FC2ブログ

GPS2019 第5戦 ロステレコム杯男子、ロシア表彰台独占とショーマの笑顔。

2019年11月19日
RESULTS

●男子SP
イグナトフ
ジュニア時代のイグナトフをよく覚えてない、もう19歳か。
4S+3T美、4T美、3Aステップアウト。1番滑走でTES50点超えって(汗)
癖なのい美しいジャンプ、すばらしいですねえ。3Aステップアウトでもここまで出るのか87点!

ルトヴィンツエフ
本日のBlues for Klool 1本目。
4S転倒、4T転倒でコンボならず、1Aノーカン。うーん、故障明けらしいが。

友野君
この衣装結構好きなんですよ。
4T転倒、4S+3T<、3A美。4Tは残念でしたが、そのあとはすばらしかったですね。今シーズン1番のSPです。
あまりない個性的なサウンド、モダンダンスの振付、難しいけれど、いいプログラムだなと思います。
帯同してくれているミーシャが物静かで穏やかな表情、修行僧かカトリックの神父様のよう。

ナム君
Blues for Klool 本日の2本目。
4S+3T、3A美、3F。ノーミス!ナム君安定してますねえ。
もう少しこなれた感じ
スケーティングに伸びがあるとブルースっぽいのですが、かっこ良かったです。

クヴィテラシビリ
そりゃミスはしたわな、ベストじゃあないわな…
演技前にいたエテリが演技後にはいなくなっている…キビシイ(汗)

ミハル
4S決まるかがカギですが転倒。
滑りや身のこなしは大人、こなれていてかっこいい。ミハルもブルースにすればいいのに(冗談です)

デニス
3F+3T美、3A、3Lzステップアウト、師匠譲りのスピンがすばらしい。
ルッツで減点があっても、かすかな傷、全体としてはとてもいい演技。師匠もうれしそう。
PB87点!

サマリン
Blues for Klool 本日の3本目。GPSの男子SP、12人中3人がブルースって(汗)
4Lz+3Tでっかいの来た!GOEプラスで、このコンボだけで20.79点!
4F転倒でも5.5点残ってる、3A両足っぽくなっても7.77点残ってる。最近はスピンやステップも取りこぼしない。
92点!そうか、あんなに派手に転倒してもそんなにでるのか〜。SP1位。

ショーマ(with ランビエール)
4F傾いていて転倒、4T+2T、スピンで珍しく取りこぼし、3A美。
ミスはあっても、突っ込んでいく感じのジャンプにコントロールが戻ってきたように感じました。
クリムキンイーグルのあとの、鷲の羽ばたきのような振付が好きなんですが、ここがしっかり入って良かった。
演技後のほっとした表情、笑顔のランビ、キスクラの明るさ、良かった良かった。
SP4位、スピンの取りこぼしがなかったらねえ。

アリエフ
4Lzのコンボと思ったら3Lz+3T、4T、3A。(たぶん)調子が悪い4Lzをやめる…そんな決断ができて、クリーンでパフォーマンスとしても高い演技をする、そいうことがアリエフにできるようになったのだなあと感慨深い。SP2位。

ショーマ、アリエフ、サマリンが最高難度でクリーンなら100点越えですが、アリエフは安全策、ショーマとサマリンはミスという展開に、ノーミスのイグナトフ3位。
イグナトフ君はつなぎもまだ薄くPCSは抑えめ。
TESはともかく、ショーマのPCSがサマリンやアリエフとたいして変わらないのは疑問。大技のインパクトにPCSも引っ張られる感じとはいえね。

●男子フリー
リトヴィンツェフ
王子なビジュアル、SP、フリーどっちかは、王子なプログラムにしてほしいとちょっと思いましたが、ハレルヤ。衣装は羽がついて王子な雰囲気。
4T+3T、4T…3連続でちょっとマイナスはついたけれど、そこだけ。この高難度構成をここまでできるとはびっくり(すまん)
やりきった笑顔にわかりますねえ。もちろんPB更新!

