FC2ブログ

青空に柿の実

2019年11月19日


草枕旅の宿りに誰夫か国忘れたる家待たまくに
柿本人麻呂 万葉集

旅の宿、誰の夫であろうか。故郷に帰るのも忘れて臥せっているのか、家では妻が帰りを待っているだろうに。
旅先に亡くなった人を悼んで詠んだ歌。

柿本人麻呂は家に柿の木があったことから、柿本人麻呂と名乗っていたらしい。初めて知りました(汗)

青空に柿の実は、日本の原風景ですね。
柿は縄文時代から食べられていたらしい。
今では干し柿を作る人も少なくなりました。それでも枝の下の方は収穫していることもありますが、無理して上の枝までとらない。
なので、青空に柿の実がずっと生っているのでした。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示