないので、なんともね…
スケーティングはいいんですが、それ以前に勝負の土俵にあがれない(涙)

キーガン
4Lzは3lzに、4Tこらえ、豪快な3A+2T、後半4Tお手つき+2T、3A転倒。
うーん、いいところもあるし、攻めてるんですが、ミスも多い(汗)
イーグルかっこいい!ハイドロかっこいい!
キーガンのスケートは個性的でいいなやっぱり。
160点、あ、以外といい点。なんとフリー3位だった、いやいいことなんだけど(汗)

フージャン
4回転なしの構成。
コレオやステップがとてもすてき、そうそうフージャンはそういう選手だったな。

ボーヤン
顔が中村玉緒で、頭がサザエさん。
4Lz美、近年稀に見る特大のルッツ、4T+2T、3A2本もクリーン。大きなミスは1つ4Tが2Tになったけれど、いい演技でした。加点はちょい盛りだとは思うけれど、とにかくこの日一番の演技、優勝にふさわしい演技でした。
冒頭の特大4Lzを見た瞬間、来た!って誰もが感じましたよね、いやー良かった、良かった。

ハンヤン
ラ・ラ・ランド。
3A+3T美、ハンヤンの美麗3Aきました!
4回転はありませんが、すばらしい、小さなミスはありましたが、とにかくすてきです。シャープなスケーティング、飛距離がある美しい放物線のジャンプ。
そして選曲もなかなか渋い、哀愁漂うラ・ラ・ランドの世界をとてもよく表現しています。大人になりました。

マッテオ
おぼっちゃまな青年から大人の男の顔になっていく、ちょっと濃くなってハビみたいな雰囲気に。
4Tが美しく決まってほっとしました。後半の3Aでひどい転倒が残念でしたが、よくまとめたし、いい演技でした。
おおー総合3位!

ミス連発のチューハイ男子でしたが、ボーヤンがトップスケーターらしい演技で優勝。
そしてハンヤンですよね。加点のためにあらゆるものを詰め込む選手が多い中、あの切れ味のいいスケーティング、惚れ惚れしました。北京オリンピックまでがんばってくれるっぽい?
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 大銀杏 | HOME | 西会津の朝 »