ミハル
ビートルズメドレー。
衣装がオバちゃんとは言わない…おじちゃん。
そんなに悪いわけではないけれど、後半ちょっとまとまらないというか、忙しい感じがしました。今のミハルならもう少し流れを美しくできると思うのですが。編曲のせいもあるかな。

友野君
4T+2T、4Sは2S、3A+3T。
ミスはあっても精一杯できたんじゃないでしょうか。荒っぽいところも情熱的な雰囲気ということで。
友野君らしいロクサーヌということで。

ショーマ
スケーティングにおける音楽表現がここまでの選手と別次元。
4S転倒、4Tのはずがスルー…ひえ〜なんで〜
3A美、3Lo、4T、3S+3T、3A+1E+3F<美、ジャンプが一個余ってる、どうする、どうする…なんとコレオのあとに4T…転倒〜(汗)ひゃ〜
やれやれ、エンディング、なんだその笑顔は(笑)
4Fは調子が悪かったので外したのだろう、4Tスルーはタイミングを逃して最後に最後に入れたのだろう…と織田君。
リンクサイドではランビコーチが、ワンモアジャンプ!と叫ぶ。
キスクラは明るいのう(笑)
あとで聞いたところによると。最後は3Tにしとけば総合3位だったらしい。それを言うなら、SPのスピンの取りこぼしがなければ…と思ってしまう。
演技後のインタビュー、4S転倒で足の位置がずれて、次の4Tが跳べそうにないのでスルー…笑いながらどうしとうかと…考えているうちに最後の方になってた、最後の最後に4T入れた。やってはいけないことかもしれないけれど、落ち着いていた。

ナム君
ビートルズメドレー…本日の2本目。GPS男子フリー11人中2人がビートルズメドレーということにもなる(笑)
4S+3T美、4Sは2S、スケカナのようにはいかなかったけれど、ノリはいいし、明るくて元気いっぱいの演技でした。
ナム君これからも期待。

デニス
ランビ乗りうつりプロ、スケーティングのエレガントさは魅力です。
3A転倒、4Tは3T+2Tに変更、3A+2T、3Lz+1E+3S美。いい演技なんですが、この構成だとTESには限界が。それでもPB更新、おめでとう!

ここからSPトップ3のロシア勢。誰が勝っても初優勝。本命が定まらないロシア男子の中で、誰がタイトル掴むか、ほとんど心理戦でしたね。

アリエフ
4LZは3Lzに変更?4Tは3Tに変更?…ちょっとまずい流れではと思いました。
4T+3T美、4T美、後半に3A、3Lzからの3連続…3Lzはジャンプ重複でノーカン、3Fにしとけばねえ。それでもPB169点!心理戦に耐えて耐えて、よくがんばった。

イグナトフ
4S美、4T美、3A、4回転がが高く美しい。3連続でちょっとミス。
つなぎはまだまだ薄いけれど。ノンプレッシャーな立場とはいえ、よくここまで。
サマリンとアリエフがミスと守りに入る中、TESトップで総合3位に。

サマリン
背中の憑き物が助けてくれるのか?サマリンが悪魔に魂売って無敵にクワドジャンパーになる妄想ストーリー(個人の妄想です)
4Lz+3T特大…GOEプラスで20.96点、これだけで。4Fは3Fに変更?4Tは3Tに、3Aこらえ、3A+2T。
4Lzのコンボのインパクトがとにかくすごい。あとは耐えて耐えて、つかんだタイトル。
優勝おめでとう!

心理戦とあらゆる圧を制したのはサマリンでした。
シーズン前、高難度構成でもミスが多いからとふんでいた私ですが、お見それいたしました。
この結果、サマリンとたいアリエフがファイナル決定、ロシア男子も来てますね。
それにしても、PCSはよくわからないです。スケーティングと音楽性あふれるショーマのPCSとが…サマリン、アリエフのPCSとたいして変わらないとは…。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示